記事

「デスブログ」といういじめ

あるタレントのブログを「デスブログ」と呼ぶ人たちがいる。「このデスブログに書かれた人物や企業などはかなりの確率で不幸に見舞われるため、「デスノートのブログ版」としてこの名が定着している」(ニコニコ大百科による説明)のだそうだ。今問題になっているボーイング787旅客機についてもこのブログで言及があったという情報が出ていたが、それだけでなく、少なくとも過去数年にわたって、数多くの例で、何かよくないことが起きるとこの「デスブログ」が検索され、「ほうらやっぱり書いてあったやっぱりデスブログだ」と囃し立てる事例が、少なくともネット上では相次いでいる。

この件、前々から気になっていた。これは「いじめ」ではないのだろうか。

誰のブログであれ、特定のブログが「デスブログ」であるという科学的根拠はない。そのブログに何か書かれたことによってその対象に悪いことが起きる、という事実はない。一般の人々がすべて科学的根拠に基づいて発言すべきだとは思わないが、少なくともそうした「デスブログ」騒ぎが、客観的には事実ではないという点について、議論の余地はないものと思う。「いやある」と思う人は、小学校から教育を受け直すとよい。

根拠はないことはわかっているがネタとして面白いから取り上げている、というのがふつうだろう。からかっている、ぐらいの気持ちなのかもしれないし、直接このタレントに向かって言っているわけではないからいいということなのかもしれない。このタレントについて私はほとんど何も知らないが、そういうからかいを受け入れるキャラクターなのかもしれない。

とはいえ、皆がよってたかって「デスブログだ」と囃し立てるさまは、見ていてどうにも気分がよくない。この図式を、たとえば学校のクラスの中で、特定の生徒のノートを「デスノートだ」と騒ぎ立てている図と見立てたら、これはいじめとしか映らないだろう。あるいはネットの中でも、たとえばツイッターで多くのフォロワーを持つ子役タレントに対して、同じようなことをツイッター上でたくさんの人たちが発言していたら、やはりネット上のいじめだと受け取るのが常識的なのではないか。

大人のタレントに対しては何を言ってもいい、という発想なのだろうか。有名人だから何を言われても我慢すべきだと?根拠のある批判ならそれもある程度はいえるかもしれないが、これはそういう話ではない。当然だが、このタレントは、別に旅客機に悪さをしたわけでもパンダの赤ちゃんを殺したわけでもない。にもかかわらず、こんなことを言うのは、クラスメートに「お前汚いからあっちいけ」と言うのと同じレベルの、言いがかり以外の何物でもない。このまとめは、今見た時点では50万以上のアクセスがあり、141人がお気に入りにし、381人がリツイートし、304人が「いいね!」をしている。もちろんこの他にも、この手のものは山ほどある。これが「皆でよってたかって」でないとしたら何だというのか。

本人は気にしないと言っているのかもしれない(実際どうなのかは知らない)が、本人が気にしていないからいじめてもいいというのは、いじめ事件でしばしば見られる、いじめた側の言い訳とそっくりだ。このタレントが有名人であるという点をふまえれば、こうしたいじめが放置されているから、いじめが許される行為と思う子どもが出てくるのだ、ぐらいのことは言ってもいいのではないかと思う。

いじめについては、いろいろな人が「許されない」と発言し、いじめる人たちに対する厳しい批判も多くみられる。にもかかわらず、「デスブログ」については平気で囃し立てるさまは、私にはどうにも不可解だ。仮に百歩譲って、当該タレントに何か批判されるべき理由があるとしても、「だからといっていじめていい理由などない」というのがいじめに関する一般的な考え方ではないのか。

「そこまでおおげさに言わなくてもいいじゃん」といった声が聞こえてきそうな気がする。確かに私が考えすぎなのかもしれない。しかし、いわれもない批判(直接本人に言ってないからいいというなら、「陰口」と言い換えよう)を寄ってたかってしながら平気でいられる人が、したり顔で「いじめは許さない」とか言っても、説得力はない。少なくとも私にとっては。その上であえて断言するが、もし私の考えが少数派なのだとしたら、いじめ問題の「解決」などまず不可能だろう。「デスブログ」を見て人々が笑う構造こそが、いじめの温床そのものだからだ。


※追記
一晩たったらそれなりに反響があったようだ。この問題に関心を持つ人がたくさんいたことはいいことだと思う。この文章に賛同する意見を書かれた方の方が多いが、それはこの文章が反論しにくい書き方をしていることを前提とすれば、さほど不思議ではない。ともあれ、同様の意見は昨日以前にはあまり見かけなかったので、「あれはおかしいんじゃないか」という声を上げづらい状況があったのだな、ということは実感する。それはまさに、いじめを指摘しづらい私たちの日常生活の状況そのままだ。

一方、反論や批判の声も見た。「芸能人は別」「自分がきっかけを作った」「あっちも商売に使っている」「あれはいじめじゃない」等々。いじめ問題でもこの種の意見は必ず出てくるので、まあ予想の範囲ではある。ある意味勇気のある人だと思うが、そもそも私はこういう考えの人たちを批判ないし糾弾したいのではない。いじめに関する私の意見は前に書いた。いじめを「どこかにいる悪い奴」がやる「絶対に許せない行為」とみるのではなく、私たちの誰もが日常生活の中で思わずやってしまったりすることととらえるべき、という意見だ。

報道で見聞きして誰もが憤るひどいいじめも、最初はささいな、笑ってすませられるようなことから始まったのだろう。それがエスカレートしていくと、犯罪としか呼べないようなおぞましい行為となる。重要なのは、それらの間に自明な「一線」などない、ということだ。その自覚なしに、いじめ問題が解決することはない。

いじめを「根絶」すべき絶対悪ととらえると、それらは「自分たちの身近にはあってはならないもの」とされる。結果として、現実には存在するいじめが隠され、否定され、忘れられることになる。そうではなく、私たちが何の気なしにやっていることもいじめとなりうることを意識し続けることしかない。このタレントのケースも、それが日常的な行為なのか許せないいじめなのかは人によって意見がちがうだろうが、1つの線上にあるということは意識しておくべきだろうと思う。その意味で、この問題についてさまざまな意見が出てきたことは、それ自体、私にとってうれしいことだ。


※2013/1/21追記
はからずもヤフーのトップ画面に取り上げられた関係で、当初予想していたよりも多くの反応があったのでさらに追記。当初は賛成意見が圧倒的だった印象だが、アクセスが増えるにつれて反対意見が多くなっていったのは、ソーシャルメディアらしい特徴かもしれない。

ちなみにヤフーはごていねいにも「「デスブログ」と騒ぐのは問題だと思う?」なる意識調査もやっていて(というかまだ継続中らしい)、さっき見たらこんな結果だった。
(実施期間:2013年1月19日~2013年1月29日)
合計:25,538票
問題だ33%8261 票
問題ではない53%13441 票
どちらともいえない16%3836 票

私が感じていたのは、デスブログ騒ぎを見ていて気持ち悪いから嫌だという声を上げにくい状況がある、ということだった。実際、全体を通してみると、ネット上では私の文章、ないし私自身に対して否定的な書き込みが圧倒的のようだから、上記のアンケート結果とは少し乖離があるという印象だ。つまり、私の文章は、そうした少数派の声を表に引き出すという点である程度の役割を果たせたのだろう。

異議の声を上げにくい状況というのは、多くの人がよってたかって件のブログを囃し立て笑うさまと同様、いじめに共通してみられる現象だ。そうした行為をしている人たちの多くにその自覚がない点も、それを指摘されると激昂する点も同様。それが多数派を占めたわけで、本文で書いたとおり、いじめ問題の「解決」は今後もできないだろう。自分が関わったケースについては、多くの人はいじめの存在に「気づかない」「そうではないと思った」という反応(これが数々のいじめ事件で多く見られた関係者の反応であることもご存知の通り)になるだろうことが予想できるからだ。

私が書いたのは、
・AはBであると私は思う
・私はBは嫌いだ
・よって私はAが嫌いだ
というシンプルな三段論法であるわけだが、これに対する反応をざっくり整理するとこんなところだろうか。

(1)いやAはBではないでしょ
(2)Aなんてただのおふざけなのにまじめに受け取る方がおかしい
(3)Aは金儲けでやってるんだからいいんだ
(4)なんでもBと言いたがるのは言葉狩りだ
(5)お前だってBをやってるじゃないか
(6)お前の言うことは面白くない
(7)お前もこんな文章書いて金儲けてるんだろ
(8)お前は頭が悪い
(9)お前の属している組織は質が低い
(10)お前の外見が醜い
(11)お前が何を言いたいのかわからない

このうち(1)に関しては、意見の相違ということになろう。実際、上記の意識調査でも意見は割れているわけで、こうしたご意見の方には、そうでない意見もあるのだということを認識いただけるといいと思う。

(2)(3)は、いじめの有無は受け手の感じ方によって判定されるという点と関係があるだろう。実際、同じことに対していじめと感じる人もいればそうは思わない人もいる。本人がいじめと感じていないなら、本人が金儲けのために自ら望んでそれをやってるのだからそれでいいじゃないか、という意見だ。実際、件のブログのご本人がこれまで本件について嫌がっているという話を聞いたことはないわけだが、だからといって何をしてもいいという話ではない。いじめが受け手の受け取り方で定義されているのは、いじめた側の「そんなつもりはなかった」という言い訳を許さないためであって、いじめた側に「嫌がってなかった」という言い訳をさせるためではない。こういうことが放置されると社会の中でのいじめを助長するのではないかという意見は本文にも書いた。だったらテレビのバラエティ番組での芸人いじりもそうじゃないかというご意見もあったと思うが、実際、子ども同士がテレビでよく見る芸人いじりをまねしているさまは、外見上いじめとほぼ変わらないのでその点はむしろ同感だ。

ただ、だからといって、そうしたものの存在自体を認めるべきではない、と言っているわけではない。ポイントはここだ。私がいいたいのは、いじめが日常生活の中で半ば不可避に存在してしまうこと、意識せずについやってしまうことだという点だ。(4)の意見は、いじめを「どこかの誰か悪い奴がやる絶対に許せない行為」とみているから出てくるもので、それは私の意見とは正反対だ。もちろんいじめを肯定するとかいう話ではなく、自分もついやってしまうということを意識し、行き過ぎになっていないか常に気をつけていようという話だ。その意味では、ややおおげさにいえば「自らの内なる闇を直視せよ」が趣旨ということになる。したがって(5)は「ええその可能性はありますね」ということになろう。声を上げることのデメリットよりメリットの方が大きいと思ったからあえてそうしただけの話だ。(5)の可能性を認めたからといって、本文の趣旨が揺らぐわけではない。

(6)に関してはああそうですかという以外にない。面白いとか面白くないとかで論じる問題ではないので気にする必要を感じない。むしろなぜこういう意見が出てくるかの方が興味深い。関心を持たれなければ私がダメージを受けるだろうとでも思うのだろうか。

(7)はいわゆる嫌儲的なご意見かと思うが、「だから何か?」と答えよう(正直たいした額ではないが)。学校の教科書も、著者らは対価を受け取っている。学術論文も広い意味ではそうだ。テレビも新聞も、感動的な小説や映画も。だから何か?

(8)~(10)に関しては、まさに「自らの内なる闇」をさらけ出した事例だ。議論をするつもりなら作法の習得が必要なので学校に行くなり行き直すなりするとよい(別にバカにしているのではない。何歳になっても学ぶことは恥ずかしいことではない)。そのつもりでないなら、大きなお世話だが「そういうの恥ずかしいからやめたら?」とだけ書いておく。(11)の方も、日本語を勉強されることをお勧めする。

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。