記事

『MEDIA MAKERS』を読んで考えたこと

画像を見るMEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 (宣伝会議)
posted with amazlet at 13.01.18
宣伝会議 (2012-12-19)
売り上げランキング: 106
Amazon.co.jp で詳細を見る



 『R25』など数々のメディアの仕掛け人で現在はNHN Japanの執行役員である田端信太郎氏の単著。書籍が1680円のところkindle版だと900円だったので、こちらを購入してみた。
 ここで触れている「メディア」とは、出版やネットにおけるコンテンツ・ビジネスといった分野についても書かれているがそれだけに留まらない。「伝達」という手段、という意味において、例えばTシャツに書かれたメッセージは、それを作った人と着る人、そして観る人が揃うと立派にメディアとして機能しうる。
 そのような前提のもと、影響力を最大化していくのが田端氏のいうところの「メディア野郎」ということになるだろう。メディアという観察者なしには世界は立ち上がらないし成長しないというくだりに、彼の矜持が見え隠れしていて、いち書き手として共感する。
 
 「個人がメディア化する」というとピンとこないひとが多いかもしれないから、これを「ブランド化する」と言い換えてもいいだろう。テキストや写真・動画などのコンテンツを発信していくことはもちろんのこと、情報をピックアップすることで、自分が好きなものや考え方を発信する。それを公開の場で行うことにより、第三者の注目を集めてキャラ化されることにより、ブログやtwitterやFacebookのタイムラインが、あたかもその人が編集した雑誌やテレビ番組のように機能していく。コンテンツのクオリティーが高く、それが多くのひとに支持されるようになると、ブランドとなって支持されるという循環構造になるわけだ。
 本書でも有料メルマガなどの個人型メディアについて一章を設けて解説しているが、現状のマネタイズの手法に関係なく、何らかの影響を社会に与えようとするならば個人のメディア化=ブランド化は避けて通ることは出来ないだろう。

 また、新聞・雑誌などのオールドメディアが退潮に向かっているのは、書き手や編集者の「キャラ化」が充分でないのが一因であるということもやんわりと指摘されている。逆にいえば、出版を含めたメディアビジネスに関わっているひとで、個人としての色を打ち出せないと退場を余儀なくされるということにも繋がるように思える。
 ブロガーやライター、あるいは編集者やディレクター・プロデューサーとしても、「そのひとが関わっているから読む」というファンを増やしていくことが、関わるメディアにも相乗効果を与えていくというのが望ましい形。そのためには、常に質の高い記事やデザインを提供し続けなければいけないことはいうまでもない。

 一方で、田端氏は再三に渡って「受け手こそが王様」と強調する。ユーザー・読者へ、いかに有益な情報を提供できるのかという姿勢は、どんな立場になったとしても忘れてちゃだめだよね、と私も思う。また、これはメディア関係者だけでなくビジネス全般に通底する鉄則だし、それを失っているからオールドメディアは衰退傾向なんだろうなぁ、という感想をもった。
 
 他にも、実際に広告収入型のメディアの収益計算の方法や、テクノロジーに対するメディアへの影響といったトピックにも言及されており、出版やサイト運営といった生業をする人の教科書的な位置づけが出来そう。あとは田端氏のエッセンスをどのように読む側が咀嚼して生かしていくかが問われているのではないかしら。

 そんなこんなで、Parsleyも2013年はもっと自分をメディア化する戦略を真剣に考えなければいけないという気持ちを新たにした次第です。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  8. 8

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

  10. 10

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。