記事

男性の結婚難が続く中国 結婚式動画で結婚詐欺が発覚する例も

中国で結婚詐欺グループが暗躍


 中国内モンゴル自治区の西部に位置するバヤンノール市在住の35歳の男性が今年3月、自分と結婚して2カ月しか経っていない新妻と他の男との結婚式の模様を動画サイトで発見、「そんなはずはない」と思いつつ警察に相談したところ、男性は結婚詐欺に引っかかっていたことが分かった。警察の調べでは、新妻は結婚詐欺グループの1人で、他のもう一人の妻役の女と結婚願望の強い男を騙しており、2人で19人の男性から計200万元(約3400万円)を騙し取っていたという。

 中国では男女の人口比率がアンバランスで、20~40歳までの男性の数は女性よりも1750万人多く、男性の結婚難が続いており、結婚詐欺グループに騙される男性が後を絶たない状態だ。中国国営通信社の中国新聞社が報じた。

 この男性、李嘉政氏(仮名)は日ごろ両親から「早く孫の顔が見たい」などと言われており、結婚紹介所で知り合った仲人役の女性から「いい女性がいる」などとして、この女を紹介された。

 女は内陸部の甘粛省出身で、李氏と数回会った後、「最近、離婚したばかりだ」と告げたが、李氏は「そんなことは構わない」などと答えて、結婚することになった。李氏は今年1月に故郷のバヤンノール市で結婚式を挙げたが、女は「甘粛省に住んでいる母親が病気になったので、様子を見てくる」などと言って、帰省費用や見舞金などとして10万元(約170万円)を受け取った。その後、女は電話で、「母の病状が思ったよりも悪い」などとして、一向に李氏の元に戻る気配はなかった。

 そのような折も折、李氏はたまたま見ていた動画サイトで、甘粛省の実家で母親の看病をしているはずの新妻と、見ず知らずの男の結婚式の動画を見つけたという。

 李氏は狸に化かされたような気分だったが、その動画に映っていた結婚式場にまで足を運び、式場の係員から新郎の名前を聞き出し、会って話しをしてみると、彼女が李氏の新妻と同一人物であることが分かった。このため、2人は警察に通報。その後の警察の捜査で、新妻は結婚詐欺グループの一味だったことが判明。李氏に新妻役の女を紹介した仲人役の中年女も一味の1人だった。

 中国では昨年5月にも、結婚詐欺グループの女が広東省広州市に住む男性から約50万元(850万円)を騙し取り、結婚式を挙げたあと行方をくらませた事件が起きている。このケースでは、女の氏名、年齢、戸籍、身分証、財産、経歴などすべてがウソで、結婚式に参加した新婦側の家族や親類、友人ら50人もすべて金で雇われた人間だったという手の込んだ結婚詐欺だったという。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  4. 4

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  7. 7

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。