記事

「風に恵まれない男」28歳・山縣亮太が"フワフワ飛んで"日本新を出すまでに舐めた辛酸

1/3

6月6日、陸上男子100mの山縣亮太(セイコー)が9秒95の日本新記録を出した。慶應義塾大時代はダントツのエース候補だったが、桐生祥秀ら年下の3人が9秒台を出す中、20代は度重なるケガもあり結果が出せずに苦しんだ。スポーツライターの酒井政人さんは「出場するレースは向かい風や弱い追い風ばかりで『風に恵まれない選手』と言われていましたが、五輪直前の今レースで地道な努力を実らせました」という――。

男子100メートル決勝で9秒95の日本新記録をマークして優勝し、笑顔で記者会見する山県亮太(セイコー)=2021年6搈6日、鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場[代表撮影]男子100メートル決勝で9秒95の日本新記録をマークして優勝し、笑顔で記者会見する山県亮太(セイコー)=2021年6月6日、鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場[代表撮影] - 写真=時事通信フォト

「9秒95で日本新」山縣亮太が20代に苦しみぬいた厚い壁

2021年6月6日、鳥取県で開かれた陸上の布勢スプリントの男子100mで山縣亮太(セイコー)が9秒95(+2.0※)の日本新記録を樹立した。(※:+は追い風、-は向かい風、単位はm/秒)。

これまでオリンピックに2度出場して、ともに準決勝に進出。慶応義塾大卒のイケメンには華やかなイメージがあるかもしれない。しかし、これまで抱えてきた葛藤と泥臭い努力の積み重ねを知れば、今回の快走がどれだけ“価値”があるのか理解できるだろう。

2013年4月29日の織田幹雄記念国際大会、男子100m予選で当時・洛南高3年生だった桐生祥秀が10秒01(+0.9)という衝撃的なタイムを刻んだ。日本人が未到達だった「9秒台」という夢がグンと近づき、日本陸上界は色めき立った。

17歳の桐生に強烈なライバル心を燃やしていたのが、当時・慶大3年生の山縣だ。織田記念の決勝は桐生が追い風参考の10秒03(+2.7)で山縣が10秒04。世代トップを走ってきた山縣は3学年下の選手に先着されて、「先に9秒台を出したい」と口にしている。

そこから8年に及ぶ“9秒台をめぐる長い旅路”が始まった。

年下のライバルが次々に9秒台を出す中、プライドはズタズタに

広島の進学校で知られる修道高に進学した山縣は、3年時(2010年)の国体少年A100mを無風のなか10秒34(±0)で優勝。それは『月刊陸上競技』の表紙を飾るほどのパフォーマンスだった。筆者はそのとき山縣を初めて取材して記事を書いている。

男子100メートル決勝で9秒95の日本新記録をマークして優勝し、笑顔で記者会見する山県亮太(セイコー)=2021年6搈6日、鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場[代表撮影]
男子100メートル決勝で9秒95の日本新記録をマークして優勝し、笑顔で記者会見する山県亮太(セイコー)=2021年6月6日、鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場[代表撮影](写真=時事通信フォト)

思えば、山縣がその後何度も味わわされる「風に嫌われるレース」の始まりが、このレースだったのかもしれない。ほんのもう少しだけ追い風が吹いていれば、このレースで当時の高校記録(10秒24)を塗り替えていた可能性があったからだ。

大学はスポーツ推薦ではなく、「落ちるかもしれない」という不安と戦いながら慶大のAO入試に挑戦。見事突破して、総合政策学部に入学した。他の名門大学と異なり、当時の慶大競争部には短距離専属の指導者はいなかったが、「どんな環境でも、伸びるかどうかはその人次第だと思っています」と山縣は考えていた。

大学1年時(2011年)の10月に100mで10秒23(+1.8)の日本ジュニア記録を樹立。同2年時(2012年)は4月の織田記念で10秒08(+2.0)をマークすると、ロンドン五輪で躍動する。予選6組で自己記録を更新する10秒07(+1.3)の2着で通過。準決勝3組は10秒10(+1.7)で6着に終わるも、初の大舞台で実力を発揮した。

桐生が2013年に10秒01を出すまでは、山縣が次世代を担うダントツのエース候補だったのだ。逆に言えば、甘いルックスでおまけに日本一足が速い慶應ボーイはわが世の春の主役の座を後輩に奪われてしまったのだ。

大学3年時の2013年は織田記念の決勝で桐生に0.01秒差で敗れたが、6月の日本選手権では10秒11(+0.7)で初優勝を飾った。しかし、そこからは“苦難”が続くことになる。

まずは故障だ。2013年9月に腰を痛めると、長年悩まされ続けてきた。左右のバランスが崩れたフォームで走っていた時期もある。2015年の日本選手権は腰痛が悪化したため、準決勝を棄権。北京世界選手権の代表をつかむことができなかった。

2017年は右足首を痛めて、4月29日の織田記念、5月21日のゴールデングランプリ川崎、6月4日の布勢スプリントを欠場。ぶっつけ本番になった日本選手権で6位に終わり、ロンドン世界選手権代表を逃がしている。

2019年6月の日本選手権直前に肺気胸を発症して、11月には右足首靱帯を負傷。2020年も右膝蓋腱炎で10月の日本選手権を欠場した。上記以外にもハムストリングスを肉離れするなど、9秒台を目指すなかで故障に苦しめられ続けてきた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  5. 5

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  6. 6

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  7. 7

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  8. 8

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  9. 9

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  10. 10

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。