記事

実生活におけるロスカットの大切さ。

投資で生計を立てている友人に、以前投資で何を一番気をつけてるのか教えてもらいました。(もちろん人によってスタイルがあるでしょうし、違うことをより重視するかも知れませんが)

それは、


ロスカット(損切り)


です。


どうやったら儲かるか、どれだけ儲けられるか、よりも、

どれだけ損失を最小限に抑えられるかのほうが遥かに大事だそうです。




例えば100万円あったとして、3年間投資でお金を増やそうとした場合、

地道にコツコツ毎年+5%の利回りで増やす場合

1年目 +5%

2年目 +5%

3年目 +5%

結果 = 116万円



1年目と3年目にとても儲かったけど、2年目だけ大損してしまった場合

1年目 +50%

2年目  -50%

3年目  +50%

結果 = 113万円



この2つの場合、結局前者の損をしなかった方が総額が増えます。

直感的には、どでかく2回ヒットをあてた後者のほうが儲かりそうな気がしませんか?

現実の生活でも、こういったことはたくさんありそうです。

一番分かりやすいのが時間でしょう。

惰性で継続している習慣(喫煙、飲酒、暴飲暴食など)

付き合いでなんとなく行ってしまう飲み会や二次会。

切りたいけど切れない人間関係。

・・・

正直あまり自分にとって意味を見出していないものたち。

だけどこういったことで失われている時間は合計すれば膨大なものです。

時間だけでなく、追加の出費だったり、過大なストレスだったりをさらに抱えることもあるでしょう。



厄介なのは、こういうものたちにも、何らかのメリットがあるように思えたりするからです。

人間関係とかは、いつか将来役に立つはずだから、と思って嫌々ながら継続してしまったりします。

これは株で言えば、今は値下がりして含み損を抱えているけど、いつかきっと値上がりするはず!と持ち続けるようなもの。

そうするうちに、どんどん損失が増えて、結局儲かっている他の部分にまで悪影響を及ぼすことになるかも知れません。

自分にとって意味が見いだせないのであれば、勇気を持って損失は切る。そして、限られた自分の資源を、自分にとって有意義なものに振り分けていく。

これは投資も人生も変わらないのだと思います。

あわせて読みたい

「マネー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  6. 6

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  7. 7

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  8. 8

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  9. 9

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  10. 10

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。