記事

まともな運用会社の、焼け太り

自由競争経済のいいところは、企業も個人も好きに事業を展開できることだ。

むろん、違法や道徳倫理にもとる事業はご法度だが、それ以外は原則自由である。

これは儲けのチャンスと見れば、あらゆる工夫を凝らして、ビジネス拡大を狙っていい。

いま金融業界を見渡すと、カネ膨れの上昇相場があらゆるマーケットで続いている。

それに乗じて、いろいろな投資案件が業界からビジネス提案されている。

どれもこれも、案件を提案する方は自由。 それに対し、投資家の方が自己責任で判断すべしということになっている。

投資家の方が自分で判断しなさいと言われても、そう簡単ではない。

なにしろ、株価でもなんでもカネあまりを受けて上昇傾向が続いている。

それをテーマとした投資案件には、おのずと耳を傾けたくなる。 儲かりそうといった誘惑には勝てない。

ビジネスを提案する方も、ここが稼ぎ時だと気合が入る。 投資家の方も、儲け時だと期待が膨らむ。

かくして、金融マーケットはますます賑やかになる。 それが、バブルとなっていくわけだ。

そういった流れに対し、投資家が誘惑にブレーキをかけられるかとなると、難しいものがある。

よほど長期視野と大局感に立った冷静な判断ができないと、断固たる行動はとれない。

ということは、大半の投資家はバブルに乗ったまま最後まで行ってしまう?

そういうことだ。 いつのバブルもはじけて、痛い目にあってから、人は反省する。

反省するといっても、もう遅い。 多くの人は資産を大きく減らした後だ。

投資はもうこりごりだといって、マーケットを去っていく。 業者も事業の縮小を迫られる。

そんな中、一部の人は学ぶ。 どうしてあそこまでバブルに踊ってしまったのか。

どうして、ブレーキをかけられなかったか。 果たして皆がみな、バブルに踊り狂ったのかと。

そこで、はじめて運用会社の中でも長期的な視野と独自の投資判断で、バブルを軽微な痛手で乗り切ったところが注目を浴びる。

そして、そこへ資金を預けようとする流れが、ビックリするほど大きくなる。

まともな運用会社にとっては、焼け太りといった感じで資金流入を謳歌することになる。

焼け太りというと表現が悪いが、ホンモノの長期運用会社が大きく見直されるということだ。

いつのバブルに対しても、つける薬はない。 痛い目に合わなければ、ホンモノの投資に気づかない。

われわれ本格派の長期投資家からすると、このカネあまりバブル高には警告を発し続けよう。

同時に、バブル崩壊後の投資家の拠り所になるべく、その準備を怠れまい。

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  5. 5

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  8. 8

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  9. 9

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  10. 10

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。