記事
  • ロイター
  • 2021年06月11日 10:51 (配信日時 06月11日 10:48)

東芝株の下げ深まらず、海外勢への影響は限定的との見方


[東京 11日 ロイター] - 11日の東芝株はマイナス圏での推移が続いているが、午前10時23分時点で前日比70円安の4650円と下げ幅は限定的となっている。

昨年7月の東芝株主総会を巡る外部の弁護士による調査で、同社が経済産業省と一体となって社外取締役の選任を提案していた筆頭株主などに不当な影響を与えたと認定したことが伝わり上値が重いものの、下げも深まっていない。

ESG(環境・社会・ガバナンス)を重視する動きが世界的に広がる中で海外投資家への影響が懸念されるが、これまでのところ影響は限定的との見方が出ている。

ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは、日本企業のガバナンスへの評価にはネガティブだが、外国人投資家の動向にはさほど影響しないとみる。「足元で外国人投資家は日本に魅力を感じておらず、不幸中の幸いといえる。日本への興味を取り戻す際の重しになるかどうかは、今後の事実関係の解明次第」と話している。

東海東京調査センターの仙石誠シニアエクイティマーケットアナリストは「前例がないため、今後の展開は読みにくい。これを契機に日本企業のさらなるガバナンス強化の議論につながれはポジティブ」と指摘している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  8. 8

    G7:バイデン大統領が主導、一帯一路に対抗する「B3W」で合意

    My Big Apple NY

    06月14日 08:14

  9. 9

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。