記事

横綱白鵬、復活へ勝負の3週間。決意と照ノ富士への思い - 杉本和隆

1/2

7月の名古屋場所で、膝の手術からの復活を期す横綱・白鵬関。彼の横に長年寄り添いながら、今回の手術も担当したのが、膝の人工関節手術の第一人者で整形外科医の杉本和隆さんです。本連載では主治医だからこそ語れる横綱・白鵬とのエピソードを語っていただきます。

まさに自身の進退をかけて臨む名古屋場所。そして、綱取りのかかる大関照ノ富士への思いとは。主治医にしか見せない、横綱の意気込みと本音をご紹介します。

*   *   *

四股を再開

前回の記事で、横綱の膝の軟骨が再生し、リハビリを本格化させたことをお話ししました。実際、再生した軟骨も安定してきたので、リハビリの強度を徐々に上げ、ついに約ひと月前の5月中旬から土俵で四股を踏み始めました。

(写真:iStock.com/c11yg)

とはいえ、ここに至るまでは大変な道のりでした。リハビリの過程で、スクワットの沈み込む深さを深くしていくのですが、深いスクワットをすると、横綱も気づかぬうちに、変な癖がついていることがわかりました。(手術した)右膝をかばうような形。無意識に右膝になるべく負担をかけないような癖がついているのです。

無意識に右膝をかばう癖ができていた

横綱は悪いなら悪いなりにうまく対処するのも一流ですが、本当の復活を目指すのであれば、それを修正しないといけません。その癖のせいで、身体の軸がズレてしまっていました。とはいえそのズレもミリ単位の話。実際には横綱の身体の軸を、3次元動作解析装置「VICON」調べたところ、3ミリのズレがありました。たった3ミリと思われるかもしれませんが、力士はあの大きな身体を足腰で支えています。ほんの少しの軸のズレが命取りになるのです。

通常、癖になってしまった姿勢やポジションを修正することは並大抵のことではありません。しかし、横綱の凄いところは、たった1週間でそれを修正してしまった。これには、今まで多くの力士を診てきた私でも舌を巻きました。

復活に向け今後3週間が本当の勝負

と、ここまでは順調に復活への階段を登っているように見える横綱ですが、実は一番の勝負はこれからの3週間になります。私が主治医として、一番心配しているのが、やはり3月に手術をした右膝の状態です。

(写真:iStock.com/Anut21ng

横綱が四股を踏み始めて、3週間が経とうとしています。さらに、最近はぶつかり稽古も解禁しました。力士が四股踏む時の圧力はものすごいものがあります。一軒家の2階のベランダから飛び降りるのと同等の圧力です。

それを力士は1日100回も四股を踏みます。非常に過酷ですが、それが横綱にとっての生命線。しかし、それほどの負荷がかかれば自然と膝にも負担がかかります。実は軟骨が再生してから一時引いていた膝の水が、四股を踏み始めてから少しだけ溜まるようになってしまいました。

四股は横綱の生命線

しかし、これだけ全力で取り組んでいたら、仕方のない部分もあります。先ほど、四股は横綱にとっての生命線と書きましたが、四股を踏まずに相撲を取るということは、野球のピッチャーがブルペンで投げずに試合だけ投げろというようなもの。横綱は四股を踏むという行為に、足の裏が土を噛む感覚をつかむことや、力の入れ方やその技術を集中させ、自身の取る相撲に結びつけているのです。

私自身、その大切さを痛いほどわかっているので、やめろとは言えません。もし横綱に四股をやめろと言うとしたら、それは、相撲をやめろというのと同義なのです。なので、これからの3週間は本当に復活に向けた最大のヤマ場だと思っています。

白鵬は焦っていた

ひとつ、横綱にとって追い風になることがありました。6月に両国の国技館で予定されていた、合同稽古が中止になったのです。合同稽古は他の部屋の力士と稽古場で相撲を取れる唯一の機会で、野球でいうオープン戦のような意味合いがあります。

皆さんご存じの通り、横綱は既に何場所も休場が続いています。だから、何としてでも稽古に出て、他の部屋の力士と相撲をとって、自分のいまの状態を確かめたいという気持ちがありました。しかし、正直、いまのペースでは絶対に間に合わない。横綱自身も相当焦っていたと思います。

あわせて読みたい

「白鵬」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  3. 3

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  7. 7

    「五輪は延期か中止を」立憲民主党東京都支部連合会長妻昭会長

    安倍宏行

    06月25日 12:31

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    宮内庁長官の“陛下が五輪懸念と拝察”発言 記者から「発信していいのか」と確認も

    BLOGOS しらべる部

    06月25日 14:08

  10. 10

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。