記事

熊田曜子、DV事件夜の一部始終 「トイレに行きたい」と懇願し逃げた

DV事件の夜、何があったのか?(AFP=時事)

 タレント・熊田曜子(39才)が家族とともに暮らす都内のマンションで、壮絶な事件が起きたのは5月18日未明のことだった。夫・Aさんが熊田の顔を平手で殴ったり、体を蹴ったりなどの暴行をしたとして、熊田は110番通報。逮捕されたAさんは書類送検後、5月20日に釈放された。熊田は騒動後、3人の娘を連れて家を出ており、いまは別居状態が続いている。

【写真7枚】夫・Aさんが熊田に送った「しね」「つぶす」などのLINEの画面。「全治1週間程度」等の記載がある熊田の診断書。他、ウエディングドレス姿の熊田とAさんのツーショットなども

「熊田さんは被害届を取り下げるつもりはないようです。双方が弁護士を立て、お互いに争う姿勢を取っています」(芸能関係者)

 その件について、熊田は自らのSNSでも沈黙を続けていたが、5月31日になって所属事務所を通じて「離婚」する意向を明らかにした。その文書にはこう綴られている。

《夫からの暴力行為は今回が初めてではなく、夫が帰宅する時間が近づくと恐怖を感じるようになってしまっており、そのような状態でこれ以上婚姻生活を継続することは難しいと判断し、所属事務所や弁護士さんと協議を重ねた上で夫と離婚することを決意し弁護士さんに離婚手続きを委任することとなりました》

 一部では、なぜか暴力を振るったAさん側を擁護する報道があった。Aさんが熊田の不倫を疑い、自宅内の様子を録音していたこと。そして、熊田と友人と思われる人物が電話した際に、隠し事が公になることを恐れるような音声が録音されていたことなどが報じられた。

 Aさんの代理人弁護士によると、「熊田氏が不貞に関する話し合いを一切拒絶する態度を示したため、A氏が声を荒げたことは事実。暴行に関しては、布団を払いのける際に手が当たってしまった事実こそあるものの、熊田氏が主張するような、殴る、蹴るの暴行を行った事実はございません」という。

 要するに、妻が浮気をしたのが悪い、暴力は振るっていない、という主張だ。

「熊田さん側は、浮気について完全否定しています。証拠もありませんし、完全に“夫の邪推”でしかない」とは別の芸能関係者だ。もし仮に不倫を疑ったとして、妻を殴っていい理由には一切ならない。

『女性セブン』が熊田の親族周辺から入手した音声データには、夫による凄惨なDVの様子が生々しく記録されていた。

「Aさんが曜子の浮気を疑っていたのは事実のようで、数週間前から夫婦関係がギクシャクしていたそうです。その日(5月17日)の夜は3人の子供たちと一緒にご飯を食べていましたが、Aさんは曜子の手料理には手をつけず、コンビニで買ってきたお総菜を食べていたと聞きました。その後、夜9時頃にAさんが外出し、酔った様子で帰宅したのは深夜0時過ぎだったそうです」(熊田の親族関係者)

 熊田は普段は子供3人と同じ寝室のベッドで寝ているが、その夜はAさんとしっかり話し合おうと、Aさんのベッドで待っていたという。ところが、Aさんにベッドから追い出されてしまったため、子供たちを起こさないよう、寝室ではなく別の部屋に布団を敷いて寝ようとした。そこにAさんが入ってきて、熊田を脅すような口調で責め始めたという。音声データは、そこから始まっていた。

熊田「“ひっぱたく”とか、“ぶん殴りたい”って言うのやめて」

Aさん「なんで? 本心だからしょうがないじゃん」

熊田「そうやって言われると怖くて話せないから」

Aさん「うん。で?」

熊田「胸が苦しくなって、ドキドキして話せないから……」

 おびえるような声で懇願する熊田。「わかった」と答えたAさんだが、その後も熊田の浮気を疑ってかかり、激しく熊田を罵り続けた。酔っているからか、所々ろれつが回らず、意味不明な部分も多い。

熊田「先週の半ばぐらいまで、普通にご飯とか食べて、普通だったのに、なんで急にまた……」

Aさん「おれ、動き見てたんだよ、全部の」

熊田「動きって?」

Aさん「いやいや、別にその……素直っつーか、正直に言うかなと思って。全部わかってたけど、いまの状況っていうか、いろいろ言ってること全部わかってたけど全部泳がせてて、ちゃんと誰々が、みんな正直に言うかなと思ってたけど、一切言わねぇし。なんかしらばっくれてるし、お茶濁して適当に過ごせば終わるかなぐらいの感覚でいるのが見えてたから。コイツらはどうしようもねぇなと思って」

熊田「コイツらって誰のこと?」

Aさん「あんたらだよ。お前らだよ。お前ぶっ殺すぞ、ほんと、マジで! なんで軽々しく仕事してんだよ。ふざけんなよ!」

 そして音声データは修羅場へと続く。

「お前ぶっ殺すぞ、ほんと、マジで!」

 Aさんが声を荒らげたかと思うと、ドーン、ドーンと壁を蹴るような、けたたましい衝撃音が響きわたる。

「殺すぞ、お前、マジ」という脅し文句が続き、再び、何かを蹴るような大きな音がする。

「ちょっと、子供が起きるから……」

 涙声の熊田はすがるように止めようとするが、Aさんは聞く耳を持たない。

「ふざけんなよ!」

 Aさんの怒声とともに、バチーンという顔を叩く激しい音がする。

熊田「痛い! 痛い!」

Aさん「ざけんなって。何だよ、おれに!」

熊田「痛い……痛い……」

 顔を殴られる暴行の後、倒れている熊田を、Aさんは何度も蹴りつけたという。

「曜子はすぐに病院へ行き、左目の眼球打撲と結膜下出血と診断されました」(前出・熊田の親族関係者)

 このような音声を前に、Aさんの“手が当たってしまっただけで暴行の事実はない”という主張はさすがに無理があるだろう。

 熊田から詳細を聞いた彼女の知人は、事件当日に起きたことを次のように語った。

「熊田さんは“このままではボコボコにされてしまう”と身の危険を感じ、泣きながら“トイレに行きたい”と懇願し、玄関横にあるトイレに行くふりをして、靴も履かずに携帯電話だけを握りしめ、玄関を走り出た。その後、警察に通報し、近所に住むお兄さんにも連絡したそうです」

 しばらくして警察が到着すると、自宅マンション周辺は騒然とした空気に包まれた。近隣住民が語る。

「警察官がマンションに踏み込んだとき、Aさんはかなり暴れたようです。大声が響きわたっていました。最初は4人でしたが、すぐに応援を呼び、最後は警察官6人ほどで取り押さえる形になった。マンション前には警察車両が4台ほど止まっていましたね」

 18日午前0時40分頃、そうしてAさんは逮捕された。

「寝室にいた長女は怖くて布団の中で震えていて、三女は騒ぎで目を覚ましたのか、泣きじゃくっていたそうです。熊田さんは子供たちが心配なので、お兄さんに家にいてくれるよう頼み、彼女は事情聴取のためにパトカーで警察署に向かったと言っていました」(前出・熊田の知人)

 熊田が今回、Aさんとのやりとりを録音することに決めたのは、以前にも夫から暴力を受けた経験があったからだ。

「その際も地元の警察署に相談したそうです。そのとき、警察から“DVをする男性は後で必ずやっていないと嘘をつくから、危ないと思ったら録音をしてください”と助言されたので、曜子は今回、録音に踏み切ったそうです。

 録音がなければ、“手が当たっただけ、殴るつもりはなかった”と夫はシラを切り通せたかもしれません。しかし、“殺すぞ”と言いながら暴力を振るう音声が残っていることで、曜子は自分と子供たちを守ることができそうです」(熊田の親族関係者)

 その家庭にどのような事情があろうとも、暴行を正当化する理由は一切ない。今回の事件では、Aさんを擁護する報道もあるが、DV事件の被害者に「非がある」ように報道するのは、被害者と子供を“セカンドレイプ”する行為であり、さらに、ほかにも数多くいるDVの被害者に声を上げづらくさせる大きな原因になっている。熊田の一件は、被害女性が「私も」と勇気の声を上げる、きっかけになるかもしれない。

※女性セブン2021年6月24日号

料理に「バツ 印」をした写真をかつて熊田曜子は上げていた(Instagramより)

あわせて読みたい

「熊田曜子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  8. 8

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  9. 9

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

  10. 10

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。