記事
  • WEDGE Infinity
  • 2021年06月13日 14:45 (配信日時 06月10日 06:00)

なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

1/2

 新型コロナウイルス感染拡大の抑止で、アジア最優等だった台湾が5月末現在、ワクチン接種率ではベトナムに次ぎビリから2番目の劣等生に転落した。相対的に人口が少ないため大国に買い負けたしたこと、ファイザー・ビオンテック製は、大中華圏の総代理店が中国企業で、台湾側が政治的な配慮から購入を手控えたことも原因のようだ。

(Nikita Burdenkov/gettyimages)

 台湾では5月11日ごろから新型コロナの感染が急拡大。国内感染の患者数は10日の99人から、30日には6794人に激増。死者も10日の12人から30日は109人に増えた。30日現在の死者数が計1万2980人の日本に比べかなり少ないが、短期間で急増したため、患者が集中する台北や新北など首都圏は市民がパニックに陥っている。また、病床不足で医療体制も逼迫している。

 台湾市民が頼みの綱とするワクチンは、対人口の接種率がわずか1.31%。アジア首位のシンガポールの58.24%はもちろん、経済協力開発機構(OECD)加盟国最下位の日本の7.49%をさらに大幅に下回る。ワクチンそのものも、5月末現在、約2300万人の国民の必要数を確保できていない。

 台湾誌・新新聞によると、林奏延・前衛生福利部長(厚労相に相当)は「国際的なワクチン調達はビジネスであり、購入量が多いほど早く買える。金を積むだけでは足りず、知恵を絞る必要がある」と述べた。

 林氏によると、人口約570万人のシンガポールは20年、米ファイザーと独ビオンテックが、新型コロナのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの開発を進めると宣言した際、情報収集の上、ソブリン・ウエルス・ファンド(SWF)を通じて素早く出資した。両社が開発に成功した後、シンガポールは株主として優先的にワクチンを確保できたという。 

 台湾が金はあるのにワクチンを買えなかったのは、開発情報の入手に遅れたことと、素早く対応できる態勢が政府になかったためだ。

 緊張が続く中国との関係も、ワクチン確保に影響している。ネットメディアの上報によると、ファイザー・ビオンテック製ワクチンの台湾を含む大中華圏の総代理店は、中国製薬大手の上海復星医薬だ。同社は密かに、民進党の蔡英文政権に批判的な、柯文哲・台北市長や野党国民党系の地方首長を回り、ワクチンを独自購入するよう働きかけた。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  6. 6

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  7. 7

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  8. 8

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  9. 9

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  10. 10

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。