記事

ジムの我流トレーニングは時間とお金が勿体ない


■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

週1回ペースでパーソナルトレーニングに通っています。

ジムに行って、自分でトレーニングするよりも単価は高くなりますが、真面目に効率よく体を鍛えるのであれば、絶対にパーソナルというのが私の意見です。

筋トレは正しい方法でやらなければ、せっかく時間をかけて回数を重ねても効果が出ません。ジムのマシントレーニングをしている人の多くは、我流でやって自己満足に終わってしまいます。

かくいう私も、20代から30代にかけては、週末に数時間スポーツクラブで毎週トレーニングと水泳をしていました。しかし、我流でやっていたせいか、ほとんど効果がありませんでした。

パーソナルトレーニングなら、フォームをチェックしてもらいながら、最も効果的で怪我をしにくい方法をマンツーマンで教えてもらえます。結局は、時間の節約にもなり、安上がりで、安心です。

また、ギリギリの重さと回数まで自分を追い込んで、さらに効果を高めることができます。しかし、ダンベルの負荷が上がり回数が増えると、サポートがないと危険です。

パーソナルトレーニングの問題は高コストなことです。

もし、毎週行くほど経済的に余裕がないなら、月に2回、あるいは月に1回にして、自宅で自習トレーニングを並行してやれば良いと思います。

私も、スタジオに通うのと並行して、毎日ストレッチと自主トレーニングを自宅で欠かさずやっています。その方法も、パーソナルトレーナーにチェックしてもらい、アドバイスをもらうようにしています。

毎週のトレーニングの後は良質なタンパク質と、炭水化物を摂取するように言われ、今週はホルモン焼肉定食を食べました(写真)。

食生活だけではなく、アミノ酸サプリやプロテインのアドバイスも取り入れて、さらにトレーニングの効果を高めていこうと思います。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年6月9日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「運動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  3. 3

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  4. 4

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  5. 5

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  8. 8

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。