記事

「辛くなったら人間に成り下がればいい」芸能活動休業の深田恭子 三池崇史監督が贈っていた言葉の意味とは? - 近藤 正高

 先月26日、女優の深田恭子が適応障害のため、芸能活動を当面のあいだ休業すると発表された。1996年にホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、芸能界入りしてからというもの、ずっと第一線で活躍を続けてきただけに、今回の発表は世間を驚かせた。

【写真】この記事の写真を見る(7枚)


深田恭子 ©️時事通信社

デビューから約25年、「奇跡の3X歳」とも称される存在に

 深田といえば、1998年にドラマ『神様、もう少しだけ』でHIVウイルスに感染した高校生を演じ、俳優として脚光を浴びるのと前後して、歌手としてもあいついでCDをリリースしていたことも思い出される。たとえば、いまからちょうど20年前、2001年6月にリリースされた5thシングル「スイミング」は、デビュー前まで水泳に打ち込んでいた彼女をイメージして書かれた名曲だ。

 水泳は2歳から始め、小学4年のときには選手コースに進んだ。ちょうどそのころ、バルセロナ五輪の女子平泳ぎ200メートルで優勝した岩崎恭子に憧れ、自分でも小学校の大会で記録を残したいと思い、小学5年、6年のときには平泳ぎの校内新記録を出したという。その後、芸能界に入ると水泳から遠ざかったが、近年ではドラマやCMの仕事で泳ぐ機会も増えていた。

 7~8年前からはサーフィンを始め、Instagramや写真集などでその様子を披露している。本人いわく《私の場合、“まじめなサーフィン”なんです。先生が「この波だよ」って教えてくれて、それに乗ったりして。どちらかというと、部活動みたいな感じですね》(※1)。サーフィンで鍛えたおかげで、以前のどちらかといえばぽっちゃりとした体型から引き締まったボディへと変貌を遂げ、30代後半になった最近では「奇跡の3X歳」とも称される。かつては深田のファンは圧倒的に男性が多かったが、2016年には女性メイク誌『MAQUIA』の責任編集による写真集『This is Me』が発売されるなど、年齢を重ねるごとに女性からも人気や共感を集める存在となっている。

 俳優業では、2004年に映画『下妻物語』でロリータファッションを愛する少女を演じ、日本アカデミー賞優秀主演女優賞など数々の賞とともに演技力に定評を得る。2009年には、往年の人気テレビアニメを実写映画化した『ヤッターマン』で“ドロンボー一味”のリーダー・ドロンジョ様を演じた。大人の女性の魅力を感じさせるようになったのは、本作に出演したあたりからだろう。

 このほか、ドラマでも『富豪刑事』(2005年)での超お嬢様の刑事、最近の『ルパンの娘』(2019年・2020年)での泥棒一家の娘など、現実にはありえないキャラクターを数々演じ、いまやこの領域においてほかの追随を許さない。ただ、深田自身はそうした役が目立つことに対し、《なかなか経験できない楽しいお仕事ばっかりやらせていただいて、ありがたく感じながらも、『ルパンの娘』を撮影した次の日に東京ガスのCM撮影でラムちゃん(アニメ『うる星やつら』のキャラクター)を演じたときに、最近普通の子を演じていないなとちょっと不安に思いました(笑)》と語っているように、やや戸惑いも隠せないようだ(※2)。考えてみれば、『ルパンの娘』のヒロインも、自分が泥棒であることに疑問を抱き、普通の結婚生活を求めていた。劇中の演技には案外、彼女の本心も反映されているのかもしれない。

 2012年にはNHKの大河ドラマ『平清盛』で主人公の妻・平時子を演じるのと並行して、フジテレビ系の主演ドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』では空港の管制官というまるで違う役に挑んだ。このときのことを《すごい切り替えでしたね。またそれも、一人で切り替えてるわけじゃなく、メイクをして、髪を整えてもらったりとかの流れがあるからというか》と振り返っているように、彼女のなかには“スタッフがいてこその自分”という意識が常にあるようだ(※3)

「素の自分は結構ネガティブ」と公言

 仕事を始めた頃は、演じることの面白さがなかなかわからず、正直、芝居をやらされているようなところがあったという。しかし、経験を重ねるうちに、新しい自分を発見できるのが楽しくなってきて、やりがいを感じるようになっていった(※4)。ただ、目標を掲げてそこを目指したり、夢に向かってイメージをふくらませるといったことはあまりしないという(※5)。もともとけっして前向きなタイプではなく、「素の自分は結構ネガティブ」だと折に触れて公言してきた。その理由を深田はこう説明する。

《ネガティブな視点から物事を考えたほうが、何事も“ああよかった”と安心できるんです。未来のことはわからないですし、先に高い目標を作ってしまうと、そこに辿り着くまでの壁が余計に高くなる気がして……。私にできることは、その時自分のできる限りの全力を尽くすことだけだと思うんです。だからその日を確実に生きて、明日の自分が笑っていられたらそれでいいです。それが自分の幸せな未来につながればいいなって》(※6)

 新しい役をもらうときも、果たして自分にできるのかどうか、いつも不安になってしまうという。不安なので、ドラマや映画の撮影前は何冊も台本を持ち歩き、家でも枕元に置いて、常に読めるようにしてきた。しかし、毎回不安を感じたり、自分で満足いかないことがあっても、仕事をやめようと思ったことは一度もない。子供のころから、水泳だけでなく、ピアノなどいくつも習い事をしながら、どれも途中で投げ出すことはなかったので、そこで培われたものではないかと本人は話している(※5)

休養を経て「人間・深田恭子」としての活躍に期待

 自分の出演作品も必ず何度か見直し、話の流れの確認などをするという(※2)。適応障害の原因はストレスとされるが、ひょっとすると、どこまでも仕事に真摯であることが知らず知らずのうちに彼女の心身に負担を与えていたのかもしれない。ストレスという言葉さえ口にしないようにしていたというから、なおさらだ。昨年11月の雑誌記事では、《『仕事のストレス解消法はなんですか?』ってよく聞かれますが、お仕事の現場では、たくさんの方が自分のために動いてくださっています。それなのに『仕事=ストレスで、解消するべき悪いもの』っていう前提がすごく嫌な感じがして…。もしストレスを感じるなら、自分がちょっと疲れているだけだなって思うようにしています》と語っていたが(※7)、さすがにこれを続けていたら、どんなに忍耐強くても参ってしまうのは無理はないだろう。

 深田の努力や周囲への気遣いは、一緒に仕事をする人たちにはよく知られるところであった。それだけに、以前から心配する声もあった。たとえば、『ヤッターマン』の三池崇史監督は、彼女の写真集のなかで、「妖怪」と独特の表現を用いながらこんなメッセージを贈っていた。

《「妖怪には年齢はありません」と京極夏彦さんに教わった。彼女を見ているとそれはホントだと思う。でも、それは見えない所での努力の賜物かも知れない。妖怪は妖怪なりに、色んな事を我慢しているのではないだろうか……。辛くなったら人間に成り下がればいい。その方が、今より更に素敵になれると思う。人間・深田恭子の誕生を心待ちにしています》(※3)

「辛くなったら人間に成り下がればいい」。まさにいま、同じように思っているファンが大勢いることだろう。

 昨年のステイホーム期間中は、珍しく次の仕事にまだ入っていなかったので、台本も持たず、色々と考えたり、逆に何も考えないですごしたり、自分のことを見つめ直したりと、ゆっくりすごすことができたという。彼女にとって、そんなことは人生で初めてで、《あえて新しいことは何も始めず、無になれたことがすごくよかった》とか(※7)。今回の休養期間も、人生2度目の長期休暇として、彼女にはせいぜいゆっくりすごしてほしい。そして復活の暁には「人間・深田恭子」として新たな活躍を見せてくれることを、心から祈りたい。

※1 『週刊プレイボーイ』2020年11月2日号

※2 『with』2020年1月号

※3 深田恭子写真集『Blue Moon』(ワニブックス、2012年)

※4 『週刊文春』2010年9月30日号

※5 『婦人公論』2019年7月23日号

※6 『週刊ポスト』2019年7月19・26日号

※7 『FLASH』2020年11月17日号

(近藤 正高)

あわせて読みたい

「深田恭子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  4. 4

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  5. 5

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  6. 6

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。