記事

経済学の理論を社会に実装する「マーケットデザイン」で多くの人の希望を叶える - 「賢人論。」第140回(前編)小島武仁氏

大学は東京大学理科一類に進学し、卒業後は米国ハーバード大学でPh.D.(博士号)を取得。その後イェール大学研究員を経て、スタンフォード大学教授に就任。このたび、母校である東京大学から熱烈なオファーを受けて17年ぶりに日本に戻り、新設された東京大学マーケットデザインセンター(UTMD)のセンター長に着任した小島武仁(こじま・ふひと)氏。「若き天才」の呼び声高い第一線の経済学者だ。小島氏が専門とする「マッチング理論」「マーケットデザイン」とは、そもそもどんな学問なのか。待機児童問題など現代社会の課題における応用の可能性について話を伺った。

取材・文/盛田栄一 撮影/丸山剛史

適材適所の組み合わせを生み出す仕組みづくり「マーケットデザイン」

みんなの介護 小島さんは2020年12月、17年に及ぶアメリカ生活に別れを告げ、東京大学に新たに設置された研究機関「東京大学マーケットデザインセンター」のセンター長に就任するために帰国されました。ご専門である経済学の「マッチング理論」「マーケットデザイン」とは、どのような学問なのでしょうか。

小島 「マッチング理論」とは、“あるもの”と“あるもの”の最適な組み合わせを考える学問分野です。実は、社会・経済活動における多くの問題は、「マッチング」というキーワードで捉えることができます。

例えば、大学入試は「受験生」と「大学」、就職活動は「学生」と「企業」、結婚は「男性」と「女性」、あるいは同性同士のパートナーとのマッチングと言えます。どの場合も、単に「両者を結びつければいい」という話ではなく、「双方共に満足できるマッチングとはどういうものか」を考えることがとても重要になります。

みんなの介護 マッチングと聞くと、今流行している「マッチングアプリ」が連想されます。

小島 マッチングアプリによる出会いも、確かにマッチングの問題と言えるでしょう。

この理論はもともと数学の理論として、50〜60年前から研究されてきました。有名なのが「安定結婚問題」です。複数の男性と女性がいて、それぞれの好みを最大限尊重したカップルを成立させるにはどんな組み合わせが良いのか、という数学パズルの問題として考えられてきたのです。

議論と研究を経て、「マッチング理論」や関係する分野である「オークション理論」などの研究を“理論”にとどめるのではなく、“社会実装”のための方法として考え出されたのが「マーケットデザイン」です。より良いマッチングづくりのためのルールを設計する領域として、20年程前から各国で研究が進んでいます。

保育園の待機児童問題のミスマッチに着目

みんなの介護 現在、東京大学マーケットデザインセンターでは、その“理論の社会実装”のためにどのような研究を進めていらっしゃいますか。

小島 私が最近取り組んでいる研究テーマの一つに、保育園の待機児童問題があります。

待機児童問題が発生する理由には、保育園そのものの数が足りなかったり、保育士を一定数確保できなかったりするケースがありますが、入園希望者と保育園のミスマッチも意外に多いようです。

例えば、A、Bという2つの保育園があって、1歳のお子さんがいるX夫妻がいたとしましょう。保育園AはXさんの自宅から近く、建物も新しく、園庭も広い。保育園Bは園庭こそ広いものの、建物は古く、自宅からは遠い。

普通に考えれば、Xさんの第一希望の保育園はAになるはずです。しかしそのときXさんは、「保育園Aは人気が高く、競争相手も多そう。第一希望にしても、万が一自治体の選考に落ちた場合、どの保育園にも入れないかもしれない…」と考えます。そこでXさんご夫妻は安全策をとり、保育園Bを第一希望にしました。その結果、めでたく保育園Bに入園できました。ですが、いざ蓋を開けてみると保育園Aの人気はそれほどでもなく、「Aと書いておけばすんなりAに入れたのに…」と、Xさんご夫妻は後悔することになるでしょう。こういったケースが散見されています。

このミスマッチは、「第一希望に落ちたら著しく不利益を被る」という、自治体の保育園の入園システムそのものの不備によって生まれています。たとえ第一希望に落ちても、第二希望の保育園での選好で不利にならない仕組みにしたり、比較的簡単に転園できる仕組みを用意したりするなど、多くの保護者が満足できるシステムをあらかじめつくっておくことが重要なのです。

民間企業の人事配置の仕組みに独自のアルゴリズムを導入

みんなの介護 保育園の待機児童問題の解消に向けて、どのような要件があるのでしょうか。

小島 保育園は公的なサービスなので、公平性の面から“保育の必要性の高い人”から優先的に入園させることが求められます。しかし、その公平性を維持しながら、できるだけ多くの人の希望を同時に叶えることも可能なはず。このような考え方を、経済用語で「効率性が高い」と言います。それぞれの保育園に定員がある以上、すべての人の第一希望を叶えることは必ずしもできませんが、入園システムの制度設計を何とか工夫すれば、できる限り多くの保護者の方に納得してもらえることだってできるはずです。

私たちの研究によれば、ある自治体の保育園入園システムの一部を変更すれば、「待機児童が63%減少する」という試算もあります。

みんなの介護 小島さんがセンター長に就任した「東京大学マーケットデザインセンター」とは、そういったマッチング理論の実践を手がける機関なのでしょうか。

小島 東京大学マーケットデザインセンター(略称:UTMD)は大学の研究所ですから、マッチング理論やマーケットデザインの基礎研究を行うことが重要なミッションです。しかしそれと同時に、民間企業や自治体などとも積極的に連携して、マーケットデザインの社会実装にも力を入れています。先ほどの保育園入園システムの改革は、あるIT関連企業と共同で作業を進めています。

すでに導入されている例の一つが、ある医療機器メーカーの人事配置システムです。これは、社員の「行きたい配属先」と、配属先である各部門から見た「欲しい人物」とをマッチングさせるもの。2021年4月に新卒入社する社員の皆さんの「希望」と各部門の「希望」をデータ化し、私たちの開発したアルゴリズムで掛け合わせることで、より多くの人の希望とより多くの部署の希望を同時に叶えることができました。このアルゴリズムの有効性は事後アンケートでも実証されているので、今後は他の企業の人事システムにも応用できると考えています。

アメリカの公立高校における学校選択マッチング

みんなの介護 世界的に見て、わが国のマーケットデザイン研究は進んでいるのでしょうか。

小島 日本での研究・実践はまだはじまったばかりだと思います。最も進んでいるのはアメリカではないでしょうか。

みんなの介護 小島さんのハーバード大学時代の恩師であり、後にスタンフォード大学で同僚になったアルヴィン・ロス氏は、2012年にマッチング理論でノーベル経済学賞を受賞していますね。2020年にオークション理論でノーベル経済学賞を受賞したポール・ミルグロム氏も、やはりスタンフォード大学時代の小島さんの同僚でした。

小島 アメリカにおけるマーケットデザインの最も大規模な実例の一つは、アルヴィン・ロスらが手がけた公立高校の学校選択マッチングですね。現在、ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ニューオリンズなど多くの自治体で制度化されていて、中でもニューヨーク市は2003年度からこの制度を導入しています。1学年で約9万人いる生徒たちを、市内にある約500の公立高校のどこに進学させればいいのか。ニューヨーク市の担当者がマッチングサイトを作成し、各生徒の希望を聞き取ったうえで、それぞれに最適な学校へと振り分けていきます。その結果、希望どおり進学できる生徒が大幅に増えたため、このシステムはマーケットデザインの成功例としてよく取り上げられています。

みんなの介護 わが国の場合、マーケットデザインによる新たな制度を導入しようとすると、自治体が障壁になることはありませんか。

小島 実は、「自治体と仕事をするのは大変だよ」と知人から聞かされていたのですが、幸いなことに、私が接する自治体の人たちはマーケットデザインに積極的にかかわってくださる方が多いですね。現状のシステムを変更する場合、まずはそこに内在する問題点をすべて洗い出さなければならないのですが、私たちの細かな質問にも丁寧に対応してくださるので、感謝しています。今後の社会実装促進に向けて、明るい未来を見ています。

あわせて読みたい

「経済学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。