記事

チャイナ・リスクとG7

 尖閣周辺で中国海警船による領海侵入が常態化しています。2012年9月に尖閣を国有化した当事者である私にとっては、看過できない事態です。菅政権にはもっと毅然として対応してほしいものです。

 中国は海警局に武器使用を認め、同局を第2海軍化したのですから、わが国も対応を強化しなければなりません。立憲民主党は自衛隊が海上保安庁による尖閣警備を補完できるようにする法案をまとめました。一方、政府・与党の動きは超スローです。野党は政権の足を引っ張るのではなく、尻をたたく場面も実はたくさんあるのです。

 アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・日本・カナダの主要7か国(G7)の首脳会議が、6月11日から英国コーンウォールで開かれます。このG7サミットも中国の力による現状変更路線に対して、国際社会が連帯して強い警鐘を鳴らす舞台にすべきでしょう。

 かつては旧ソ連が率いる東側と対峙する西側の結束の場として、G7は生まれました。冷戦終結後はロシアを加えてG8となったこともありました。が、近年はロシアはまた呼ばれなくなりました。反体制指導者に毒を盛って抹殺しようとする、「美濃のマムシ」と恐れられた斉藤道三のような人がリーダーの国ですから…。

 世界経済、地球温暖化などグローバルな課題については、中国・ロシア・ブラジル等の新興国も参加するG20の存在感が高まっています。一方、G7は「米国第一」を掲げるトランプ前大統領の在任中は、不協和音ばかりが目立ちました。しかし、同盟国重視のバイデン米大統領に代わり、自由、民主主義、法の支配、人権といった基本的価値観を共有するG7も復権しなければなりません。

 そして、香港の一国二制度を否定され、中国に国家安全法を施行された英国のボリス・ジョンソン首相が議長です。新疆ウイグルでの人権侵害、緊張が高まる台湾情勢なども含めて「チャイナ・リスク」が主要議題となるでしょう。

 南太平洋にニューカレドニアを持ち、インド洋にも基地を有するフランスのマクロン大統領は、中国の海洋進出に危機感を強めています。メルケル首相率いるドイツも昨年は「インド・太平洋ガイドライン」を公表し、同地域に戦略的に目を向けるようになりました。

 カナダ人2人が中国で拘束されており、トルドー首相は猛反発しています。イタリアは、中国との関係を急速に深めてきた国ですが、ドラギ新首相は常識人ですので流れに水を差すことはないでしょう。

 菅政権にとっては、尖閣も含めて欧米諸国の東アジアへの関与を引き出す最高の舞台がG7です。気後れすることのないよう、堂々と論陣を張ってほしいものです。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。