記事

尾身会長発言は「“責任逃れ”の先手」舛添氏が推察「国会での発言は一番のアリバイ作りになる」と指摘も

「言葉が過ぎる」「この段階で言うのは遅いのでは」「開催の判断をする権限などない」

 東京オリンピック・パラリンピックが近づくにつれ、自民党幹部から政府の新型コロナ対策分科会・尾身会長発言に対する批判が高まっている。尾身会長は3日の参議院・厚生労働委員会において「開催すれば国内の感染あるいは医療の状況に必ず何らかの影響を起こす」「今の状況でやるということは普通はない。やるなら強い覚悟で」「何のためにやるのか。それがないと、一般の人は協力しようと思わない」などと述べ、現在の状況において東京五輪を開催することに対して、強い懸念を示していた。

【映像】尾身会長発言は「“責任逃れ”の先手」

 4日には田村厚生労働大臣が尾身会長の発言に対して「自主的な研究の成果発表」と述べて批判を集めた。さらに同日、会見を開いた加藤官房長官に対して田村大臣の発言は「政府の公式見解か」との質問が飛び、加藤官房長官は「公式、非公式というか、尾身分科会長が分科会とは別のところで意見を表明されるとされていることを踏まえ、田村大臣がそういうことをおっしゃったと認識している。他方で田村大臣はそれにあたって、専門家の方々は色々な方々が色々な分野でおられる。

自主的に色々なことをおっしゃられることはある。そういう中において政府で参考にさせていただくものがあれば、それは政府の中でも取り入れさせていただくことは当然であるとする政府としてのスタンスも述べられていると承知している」などと答弁。事態の鎮静化を図る場面が見られた。

 新型コロナウイルスとの戦いにおいて、これまで「専門家のご意見も尊重し、うかがいながら…」など、政府の判断や答弁の拠りどころとなってきたはずの専門家との間で表面化した両者の溝について、前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が言及。「責任逃れの先手を打っている」と尾身会長発言について私見を述べ、次のように理由を述べた。

「大感染爆発などでオリンピックを中止にしないといけないこともあり得る。そのときに『開催していいよのGOサインを出したのはあなたでしょ?』と責任を問われる。万が一、その悪いシナリオが現実になったときに『ほら俺は言っていたじゃないか』となる。つまり(尾身会長は)責任逃れの先手を打っている感じがする」

 さらに舛添氏は、尾身会長が記者会見の場ではなく、国会の場で発言したことについても「記者会見なんかでは言いにくい。国会の場で言うのは一番のアリバイ作りになる。誰も否定できない。全部記録にも残る」と述べ、尾身会長の真意を推察した。(ABEMA『ABEMA的ニュースショー』)

あわせて読みたい

「尾身茂」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。