記事
  • ロイター
  • 2021年06月07日 10:05 (配信日時 06月07日 09:58)

供給遅れのアフリカ向けワクチン、6月か7月に出荷予定=コバックス


[ジュネーブ 4日 ロイター] - 国連の当局者は4日、途上国にワクチンを配る国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」下で供給が遅れているアフリカ向けのアストラゼネカのコロナワクチンについて、6月か7月に出荷できるとの見通しを示した。

アフリカのワクチン接種は、インドのワクチン輸出停止の影響を受けており、医療従事者など多くの人が2回目の接種を推奨期間とされる12週間以内に受けられずにいる。

世界保健機関(WHO)のシニアアドバイザー、ブルース・アイルワード氏は国連のビデオ会見で「2回目接種までの間隔は大きな問題だ」と述べ、6月下旬から7月上旬に2回目分を出荷できるよう約1600万回分について、アストラゼネカと協力し、スケジュール調整を行っていると説明した。

ただ、どこからワクチンを調達するか詳細は明らかにしなかった。

ユニセフのコバックス担当者Gian Gandhi氏はロイターへの文書で、インドのワクチン製造会社セラム・インスティチュート・オブ・インディアから最初のワクチンを受け取った国に対して1500万─1600万回分を提供できるよう進めていると明らかにした。セラム・インスティチュート・オブ・インディアは、英製薬アストラゼネカのワクチンを国内でライセンス生産している。

Gandhi氏は「ユニセフはアストラゼネカと協力して不足分をカバーするため、7月の出荷を予定している」と述べ、出荷状況は、スペインの製造拠点がWHOの緊急使用リストに早期に登録され、そこで生産拡大できるかに左右されると説明した。

アストラゼネカからは現時点でコメントは得られていない。

コバックスは今年、低所得国向けに20億回分のワクチンを確保することを目指しているが、インドの輸出停止やメーカーの生産の遅れなどで2億回分の供給不足に直面しており、この不足分を補うため、先進国にワクチン提供を呼び掛けている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  8. 8

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。