記事

東京から90分! 「シン・エヴァ」第3村のモデルになった“絶景すぎる棚田”へ行ってみた - 葉上 太郎

1/2

 人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの完結編として製作された「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(庵野秀明総監督)。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発出され、東京都内や大阪府内の映画館には休業要請がなされる中での上映となった。だが、3月8日の封切りから5月末までに、563万人以上が映画館に足を運ぶというヒット作となっている。

【写真】この記事の写真を見る(12枚)

 物語の前半で、極めて印象的なシーンとして描かれるのは、登場人物の「アヤナミレイ」が初めて体験する棚田での田植えだ(この部分は公式サイトで一部公開)。「第3村」と呼ばれる集落で汗を流し、泥にまみれ、だからこそ生きているのだと実感する。誰かの頭の中で考えられた空想的な「幸福」とは対極にある、地に足が着き、土の香りのする幸せだろう。

 人間臭さに乏しい「アヤナミレイ」だからこそ、心に残る場面だ。そして、物語の後半になればなるほど、映画の訴える問題意識とクロスして、田植えの情景が頭に浮かぶことになる。

 この棚田には、モデルがある。千葉県鴨川市の「大山千枚田」だ。

375枚の水田が重なる“人気スポット”

 南房総の標高90~150メートルの中山間地にあり、375枚の水田が皿のように重なっている。 

 保護管理しているのは特定非営利活動(NPO)法人の大山千枚田保存会(石田三示理事長)だ。「私達への事前の取材はなかったのですが、封切りの少し前にモデルとして使わせてもらったという連絡がありました」と事務局は話す。

 実は、この千枚田、普通の棚田ではない。


一面に皿を重ねたような大山千枚田が広がる

 農業体験や視察で年間約6000人が訪れる「人気スポット」なのだ。最も美しいのは、水面に青い空が映し出される田植え時期、そして稲が黄金色に実る収穫時期だが、これ以外の季節にも、20台ほど停められる駐車場がいっぱいになるほど人が来る。こうした見学者も含めると、年間の来訪者は軽く1万人を超えるのではなかろうか。

「特に新型コロナの流行後は増えました。ずっと外出自粛を求められてきた人々が、棚田があるような場所なら安全だと、せめてもの息抜きに来るのでしょうか。都内ナンバーが目立ちます。バイクや自転車のツーリングで立ち寄るグループもいて、まるで原宿の竹下通りかと思うようなことさえあります」(事務局)

 都内からだと手頃なドライブコースで、高速を使えば都心からでも90分ほどしかかからない。

「かつては滅びゆく棚田の一つでした」

 全国でも棚田があるのは高齢化した過疎地ばかりだ。2019年に棚田地域振興法が制定されたものの、耕作放棄地の拡大には歯止めがかかっていない。にもかかわらず、大山千枚田には一面の美田が残されており、人をひきつける。

 なぜ維持できたのか。それを知るには保護運動の成り立ちをさかのぼらなければならない。

「ここもかつては滅びゆく棚田の一つでした」。保存会の事務局長、浅田大輔さん(40)が語る。

 棚田のある大山地区は、典型的な中山間地の農業地帯で、都市部に出て行く跡取りが多かった。山の中腹までひらかれた棚田の多くが森林に戻り、1990年代には大山千枚田でも耕作放棄地が出現し始めていた。

「農家の石田理事長らが危機感を抱き、なんとかして大山地区を元気にしなければと模索していました」と浅田さんは話す。

 鴨川市役所にも同じような問題意識があった。地域と協力して都市と交流しようと構想を練っていた。そうした両者の思いが合致して、大山での仕掛けが始まっていく。

「東京に一番近い棚田」の戦略

 ただ、何をすべきか、最初はターゲットが絞れなかった。侃々諤々(かんかんがくがく)の議論の末、棚田に焦点を当てたのは、「逆に言えば、棚田しかないような地区だったのです」と浅田さんは笑う。当時はまだ、「大山千枚田」という名前もなく、普通の棚田の一つだった。

 まず、大山の各地区から代表を選び、97年に保存会を結成した(2003年にNPO法人化)。99年には、農水省の「日本の棚田百選」に認定された。2000年からは棚田のオーナー制度を始めた。都市部の住民に棚田を1枚、有償で貸し、田植えから、草刈り、稲刈り、脱穀までの農作業に、年に7回ほど来てもらうのである。

「東京に一番近い棚田」をうたい文句にオーナーを募集したが、それでも春から秋にかけて7回も往復するのは大変だ。しかも、全国の「棚田百選」では唯一、川がなく、雨水だけで耕作している。漏水すれば稲作ができなくなってしまいかねないので、田んぼの畦(あぜ)を塗り固める作業には神経を使う。

 下の田んぼは、上からあふれてくる水が頼りだ。災害で畦が壊れれば、田んぼ全体に影響が及びかねず、居住していないからといって放置はできない。

オーナーと“気を遣わない関係”を築く

 それでも、毎年募集枠いっぱいの申し込みがある。今年は160区画に対し、158組のオーナーが借りた。応募者は東京都や千葉県の都市部に住む人が多い。これとは別に約20の企業や団体もオーナーになっている。残りは地権者の農家らで作付けする田んぼだ。

 手間のかかる農作業に人気が集まる秘密は何なのか。

「棚田のオーナー制度は全国的に広まっていますが、オーナーを『お客さま扱い』する地区が多いのが実情です。私達はそうではなく、一緒に地域の課題を解決する仲間と位置づけています。だから、お互いに思ったことを遠慮なく言い合う。人手が足りなくなった時には『助けに来て』などと救援も求める。こうしてよそから来てくれる人は、地域の良さを見つけてくれます。『発見』を地域の元気に結びつけたいと考えているのです」と浅田さんは語る。

 気を遣わない関係。しかも、地域のために役立っているという実感が参加したいという気持ちをかき立てるのかもしれない。

「東京に近いから人が来るのだろう」と言われることもあるそうだが、「都市は全国にあります。どの棚田も人に来てもらえる可能性はあるのです」と浅田さんは力を込める。

あわせて読みたい

「エヴァンゲリオン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  5. 5

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  6. 6

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  7. 7

    東京五輪「極めて異常で盛り上がらない」と舛添氏 豊洲騒動めぐり小池知事に苦言も

    ABEMA TIMES

    06月15日 09:07

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  10. 10

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。