記事

「選手を問い詰める記者会見は不毛だ」大坂選手についてゴルフジャーナリストが考えたこと

1/2

「会見は、大会から選手を追い出すためのものではない」

女子テニスの大坂なおみ選手が全仏オープン1回戦勝利後に記者会見を拒否したことが、波紋を広げている。

女子シングルス1回戦勝利後、喜ぶ大坂なおみ=2021年5月30日、フランス・パリ
女子シングルス1回戦勝利後、喜ぶ大坂なおみ=2021年5月30日、フランス・パリ - 写真=AFP/時事通信フォト

当初、大会側は1万5000ドル(約165万円)の罰金を言い渡し、さらに4大大会の「出場停止」「永久追放」といった厳罰の可能性も示唆していた。

しかし、大坂が大会からの棄権を表明し、「(会見は)大きなストレス」「ルールの一部がかなり時代遅れだと感じた」「2018年全米オープン以降、長い間、気持ちがふさいだ状態(うつ的状態)になり、苦しんできた」と明かすと、大坂への支持が広がった。

たとえばワシントン・ポストは「会見は大会の盛り上げにつながるものであるべき。大会から選手を追い出すためのものではない」と大坂を支持する記事を出した。

私はゴルフジャーナリストなので、この件をゴルフに引きつけて考えてみたい。1対1で対戦するテニスと、1試合に100人前後が集まるゴルフは、条件も事情も性質も異なるため、そのまま比較はできない。しかし、ゴルフ界における会見を振り返ることで、「理想の会見」を実現する手がかりを示せるかもしれない。そんな想いを込めて、今、キーボードを叩いている。

2011年のマスターズで、松山英樹に向けられた質問

米男子ゴルフのPGAツアーとメジャー4大会における会見は、大きく分けて「開幕前」「毎日のラウンド後」「勝敗決定後」の3種類がある。

「開幕前」の会見に必ず呼ばれるのは前年覇者と前週大会の覇者だが、それ以外に「何かしらの注目」を集めている選手も呼ばれることが多い。

「何かしらの注目選手」の開幕前の会見は、メディアからのリクエストを受けてツアーや大会が選手に個別交渉し、会見出席を呼びかけるという手順が取られるのだが、何を持って「注目」とするのかという基準や定義がないせいか、質問にも返答にも曖昧さが漂って、異様な空気となることがある。

松山英樹はアマチュアとして初出場した2011年マスターズの開幕前、「注目選手」の一人として会見に呼ばれた。

アジア・アマチュア選手権(現アジア・パシフィック・アマチュア選手権)を制してマスターズ出場資格を得たこと、大会1カ月前に起こった東日本大震災の被災地の大学からやってきた日本人大学生であることなど、世界のメディアから注目されていた。

だが、アジア・アマは創設されて2年目と若く、日本の地理や日本の事情がほとんどわからない世界のメディアは、雲を掴むような手探り状態で、あの手この手の質問を松山に矢継ぎ早に浴びせていった。

松山は記者たちに苦笑され、会見場には異様な空気が流れた

松山もまだ会見には不慣れで、母国が見舞われた大災害に対して何をどう語ったらいいのかがわからない様子だった。母校の東北福祉大学は仙台市にある。被災地や被災者に対する複雑な想いもあったに違いない。日本の記者たちは、松山の口が重くなるのは当然だと感じて見守っていた。しかし、事情を解さない欧米の記者たちは、「マツヤマ」を記事化するためのキーワードをなんとかして導き出そうと必死な様子だった。

ある米国人記者が「大学では何を専攻していますか?」と尋ねた。当時の松山には、まだ専属の通訳がおらず、傍らに座っていたのは大会側から急きょ通訳を依頼された現地在住者だった。その「通訳」は、米国人記者の質問をこんな日本語に変えて松山に伝えた。

「大学では何を勉強していますか?」

松山は「えっ? 何って……」と一瞬考えた後、「いろいろです」と答えた。通訳は「いろいろ」を意味する「various」という英語の一言だけを口にした。

誰も間違ってはいないやり取りだった。しかし、「専攻」を尋ねた米国人記者にとっては、「えっ? 『いろいろ専攻』って、どういう意味だ?」と首を傾げる結果になり、他の欧米人記者たちも思わず苦笑した。しかし、松山には苦笑されている意味がわからず、会見場には異様な空気が流れた。

「ゴルフでは全然緊張しないけど、会見は緊張する」

もちろんこの例は、外国人選手ゆえに起こった言語の問題に端を発する勘違いというレアケース。だが、取材する側も取材される側も、何をどう尋ねるべきか、何をどう答えるべきか、「よくわからない」という不確実な要素が強い場合は質疑応答が曖昧になる。

その曖昧さを感じれば感じるほど、メディア側はなんとか記事になる事実を聞き出そうと執拗に質問を重ねる。それが選手にとってストレスになるであろうことは想像に難くない。

スポーツマンを与えてインタビュー
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/SeventyFour

初マスターズの初会見に臨む松山の表情は終始、険しかった。しかし、会見が終わると表情は一変し、明るい松山にすぐさま戻った。そして彼は、こう言った。

「ゴルフでは全然緊張しないけど、会見は緊張する。会見は何より緊張する」

あのとき松山が口にしたその一言は、プロ転向後も、ずっと彼の中にあるように感じられる。

社交的で饒舌なミケルソンにも、取材拒否の時期があった

今年5月の全米プロを50歳11カ月で制し、メジャー大会史上最年長優勝とメジャー通算6勝目を挙げたばかりのフィル・ミケルソンにも、会見がストレスとなった時期があった。

1992年の米ツアーデビューから2004年のマスターズを制するまでの実に12年間、彼はメジャーにどうしても勝てず、「メジャー・タイトル無きグッドプレーヤー」という屈辱的な称号を授けられていた。このとき、ミケルソンはメジャー大会の開幕前に必ず会見に呼ばれ、毎回、同じ質問を投げかけられた。

「どうしたらメジャーに勝てる?」
「いつになったらメジャーに勝てる?」
「今回こそは勝てると思うか?」

もともと社交的で饒舌で、人前で語ることが嫌いではないミケルソンは、同じことばかりを繰り返し尋ねられる会見にも笑顔で対応していた。ときにはユーモアやジョークをまじえて記者たちを笑わせ、ときには「今回は僕はドロー用とフェード用、ドライバーを2本入れて戦う」などと独自の工夫やユニークな戦法を惜しげもなく披露することで、一定方向を眺めていたメディアの視線を別方向へ導いたりもしていた。

しかし、それほど前向きに会見に対応していたミケルソンでさえ、メジャーに勝てない日々が10年目を迎えたころには、さすがに嫌気を起こし、取材拒否を宣言することがあった。

彼が実際に拒否したのは個別取材のみで、結局、会見だけはどうにか出ていたのだが、サービス精神旺盛でメディアにもファンにも「神対応」として知られていたミケルソンの取材拒否は、メジャー開幕前の会見が選手にとってどれだけ重荷になるかを示している。

2000年代前半からは「囲み取材」が増えていった

タイガー・ウッズが黄金時代を迎えた2000年代前半からは、米ツアーで開幕前の会見の「例外」が徐々に増えた。

どの大会においても常に注目選手だったウッズが、毎試合、開幕前の会見に対応するのは負担が大きすぎるということで、ウッズが望めば、「今日のウッズの会見は、会見場ではなく、練習ラウンド終了後に18番グリーン脇で行います」とアナウンスされるようになった。

男子ゴルフのメジャー大会、2019年4月のマスターズ・トーナメントで優勝し、ガッツポーズをするタイガー・ウッズ=2019年4月14日、アメリカ・オーガスタ
男子ゴルフのメジャー大会、2019年4月のマスターズ・トーナメントで優勝し、ガッツポーズをするタイガー・ウッズ=2019年4月14日、アメリカ・オーガスタ - 写真=AFP/時事通信フォト

そして、屋外に設けられたフラッシュエリアと呼ばれる一角で、ウッズがお立ち台の上に立ち、数人の記者からの質問に答える短時間の「フラッシュ・インタビュー」のみで終了。日本的に言えば「囲み取材」のようなものだが、これは、ツアーが選手の立場や気持ちを考慮して打ち出した柔軟な対応で、この簡易方式がミケルソンや他選手にも当てはめられることがどんどん増えていった。

あわせて読みたい

「大坂なおみ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  6. 6

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  7. 7

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  8. 8

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    早すぎた緊急事態宣言の解除 7月半ばに再び赤信号が点灯する予感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月21日 12:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。