記事

大坂選手の全仏棄権で、選手の「心の健康」に注目集まる メディアや団体のあり方も

1/2

ソニア・オクスリー、BBCスポーツ

テニスの大坂なおみ選手は2018年に全米オープンで優勝した際、サンバイザーをぐいっと下げて涙を隠した。

彼女にとってそれは、初のグランドスラム(4大大会)のタイトルだった。決勝で偉大なセリーナ・ウィリアムズ選手(アメリカ)を撃破。大坂選手の前途は有望だった。

ただこの時の優勝は、異様かつ心に傷を残す状況を生んだ。ウィリアムズ選手が試合中に審判に向かって激しく声を荒げたことを受け、ブーイングや疑問の声が飛び交ったのだった。

そして今回、この優勝の後から大坂選手の「長いうつの状態」が始まり、今年の全仏オープンの棄権につながったことが明らかになった。彼女の棄権はスポーツ界に衝撃を与え、競技団体やメディアは内省を迫られることになった。

全仏オープンはテニス界の大スターの1人を失った。一方、大坂選手は「(大会への)関心を散らす存在」にはなりたくないと願ったが、その思いとは裏腹に、彼女および彼女が指摘した問題は多くの人々の関心を集める結果となっている。

<関連記事>

大会関係者はうまく対応したのか

大坂選手が全仏オープンでの記者会見をボイコットすると表明すると、テニスや他の競技の選手たちから支持の声が多数あがった。

女子テニスの統括団体は先月30日、厳しい語調の声明を発表。メンタルヘルス(心の健康)を守るための決断だったと述べた大坂選手に対し、全仏オープンと今後の4大大会から排除すると脅した。この対応は批判を浴びた。

バスケットボールのステファン・カリー選手(アメリカ)は、「権力を持つ側は(選手を)守ろうとしない」と団体を批判。テニスの元イギリスナンバー1、ローラ・ロブソン氏も、違った対応は取れなかったのかと、団体の動きを問題視した。

「4大大会側が出した声明と、その強烈な内容に失望している人はきっと多いはずだ」とロブソン氏はBBCラジオ5ライヴで語った。

「大会側がここまでこじらせなかったら、事態は違っていたはずだ」

大坂選手の全仏オープン棄権後、フランステニス連盟のジル・モレトン会長は声明を発表。テニスの主要団体は、選手の健康と、メディア対応を含む大会運営の改善に取り組んできたと主張した。

大坂選手は、「規則の一部は非常に時代遅れだ」とし、改善方法について団体側と話し合いたいとした。

大坂選手はうまく対応したのか

大坂選手が先月27日に表明した、記者会見に参加しないという方針は、多くの人を驚かせた。

特に驚いたのが全仏オープン主催者で、「受け入れられない」と反発した。批評家たちも、「お姫様のような振る舞い」によってメディア対応の義務を果たさず、「不公平な優位」を手に入れていると大坂選手を評した。

元テニス選手のネイオミ・キャヴァデイ氏(イギリス)は、もし大坂選手が違う方法で大会主催者に懸念を伝えていたら、双方が納得できる解決に至ったかもしれないと、BBCラジオ5ライヴで話した。

「彼女が4大大会のチャンピオンになって以来、そんなに苦しんできたとは恐ろしい。でもこの世界では、企業や団体とまったくコミュニケーションを取らずに、いきなり何をするのか決めるわけにはいかない。契約がある場合はなおさらだ」

「今回の問題はソーシャルメディアに持ち込まれ、手の届かないところで決断が取りざたされた。だが、もっと上手に直接的な方法で提起されていれば、少なくともどのように改善できるのかについての議論が起きたと思う」

大坂選手自身、「タイミングは理想的ではなかったし、メッセージももっと明確にできた」と認めている。

キャヴァデイ氏は、「メンタルヘルスで悩んでいる人がそのことを伝え、短期的な解決法と、もう少し長期的な取り組みにたどり着くための仕組みはある」と指摘。

「ただ私は、悩んだ経験がある者として、そもそもそうした会話を始めるのがどれほど難しいかもわかっている」と述べた。

あわせて読みたい

「大坂なおみ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  8. 8

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。