記事

【トレーダージョーズ】、抹茶日本蕎麦を発売!大人気の日本食ではラーメンの次にソバ?

■42州に500店舗以上を展開するトレーダージョーズは極めてユニークな経営で知られている。

8割以上がプライベートブランドで占められているトレーダージョーズの店内には「私たちが試して気に入ったものです。もしお気に召さなければ返品してください。返金に煩わすような手間はありません(We Tried it. We Liked it. If you don't like it bring it back for a full no hassle refund)」と返品ポリシーが掲げられている。

「不味い」「味が(自分の好みと)合わない」「期待していたほど美味しくない」「食感があまり気に入らない」「(よくわからないが)何かおかしいと思う」など、勝手で理不尽な理由でも商品を返品でき、100%お金が戻ってくるのだ。

トレーダージョーズでは、商品の中身の大半が消費されていても、期限切れで腐っていても、販売中止の商品でも、10年前の購入でも、レシートがなくても理由も訊かれず返品でき、100%返金できるのだ。

 トレーダージョーズには「誠実さ(Integrity)」「商品力(Product Driven Company)」「カスタマーサービス(Wow customer service)」「非官僚主義(No bureaucracy)」「カイゼン(Kaizen)」「実店舗こそブランド(The store is our brand)」「私たちは全米に展開する近所のスーパー(We're a national chain of neighborhood grocery stores)」という7つのコア・バリューがあることで返品には寛大なのだ。

一方で、トレーダージョーズは全米で大人気の食品スーパーでありながらネットスーパーは非参戦を貫いている。

オンデマンド買物代行&宅配サービスのインスタカートやシプツなどネット業者とも契約していない。

インスタカートはクローガーやアルバートソンズ、コストコなど北米で展開する大手食品スーパー15社以上と契約し、ウェグマンズなどの中堅食品スーパーとの提携では北米で600社以上と契約を結んでいる。

にもかかわらずトレーダージョーズはカーブサイド・ピックアップや宅配サービスを行わずデジタル・トランスフォーメーションさえ考えず、独自の路線を歩んでいるのだ。

コアバリューの一つである「実店舗こそブランド」にこだわっているため、顧客からのリクエストが多数あってもネットスーパーを回避している。

それは独自の商品構成も影響している。トレーダージョーズのPBは3種類あり、再入荷のない一元品(15〜20%)やローカルメーカーから仕入れた準PB商品(20〜40%)、そして定番PBで構成されている。

トレーダージョーズでは売れないボトムPB商品の10%は撤去しているため常に新しい商品が並ぶ。

仮にネット販売に乗り出すと、例えば一般消費者ではない業者がインスタカートを介して人気商品や新商品を大量に買い込み、売れなければすべてを返品ということも考えられるからだ。

カナダにはトレーダージョーズはないものの知名度もあり人気もある。高くても売れるためネットで業者が転売するのだ。

トレーダージョーズの商品力は、ニュースサイトでも新商品が取り上げられることで証明できる。

日本人にもトレーダージョーズのファンは少なくないが最近、新商品に日本にゆかりのものが発売されて話題となっている。ラーメンの次は蕎麦だ。

 トレーダージョーズの「抹茶日本蕎麦(Matcha Green Tea Japanese Noodles)」は6.35オンス(約180グラム)で2.99ドル。

ブログやニュースレターの「フェアレスフライアー(Fearless Flyer)」には「蕎麦とはバックウィート(buckwheat)の日本語です」に「小麦粉とそば粉で作られた蕎麦は日本の麺類でも特別なものです」と紹介されている。

また「(抹茶日本蕎麦の)供給元は家族経営の小さな業者であり蕎麦を生産する、厳しい天候の山間部にあります」と続き「それゆえ蕎麦の歴史は数千年に及ぶのです」とアメリカ人の心をくすぐっている。

「なぜ緑色なのでしょうか?それは上質な抹茶グリーンティー5%を練り込んでいるからです」さらに「(緑色の麺は)印象的なビジュアルだけでなく素朴で風味のある緑茶の香りや味も加え、美味しい歯ごたえまで伝えているのです」と記述されている。

抹茶日本蕎麦の食べ方も記されており「冷たくしても温めてもよく、作法にこだわる人なら醤油ベースの冷たいつゆにつけて食べるのが一番です」に「冷やした麺にみじん切りした野菜や鶏肉を乗っけてスパイシー・カシューバター・ドレッシングでサラダにするのも楽しい」また「温かくして味噌ジンジャーブロスのおつゆでもご満足しますよ」とある。

期間限定のようだが、人気になれば定期的に発売されることになるのだろう。
 
トップ画像:トレーダージョーズで販売中の「抹茶日本蕎麦(Matcha Green Tea Japanese Noodles)」。6.35オンス(約180グラム)で2.99ドルだ。ソバも不味ければ返品可能だが...

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アメリカで人気の日本食としてラーメンの次にソバが来ます。なぜならヘルシーなソバは、サラダと抜群に相性がいいから。2〜3年前からミレニアル世代のセレブやモデルがソバサラダを食していて話題になっていました。

こだわりの商品をもつトレーダージョーズが独自に販売していることで、モチアイスみたいに一般にもファンがついてきます。ただ、すするのが下手なことを理由に麺を短くしてほしくはありません。すすれないからアメリカ人はラーメン食べるのがとにかく下手です。で、時間が長い。もう伸びきってるだろ!とツッコミを入れたくなるほど食べるのが遅いのです。

それでもYouTubeやインスタなどのSNSやアニメの影響で今後は、周囲の目も気にせずガンガンすすれる若者もでてきます。後藤がアメリカに来た1985年、テレビ番組では魚を生で食べる寿司を笑いにしていましたから。すでに寿司はアメリカでは国民食です。いずれアメリカでも、こだわるファンに向けてそば打ちセットが発売されるかも。

 それもアプリ操作な家庭用そば打ちDX(笑)。日本人にとっては寿司の変異種がアメリカで大人気のように、ソバもカリフォルニア型・新変異種が発見されそうです。

あわせて読みたい

「スーパーマーケット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  8. 8

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。