記事

基本NGだったホテルの飲食持ち込みが形骸化 「いちいち注意するのはナンセンス」

コロナ禍もあり、ホテルの客室内で食事をとる人が増えている

 コロナ禍ですっかり根付いたテイクアウト文化だが、その影響はホテルにも及んでいる。これまでホテル客室内への飲食物の持ち込みは基本的にNGだったが、そのルールもコロナ以降は形骸化してきているという。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が、最新のホテル部屋食事情をレポートする。

【写真】部屋に電子レンジがあるビジネスホテル

 * * *
 社会を大きく変容させているコロナ禍によって、従来「売り」にしていたサービスの提供が満足にできなくなった業界は多いが、ホテル業界も同様だ。

 これまで大きなホテル(フルサービスホテル)ともなれば、不特定多数の人々への多彩なサービスが魅力であったが、そんなスタイルがある意味で仇(あだ)となった1年強だった。

 ホテルへ人々が集うという点では、ダイニングレストランや宴会、結婚式など飲食の提供がセットという印象だったが、集うことそのものが忌避される中でホテルの料飲サービスは大きく変容してきた。

ブッフェメニューからチョイスできる弁当も

 飲食の提供も収益の柱となっていたフルサービスホテルでは、大宴会のような大量提供できる機会はなくなったとしても、ホテルクオリティの食事を求めるゲストのために試行錯誤が繰り返されてきた。

 コロナ情勢を鑑みつつ細々と営業を続けてきたレストランでは、スタッフのマスクや手袋着用はもちろんのこと、ゲストのマスク来訪を呼びかけたり、アクリル板の設置をはじめ座席の間引きといった設備面での配慮も強いられたりした。

 施設の形態に限らずホテルに必須となっている朝食でも、ブッフェからセットメニューへの変化が見られたし、ブッフェ再開に際してもマスクの着用はもちろんのこと手袋やスニーズガードの設置も常識化しつつある。

 一部では客室で食すことを前提としたお弁当スタイルをとるホテルもあった。ブッフェメニューからピックアップしてセットにした弁当だけに、ブッフェに比べれば食せる量は限られるものの、「ブッフェだとついつい盛ってしまうが、実はこのくらいが丁度いいのかも」といったゲストの感想もちらほら聞こえてきた。

なぜ客室内への飲食持ち込みは「基本NG」なのか

 そもそも、これまでホテルの部屋へ飲食物を持ち込むことは、ホテル側の立場からすると推奨されない行為とされてきた。

 ルームサービスのようにホテルが自ら調理した料理ならば質も担保できるのだろうが、客が自ら持ち込んだ食べ物で食中毒など起こされたら大変という理由もあるし、何より館内での飲食提供も収益というホテルからすると、売り上げにも影響しかねないという思いがあったことは理解できる。

 だが、そんな“客室持ち込みNG”という伝統的な掟もコロナ禍にあっては例外続きとなった。もっとも近年では客室での飲食を事実上認容するようなケースも散見されてきた。

 たとえば、コンビニエンスストアがテナントにあるようなビジネスホテルでは、コンビニで購入した飲食物を客室に持ち込むことを前提としているだろうし、テナントではなくてもコンビニエンスストアが隣接することを売りにしているホテルもある。

 また、施設内に電子レンジを備えるホテルも多く、最近では客室に電子レンジが置かれているホテルも人気だ。ビジネスホテルでなくとも、客室の冷蔵庫を空にしてミニバー(客室の冷蔵庫に飲み物を備えチェックアウト時にゲストが利用を申告する)をなくすシティホテルも増えている。先日泊まったグランドホテルでは、冷蔵庫を開けると“館内に自動販売機があります”というプレートが置かれていた。

一昔前から格段に進化した「食品の安全性」

 昔に比べると、調理されたお弁当などの販売は大変進化している。コンビニエンスストアなどでは消費期限に厳格で、仮に誤って置かれていた期限切れのものを持っていくとレジではじかれる。食品ロスの問題は置いておくとして、前述した食品の安全性という点では一昔前と比べものにならないくらい進歩している。

 そんな背景もあり、客室への飲食物持ち込みは今でも“基本的にNG”というホテルは多いが、次第にそうした約款やルールは形骸化しているといえる。特にひとり泊のシーンでは、ダイニングレストランの利用は様々な意味でハードルが高いだろうし、部屋でひとりご飯が落ち着くという声も多い。

 とあるシティホテルの担当者は、「表立って推奨はできないが、事実上容認しているし、食事の入っているポリ袋を持ってロビーを行き来する光景はもはや当たり前」と話す。「いちいち注意するのはナンセンスでこちらが非常識になる」とも。

高輪はホテルテイクアウトグルメの「ホットエリア」

 そのような近年の“ホテル部屋食”の実情であるが、このコロナ禍ではNGどころかホテル側が積極的に推奨しているケースも目立つようになった。

 ホテルクオリティの食事といえば“お高い”イメージだが、ホテル内のレストランが営業時間や規模など限定的になるのに従い、テイクアウトに注力する光景も当たり前になっている。ホテルクオリティの食事を自宅でという前提でもあるが、客室へそのまま持ち込めることは言うまでもなく、何より“スープの冷めない距離”というのは嬉しい。リーズナブルなメニューも増えており、コンビニ弁当にはない大きな魅力となっているのだ。

 だが、シティホテルのテイクアウトメニューはスイーツやパンが定番で、きちんとした食事のテイクアウトとなると意外に少ないのが現状。そんな中、都内のシティホテルで筆者が注目しているのが、高輪エリアのプリンスホテルだ。

「グランドプリンスホテル新高輪」で人気の「中国料理 古稀殿」は、高級中国料理として知られるが、同店を代表する3種類(五目あんかけ・海老のチリソース煮・麻婆豆腐)が弁当として1200円で販売されている。何より嬉しいのがオーダーを受けてから作られることだ。その他、弁当以外でも高級単品メニューのアラカルトも充実している。リーズナブルから高級料理まで、その幅広さも魅力だ。

 また、隣接するザ・プリンス さくらタワー東京では、イタリアンの銘店「リストランテ カフェ チリエージョ」でピザのテイクアウトができる(ピザ マルゲリータ/2750円など)。高輪はホテルテイクアウトグルメの密かな“ホット”エリアだ。こんな食事メニューが揃っているなら、本末転倒ではあるが是非泊まってテイクアウトしたくなってくる(いずれも料金は税込み)。

空きキッチンを貸し出すホテルまで登場

 ホテルのテイクアウトグルメといえば、ビジネスホテルが空いているキッチンスペースを貸し出すケースまで登場した。

 ビジネスホテルは宿泊に特化したホテルであり、朝食の提供はするものの、日中~夜はキッチンスペースが遊休スペースと化す。その点に着目したのがベッセルホテルズ(広島県福山市)だ。

「ベッセルイン上野入谷駅前」は、実店舗を持たないビジネスモデルとして注目されている「Ghost Kitchens」とコラボ、フランチャイズ1号店として2月中旬にオープンした。なんと、ここではホテルスタッフ自らがキッチンで料理を作り、ウーバーイーツを使って料理を発送するという。

 同ホテル支配人の奥野悦子さんによると、「デリバリーはもちろん、ホテルに宿泊するお客様からも外食を控えたい、温かく美味しい料理が食べたいという声が多く好評です」という。不動産の観点からみても、ホテルは売り上げを作れる面積がいかに多いかが重要なポイント。朝食以外には利用されていなかったキッチンを活用するというアイディアは見事にフックした。

 ホテル内で料理が作られるというのは、ホテルの公共性や信用という点からもマッチしている。「実証実験的にスタートしたが予想以上の売り上げ」と話すのは、株式会社ベッセルホテル開発の瀬尾吉郎社長だ。

 ベッセルホテルズは現在全国に29施設を展開しており今後の出店も含めると計32施設のホテルチェーンとなる。「Ghost Kitchensさんとコラボしたフランチャイズ店は、今後、札幌・大阪・福岡の都市部を中心に全国的にある拠点での展開を目指す」(瀬尾氏)。ホテルキッチンで作られる料理同様に社長の思いは熱い。

 今回、コロナ禍のホテルグルメ事情について、テイクアウト・部屋食を中心に具体的なケースも見てきた。ホテル客室への飲食物持ち込みという点については、無論ホテルによって認容や可否についてのスタンスは様々。実際の利用については事前に個々のホテルへ確認することが必要だろう。

 コロナ禍がもたらすホテルサービスの変容については、その効果も含めて引き続き取材を進めていきたい。

あわせて読みたい

「ホテル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  10. 10

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。