記事

いよいよ初防衛戦 プロ棋士の「2021年の藤井聡太」予想がことごとく外れたわけ このままでは弱点はキノコだけになってしまう - 勝又 清和

1/2

 私は「2021年の論点」で、藤井聡太王位・棋聖は今年は「守りの年」になるだろうと予測した。タイトルを取ると環境も変わり、取材や雑務も増えて生活のリズムも狂う。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 偉大な先人達もタイトルを取った直後は苦しんだ。

 羽生善治九段は1989年に19歳で竜王を獲得したが、翌年はB級2組順位戦では出だし2連敗して昇級を逃し、竜王戦では谷川浩司九段に1勝4敗で失冠している。それから羽生は立ち直り、失冠から4ヶ月後の1991年3月に棋王を獲得し、2018年12月に無冠になるまで、実に27年以上もタイトルの肩書を保持した。


2021年の藤井聡太王位・棋聖 写真提供:日本将棋連盟

 渡辺明名人(棋王・王将)も2004年に20歳で竜王になったが、その年のC級1組順位戦は6勝4敗に終わっている。永瀬拓矢王座は26歳のときタイトル戦3度目で叡王を、豊島将之竜王・叡王はタイトル戦5度目にして28歳で棋聖を獲得した。二冠王になった歳をみても、羽生は22歳、渡辺は27歳、谷川は30歳だ。

 18歳の藤井が焦る必要はまったくない。

 なので私は、藤井は2つの防衛戦をこなし、順位戦でA級に昇級できるところまで駒を進めれば十分だとつづった。しかし、藤井には「一休み」とか「守り」とかいう考えは無縁のようだ。

加藤一二三九段の予言どおりに

 4月16日。竜王戦ランキング戦2組決勝、八代弥七段戦。

 藤井は棋士になった当初は角換わり腰掛け銀一辺倒だった。矢倉を採用しはじめたのは2年半経った2019年6月からだ。その後矢倉の採用を増やしており、角換わりと並ぶエース戦法となった。

 加藤一二三九段は4年ほど前に「将棋界のトップは矢倉で勝っている。藤井さんがこれから矢倉を熟達するとタイトル取れます」と矢倉を指すよう熱望したが、その予言どおり、棋聖戦と王位戦のタイトル戦では先手番4局中2局で矢倉を採用して勝ち、タイトル獲得の原動力となった。

 記者室には読売新聞の写真担当の若杉和希記者がいた。若杉さんは最初は将棋のことをまったくわからなかったが、今や将棋沼にズブズブとはまっていて、竜王戦があるときは欠かさず連盟にいて、対局時の棋士の素晴らしい写真をアップしている。若杉さんは私を見て、「藤井二冠、朝からとても良い顔をしていましたよ」と嬉しそうに告げた。

顔つきが引き締まっていて眼光が鋭い

 中継室でこの将棋の観戦記を務める高野秀行六段と話をした。高野と私は、同じ将棋道場出身で同じ釜の飯を食った仲だ。高野の師匠は中原誠十六世名人で、中原は米長邦雄永世棋聖や加藤といったライバルたちを矢倉で破って名人15期という偉業をなしとげた。高野も私も矢倉党なのでこれ以上ない戦型だ。

 しかし、我々が中原米長加藤の将棋で学んだ矢倉と藤井の矢倉はまったく違う。玉から金が遠ざかっていき、金銀2枚だけに。しかも八代に穴熊にガッチリと組み換えさせてから仕掛ける。普通なら玉形が違いすぎて実戦的に勝ちにくい。

 だが藤井は正確無比な攻めで穴熊を攻略し、差を広げていく。八代に悪手どころか疑問手も見当たらないのにだ。高野も私も藤井を表現する言葉がつきて、ただ苦笑いするだけだった。 結局藤井は自玉に王手すらかけさせずに寄せきってしまった。

 これで竜王戦史上初の5期連続ランキング戦優勝を飾り、またも記録を塗り替えた。

 終局後、主催紙の許可を得て(コロナなので)、感想戦を遠めに観戦した。特別対局に座る彼を直接見るのは2020年6月28日の棋聖戦5番勝負第2局、妙手△3一銀の将棋以来だ。

 若杉さんの言う通り、たしかに1年前とは顔つきが違う。顔つきが引き締まっていて眼光が鋭い。1年前に棋聖戦で挑戦者に決まった後の写真と見比べる。1年でなんという成長か。

 インタビューで「うれしいが、決勝トーナメントで結果を出さなければいけないと思っているので、そちらに全力を尽くしたい」と、いつも謙虚な藤井が珍しく決意を言葉にした。

朝日杯将棋オープン戦は参加4回中3回優勝

 2021年に入ってから藤井将棋はまたギアを上げた。朝日杯将棋オープン戦では豊島、渡辺、三浦弘行九段と強敵を連破して優勝した。朝日杯は参加4回中3回優勝というとんでもない勝率だ。

 また戦法の幅も広げた。相居飛車の戦型は矢倉・角換わり・相掛かりに大別されるが、藤井は相掛かりだけは採用したことがなかった。だが、2月から連取し3勝した。特に順位戦の中村太地七段戦は、中村本人が「敗着がわからない」「ノーチャンスだった」というほどの完璧な内容だった。

 リーグ戦では王将リーグこそ永瀬、豊島、羽生に敗れて陥落したが、B級2組は10戦全勝で1期抜けするなど勢いは止まらない。

 この1年、私が書いたこと、コメントしたことはことごとく外れた。

(1)戦法が角換わり腰掛け銀に偏っていて、狙い撃ちされやすい(C級1組で9勝1敗の頭ハネで昇級を逃した近藤誠也七段戦での黒星がそれだった。近藤は藤井の角換わり腰掛け銀を徹底的に研究していた)。
 →昨年7月9日の棋聖戦第3局で角換わり腰掛け銀が渡辺の研究に狙われ負けて以来、角換わりは採用していない! 先手番の角換わりで通算26勝4敗1千日手と圧倒的な成績を残しながらもだ。今や主軸は矢倉で、9勝1敗。負けたのは2019年の広瀬章人八段との王将リーグ戦のみだ(勝てば挑戦だった)。さらに相掛かりも自在にあやつり、もう藤井イコール角換わりではない。

(2)豊島に6連敗で勝ったことがない。
 →朝日オープンで絶妙の終盤術で逆転勝ちして苦手意識を払拭した。

(3)対横歩取りの成績が悪い。
 →昨年9月に羽生の横歩取りに負けて以降は6連勝。銀河戦決勝では糸谷哲郎八段の変形横歩取りに完勝。竜王戦の松尾歩八段戦では、「人間の指せる手の限界」絶妙手▲4一銀で勝つ。

(4)30秒将棋での成績が振るわない。NHK杯本戦トーナメントでは4勝4敗。
 →昨年、銀河戦で本戦Cブロックで6連勝(最終戦は羽生)、決勝トーナメント4連勝で優勝。

 藤井は次々と課題を克服していく。このままでは苦手なのはキノコだけになってしまう。

あわせて読みたい

「藤井聡太」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  4. 4

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  10. 10

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。