記事

「サイバー暴行」と女性政治家たち ネット上の女性への誹謗中傷を考える|女たちのポリティクス - ブレイディみかこ

1/2

ブレイディみかこさんの待望の新刊『女たちのポリティクス』が発売になりました。アメリカ初の女性副大統領になったカマラ・ハリスや、コロナ禍で指導力を発揮するメルケル(ドイツ)、アーダーン(ニュージーランド)、蔡英文(台湾)といった各国女性首脳。そして東京都知事の小池百合子。政治という究極の「男社会」で、彼女たちはどう闘い、上り詰めていったのか。その政治手腕を激動の世界情勢と共にブレイディさんが鋭く解き明かします。今回は、日本でも深刻な被害が生じている「サイバー暴行」に関する章を掲載。女性の政治進出を阻むネット上の誹謗中傷について世界の事例をお伝えします。


「女性政治家の時代」は実は来ていない

ドイツのメルケル首相や英国のメイ首相、スコットランド自治政府のスタージョン首相、ニュージーランドのアーダーン首相など、これまで女性の政治リーダーたちを取り上げてきた。頻繁にメディアに登場する彼女たちの姿をニュースで見ていると、すっかり女性政治家の時代がやってきたかのような錯覚に陥る。が、現実はそんなに甘いものでもない。世界的に見れば、女性首相や女性大統領の数は相変わらず全体の5%に過ぎないからだ。

女性は全人口の半分を占めるというのに、2019年現在、世界の国会議員における女性の割合は約4分の1であり、大臣職では約5分の1になる。国会議員の50%が女性なのは、ルワンダとキューバとボリビアだけだ。

女性の議員の数を増やすには、いわゆる「アファーマティブ・アクション(積極的是正措置)」が必要とされる。どんなものかといえば、例えば、アイルランドでは2016年の総選挙の前に、女性の候補者数が全体の30%に満たない政党には「公的助成の交付額を削減する」という法が施行された。そのため、この総選挙では史上最高の数の女性候補者が立候補することになったが、いまでもアイルランドの国会議員のほぼ80%が男性である。

2020年の米大統領選に過去最高の人数の女性が民主党出馬候補として挙がっている。しかし、その一方で女性が一国の指導者に立候補するには、まだ大きな壁が立ちふさがっている。

権力を欲しがる女性は道徳的な怒りを買う

2019年4月号の米国版ヴァニティ・フェア誌の表紙を飾ったのは、大統領選出馬を表明した民主党のベト・オルーク元下院議員だった。インタビューでの彼の言葉が表紙にも使われていた。

「 I want to be in it. Man, Im just born to be in it.(僕は出馬したい。そうさ、僕はそうするために生まれてきたんだ)」

もしも女性の候補者が同じことを言ったらどうなるだろう。

「I want to be in it. Woman, Im just born to be in it.(注:womanという間投詞は存在しない。それがすでに何かを物語っている)」

女性がこんなことを言ったら、鼻もちならない強気の女として反感を持たれるのではないだろうか。

ハーバード・ケネディスクールによれば、積極的に権力を取りに行く態度は、女性の政治家にはマイナスに働き、男性の政治家にはプラスに働くという。人の上に立とうとする男性は主体性があって強く有能な人物だと思われるが、人の上に立とうとする女性は公共性に欠け、協調性や思いやりのない人だと思われてしまうというのだ。なんじゃそりゃ、という気にもなるが、なぜか人々は、女性の政治家について権力志向が強いと聞かされたとき、「道徳的な怒りを感じる」という調査結果も出ている。さらに、こうした反応を示すのは男性だけではないのだ。女性たちも男性と同じぐらい、人の上に立とうとする女性を見るとネガティブな反応を示すという。

ヒラリー・クリントンは自伝の中で、女性の政治家なら「金切り声でけたたましい」「横柄だ」とレッテルを貼られるようなことをしても、男性の政治家はなぜか「感情移入している」「パワフル」と褒められると書いている。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。