記事

猛威ふるうコロナ変異株 ベトナムではハイブリッド株出現 英は正常化延期も 日本の五輪開催は?

[ロンドン発]新型コロナウイルスの封じ込めに成功したベトナムで感染力が非常に強いインド変異株と英変異株の特徴を併せ持ったハイブリッド変異株が見つかった。ベトナム国立衛生疫学研究所のレ・ティ・クィン・マイ副所長は「インド変異株(B.1.617.2)のスパイク(突起部)タンパク質でY144の欠失を発見した。英変異株(B.1.1.7)で見つかったものと類似している」と分析する。

英オックスフォード大学の統計サイト「データで見た私たちの世界(Our World in Data)」からベトナムの感染状況を見てみよう。感染者がほとんどいなかったベトナムではPCR検査はあまり行われていなかったので、日本と同様、感染者数は低く出る。7日平均の1日当たり新規感染者数は4月28日には7.6人だったが、261.7人(5月30日時点)にまでハネ上がっている。1日当たりの新たな死者は1人か2人で、死者総数は欧米に比べて47人と格段に少ない。

Getty Images

インド変異株と英変異株のハイブリッド株

ベトナムがコロナ封じ込めに成功した最大の理由は早期に国境を封鎖するなど「過剰反応」したことだ。それでもコロナウイルスは忍び込んでくる。ベトナム政府は5月31日、ホーチミン市で感染リスクが高いとみられるグループから毎日10万人検査を実施するとともに15日間にわたって新たな社会的距離政策を導入する方針を発表した。クラスターが発生した宗教活動や10人以上が集まるイベントを停止するほか、小売店や飲食店を閉鎖する。

ベトナムのワクチン展開は日本以上に遅く人口100人当たり1回余り。ちなみに日本は10回弱だ。英変異株はそれまでの株より感染力が最大で70%も強いとされ、インド変異株はその英変異株よりもさらに感染力が最大で50%も強い。ベトナムのグエン・タン・ロン保健相は「ハイブリッド変異株は空気中でも簡単に感染する」と語る。それがエアロゾル感染を意味しているのか、空気感染を意味しているのかは分からない。

しかし相当、厳格な社会的距離政策をとらない限り感染を防ぐのは困難ということだ。ベトナムはインド変異株にのみ込まれたインドの二の舞を演じないよう警戒を強めている。


感染が多ければ多いほど変異が起きる

ウエスタンオーストラリア大学医学部のゾーイ・ハイド医師(疫学・医療統計学)は「コミュニティーへの感染が多ければ多いほど変異が起きる可能性が高くなる。より伝染力、毒性が強い変異が出現するリスクがある。みんながワクチン接種を受けられるようになるまで、感染を可能な限り抑えることが重要だ。同じ問題に対して同じ進化の解決策を見つける“収斂進化”が世界中で起きる可能性がある」とツイートしている。

ハイド医師はまた、異なる2つ以上の変異株に感染し、より深刻な変異株が出現する恐れがあると警鐘を鳴らす。感染力が強い変異株が次々と出現するいま、ワクチンが展開できていない国のリスクは東京五輪・パラリンピックの1年延期を決めた昨年3月末以上に増していることは言うまでもない。国際オリンピック委員会(IOC)は選手村に居住する関係者の8割超にワクチンを接種して、五輪そのものを“集団免疫”のある状態で開催する作戦を披露した。


英イングランド公衆衛生庁によると、米ファイザー製ワクチンは英変異株にもインド変異株にも有効だ。日本では棚上げされた英アストラゼネカ製も1回接種時ではファイザーに引けを取らない。しかし、これは感染や他の人にうつす二次感染をどれだけ防げるかを示したデータではない。あくまで発症をどれだけ防いだかのデータなのだ。東京五輪で無症状の感染者が世界中にウイルスを広めてしまったらとんでもない事態になる。

世界では1億7000万人超の感染例が確認されており、どんな変異が起きているのか正確には分からない。ワクチンやさまざまな治療薬もウイルスの変異を起こす可能性もあるという。世界保健機関(WHO)が五輪開催のリスクについて口を閉ざしているのはどうしてなのか。感染力が強い変異株が次々と確認されたいま、日本にとって東京五輪の開催はリターンが期待できないばかりではなく、リスクがあまりにも大きすぎる。

Getty Images

第3波の初期段階に入ったイギリス

死者10万人を超える欧州最大の被害を出したイギリス。インド変異株の流行により6日連続で1日当たりの新規感染者数が3千人を超えた。マット・ハンコック英保健相は5月27日「新規感染の50%以上、最大で75%がインド変異株とみられる」と表情を引き締めた。インド変異株は1週間で3535例から6959例に倍増した。

英紙フィナンシャル・タイムズでデータ分析を担当するジョン・バーン=マードック氏は翌日「インド変異株はイギリスで第3波に火を付けようとしている。症例だけでなく入院する患者も増えている。他の国々も間もなく直面する」とツイート。添えられたグラフを見ると英イングランド北部ボルトン、北西部ブラックバーンで急拡大していることが一目瞭然だ。

ワクチン先進国のイギリスでは1日までに、成人人口の75%に当たる3937万9411人が1回目のワクチン接種を済ませ、このうち2553万7133人(同49%)が2回目の接種を終えた。このため、インド変異株の流行にもかかわらず、入院患者数は1千人を切り、一日当たりの新たな死者は1人にまで減少している。

英政府の呼吸器系ウイルス脅威諮問グループのメンバーであるケンブリッジ大学のラヴィ・グプタ教授は英BBC放送に対し「インド変異株が指数関数的に増えている。6月21日に予定されている全面正常化は数週間延期してより多くの情報を集めるべきだ。少なくとも4分の3はインド変異株だ」と指摘した。

グプタ教授は「すべての波は少ない症例から始まり、その後爆発的に増える。いま見ているのは第3波の始まりだ」と話した。正常化に向けた最終決定は6月14日に行われる。飲食店などの接客サービスやエンターテインメント業界は同月21日に全面正常化できなければ「壊滅的な打撃を受ける」と悲鳴を上げる。

しかし正常化プロセスの逆戻りは許されない。イギリスは当初、一定の人口が感染して免疫を獲得すればそれ以上の感染拡大を防ぐ壁になるという集団免疫に惑わされた。コロナ封じ込めを早々とあきらめ、10万人を超える犠牲を出してしまった。昨年の国内総生産(GDP)も10%近く落ち込んだ。コロナの感染防止策も経済対策も完全に破綻してしまったのだ。

インド変異株のホットスポットの一つ、ボルトンでは英陸軍の兵士50人が出動し、地元の保健師やボランティアと協力して戸別訪問し検査キット1万2千個を配布している。ワクチンバスも投入され、1回目と2回目の接種間隔を12週間から8週間に短縮してワクチンの展開を急ぐ。すでにこの1週間で症例が10%減少するなどの成果が出始めている。

英政府は6月21日までに50歳以上の2回接種を終えることを目標に掲げる。連休となった5月31日、ロンドン郊外のラグビー専用競技場トゥイッケナム・スタジアムは1日限りのワクチン接種の巨大センターに早変わりし、18歳以上なら予約なしでもワクチンが打てるようにした。1万5千回分を用意したものの、午後7時すぎには底をつき、数百人が接種できなかった。

PCR検査の能力も十分ではなく、入院患者が増えると医療がすぐに逼迫してしまう日本。菅義偉首相が掲げたワクチンの「1日100万人接種」の目標にもまだ遠く及ばない。これで五輪開催は本当に可能なのか。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  6. 6

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  7. 7

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

  10. 10

    たむらけんじ 65歳以下なのになぜ?「ワクチン打った」投稿の真相直撃

    SmartFLASH

    06月12日 21:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。