記事
  • ロイター
  • 2021年06月03日 09:05 (配信日時 06月03日 08:59)

独連銀総裁、ECBの環境重視する社債購入に前向き姿勢

[フランクフルト 2日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連邦銀行(中央銀行)総裁は2日、ECBの景気刺激策の下で環境負荷が大きい企業の債券買い入れを減らすことに前向きな姿勢を示した。気候変動対策としてこうした積極的な役割を果たすことに反対していた姿勢からの転換となる。

ワイトマン氏が姿勢を軟化させたことにより、ラガルドECB総裁が提唱するように、ECBは債券買い入れプログラムで環境に配慮した何らかの措置を導入する可能性が強まったと言えそうだ。この問題は夏の終わりまでに完了する予定となっている戦略的見直しの一環としてECB内で議論されている。

ワイトマン氏は、ECBの最初の立ち寄り先は気候関連の報告義務を満たした企業の債券のみを買い入れ、こうしたリスクを反映したクレジット格付けを利用すべきとする自身の見解を再確認。ただ、これには時間がかかるほか機能しない可能性があり、ユーロシステムが独自に行動する必要が出てくる可能性を意味することを認めた。

同氏は「十分な解決策がここで見つからなければ、ユーロシステムが代替措置を導入せざるを得なくなるだろう。例えば、ユーロシステムの金融政策ポートフォリオにおいて、特定セクター・発行体の社債の期限や量を制限するといったことだ」と述べた。

また、政治的な理由のために民間部門の行動を誘導することと、これを「混同すべきではない」と強調。「そして、たとえわれわれがこのように社債の期限と量の制限を決断したとしても、気候関連金融リスクを測る適切で透明性ある物差しが依然必要になる」と付け加えた。

ワイトマン氏は国際決済銀行(BIS)のグリーンスワン会議で講演し、残高に比例して債券を買い入れる「マーケット中立性」を擁護する考えを撤回。この考えは5年前に開始したECBの社債買い入れの原則となっていた。これらは現在、コマーシャルペーパーを含め合計3160億ユーロとなっている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  7. 7

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  8. 8

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  9. 9

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  10. 10

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。