記事

休養の深田恭子 事務所の後輩・綾瀬はるかとの「葛藤の20年」

恋人、友人も集め誕生日会を開いたこともある深田恭子(2019年)

 5月26日、女優の深田恭子(38才)が「適応障害」の治療のために芸能活動を休止することを発表した。所属事務所の『ホリプロ』は、深田は昨年春頃から体調を崩すことが多くなり、5月に入ってから「適応障害」と診断された、撮影中の映画は撮影延期となり、当面は療養して体調回復に専念する、と発表している。

【写真37枚】新幹線内で白Tシャツ姿で恋人のほうに身を乗り出す深田恭子。旅行時。他、胸元がざっくりあいたドレスでレストランを出る姿、街でのタイトなスカート全身写真、黒デニム横から写真、愛犬写真も

 昨年の夏、深田は「『ユニクロ』のように、みんなが見てくれるCMの仕事ができてうれしい! 仕事をもっと頑張りたい」と、輝く表情で周囲にそう語っていた。

「女性が憧れる女性として人気を確立していた一方で、セクシー路線のドラマの役どころなどへ不安も感じていた頃に決まったのが『ユニクロ』のCMでした。『自分だからこそ選ばれた』ということが自信になり、いつにも増して前向きになっていたんです。

 でも今年に入り、同じ事務所でプライベートでも仲のいい綾瀬はるかさん(36才)も『ユニクロ』のCMに決定。その上、深田さんにはやはりお色気路線のドラマのオファーが多い。張りつめていた糸がプツっと切れてしまったようです」(深田の知人)

 同じホリプロ所属で日本のトップを走る女優として、深田、綾瀬、石原さとみ(34才)は常に比較されてきた。

「ただ、石原さんは少し距離がある。深田さん、綾瀬さんはデビュー以来同じ敏腕マネジャーの下で育てられ、もう20年です。プライベートでも仲がよく、いいライバルでもあり親友ともいえる」(事務所関係者)

 深田のデビューは1996年。ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝き、芸能界の門をたたいた。1998年に金城武(47才)主演のドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)で、HIVに感染した女子高生を好演すると、翌年には『鬼の棲家』(フジテレビ系)でドラマ初主演を果たす。『天地人』(2009年)、『平清盛』(2012年)とNHK大河ドラマにも出演し、一気に人気女優の地位を固めた。

 深田に遅れること4年、綾瀬も同じくホリプロタレントスカウトキャラバンで芸能界入り。

「デビュー当時はライバルというより、深田さんは綾瀬さんの憧れの先輩でした。とんとん拍子にスターへの階段をのぼった深田さんに対し、綾瀬さんはそうはいかなかった。

 グラビアアイドル的立ち位置で女優の仕事はほとんどない。おまけにストレスで激太りしたため、整形手術のビフォーアフターを公開するバラエティー番組『ビューティー・コロシアム』(フジテレビ系)で、“ダイエットに失敗したら芸能界引退”という企画にも挑戦していた。深田さんはそんな綾瀬さんを頑張っている『妹分』として見ていました」(前出・事務所関係者)

 しかしその後、綾瀬は大活躍を見せる。2004年、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)のヒロインとなり、『白夜行』(2006年・TBS系)、『ホタルノヒカリ』(2007年・日本テレビ系)と話題作が続いた。

「『JIN -仁-』や、木村拓哉さん(48才)主演の『MR. BRAIN』(ともに2009年・TBS系)などの話題作に出演する機会が増え、綾瀬さんの評価はうなぎのぼり。2013年には、大河ドラマ『八重の桜』で主役を演じ、年末の『NHK紅白歌合戦』では紅組司会まで務めました。いまや国民的女優と言っても過言ではありません」(テレビ局関係者)

 年齢も近く、主演を張るトップ女優の2人を比較する声は強まっていった。同じクールでドラマ主演したときには“直接対決”と話題になった。

「2014年10月期のドラマで、結果は綾瀬さんのドラマが視聴率でトリプルスコア近くの差をつけて勝利。その後も、1年に1度ほどのペースで連ドラに出続けた2人ですが、話題作を残す綾瀬さんに比べ、深田さんは作品に恵まれませんでした」(別のテレビ局関係者)

 しかし、深田は比較されても気にする様子は見せず。綾瀬のことを「あやちゃん」と呼んで親交を深めていった。

「深田さんは裏表のない人。つきあいもよく友人も多い。後輩の面倒もよくみるタイプです。あまり友達づきあいが多くない綾瀬さんの数少ない友人で、クリスマスも一緒に過ごすほどの仲です。

 ただ、深田さんに対し心ない評価をする人もいた。深田さんは仕事があれば極力選ばず、全力で取り組みたいという思いでした。あれだけ人気女優でありながら映画『ヤッターマン』のドロンジョ役でボンデージ姿を披露したり、デビュー以来封印していた水着の写真集を30代半ばになってから出したのも自らの意志です。

 でもそんな深田さんに対して、綾瀬さんが事務所の看板女優になったから、深田さんはセクシー路線へと軌道修正するしかなかったなどといううがった見方もありました」(前出・芸能関係者)

 2019年7月、深田主演の『ルパンの娘』(フジテレビ系)は、ボディーラインが露わになる全身タイツの衣装も話題になり、昨年10月に『ルパンの娘2』も放映された。

「ストーリーの面白さもあり、セカンドシーズンが決定したのですが、深田さんは珍しく浮かない顔でした。いつまでみんなが求める“深キョン”をやればいいのか悩んでいたのかもしれません。しかも視聴率もふるわなかった。一方、次クールで放送された綾瀬さんの主演ドラマ『天国と地獄?サイコな2人?』(TBS系)は高視聴率を記録したうえ、新たな綾瀬さんの魅力を引き出す作品だった。

 少し距離があれば違うのかもしれませんが、深田さんにとっていちばん近く、同じチームに所属している女優が綾瀬さん。いろいろな葛藤も感じるでしょう。女子アナではないですが、女優もほんの一部をのぞけば『賞味期限』があるといわれる業界です。40代に差し掛かる女優にとって、この世界でどう生きていくか、38才の深田さんは直面していたのではないでしょうか」(前出・事務所関係者)

 深田は次第に酒量が増えていったという。

「普通じゃない量でした。一緒に飲むと、強いアルコールのお酒をどんどんと空けていく。病院に処方された薬も一緒にのんでいるからか、ろれつがまわらない。人につかまってようやく歩けるときはまだ序の口。前から飲む方でしたが、ここ最近はさらに増えていた」(前出・深田の知人)

 順風満帆に見えた人気女優の心の中は、誰にも覗けなかったということか。また彼女の笑顔が見たい。

※女性セブン2021年6月17日号

あわせて読みたい

「深田恭子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。