記事
  • ロイター
  • 2021年06月02日 12:51 (配信日時 06月02日 12:42)

原油先物は上昇、OPECプラスの方針維持や需要拡大見通しで

[メルボルン 2日 ロイター] - 原油先物はアジア時間2日の取引で上昇。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの主要産油国が協調減産の縮小を6月と7月に慎重に進める方針を維持するとともに、米国の夏休み中に燃料需要が急回復するとの見通しを示したことが背景。

0201GMT(日本時間午前11時01分)時点で米原油先物は0.32ドル(0.5%)高の1バレル=68.05ドル。連休明けの1日には2.1%上昇していた。

北海ブレント先物は0.37ドル(0.5%)高の70.62ドル。オーバーナイトでは一時3月8日以来の高値を付け、1.3%上昇した。

OPECとロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は1日の閣僚級会合で、石油需要が回復する見通しやイランが増産する可能性などを考慮し、協調減産を7月まで段階的に縮小する方針を確認した。

サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相の発言が支援材料。同相は会合後、米国や中国の需要が良好に回復していると指摘。「世界中で新型コロナウイルスワクチンが約18億回分接種されるなど、ワクチン展開が進展しており、これは世界の石油市場のさらなるリバランスにつながるものだ」と述べた。

INGエコノミクスのアナリストはノートで「市場は今年について、より建設的な見通しに注目しているようだ。OPECプラスは9月から年末の間に原油在庫がかなり減少するとみている」と述べた。

原油相場はここ2週間上昇しているが、イラン核合意立て直しに向けた動きを受け、同国に対する制裁が解除され原油需給が緩む可能性が上値を抑えている。

イラン核合意の米国を除く当事国の協議は、西側外交筋によると3日にいったん中断される見通し。イランでは6月18日に大統領選の投票が予定されているが、投票前に協議が再開するかは不透明という。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  4. 4

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  5. 5

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  6. 6

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  9. 9

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  10. 10

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。