記事

「いい作品を作るだけでは世界のトップになれない」西野亮廣が新作『みにくいマルコ』で前代未聞の次なる仕掛け!? - にしのあきひろ

1/2

にしのあきひろの待望の新作絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』が、5月31日に発売となった。
どこよりも早く、新作についてのお話をお聞きした。

いよいよ、今回の絵本で何にチャレンジするか、の話に入る!

(構成:篠原知存 撮影:吉成大輔)

あえて、前作とは真逆の戦略。アートとしての代替不能な作品価値を、高めていく

西野作品は、そういった仕掛けもとても魅力的です。

アートに価値をつけているもののひとつとして、 “みんなが知っている”っていうことがあると思うんです。

歴史的に意味のある絵などもありますが、教科書に載っているとか、シンプルに有名だっていうことは大きい。「モナリザ」とかゴッホの「ひまわり」とか。

その点で、絵本はアートとの相性がいい

一定のレベルを超えた絵本って売れ続けていますよね。ランキング上位に五十年前の絵本が並んでいる。子供が産まれるたびに読まれるから、ずっと新規顧客を取り続けて、認知を増やしている。これってすごいなと思って。それで、アートのような打ち出し方で届けようと考えて、まず文章と絵を分けた

僕自身、実際に国内外で原画展をやって、出口で絵本をおみやげとして売る――というやり方は、結構うまく回っていた。絵本のアートみたいな扱い方はできる。で、もう少し面白いやり方はないかなと考えたのが「NFT」です。

代替できない証票であるNFTは、コピー可能なデジタル作品でもオリジナルを売買できるようになる技術として、アート界で話題です。

本がブックオフとかで転売されるじゃないですか。作品のことを知ってくれる人が増えるので、僕はいいと思います。

ですが、それによって本来二人に売れていたかもしれないものが、一冊しか売れないという面では作者や出版社にとってはうれしくない。

どうすれば転売を前向きに捉えられるかなと考えたら、NFTが一番わかりやすかった。データを転売するとき、たとえば、Aさんが買ったものをBさんに売ったら売価の一〇%が作り手に入るようにプログラミングすれば、転売は作者や出版社にとってうれしいものになる。どんどん転売されるほど売り上げが伸びる。

で、さっきのアートの話になるんですが、そうなっていくと、絵本の認知がどんどん増えていく。歴史が乗っかってくると、価値が上がってくる。

絵のデータを、オンライン上の原画のようなものだと考えれば、価値は上がり続ける。最初は十万円でも、絵本の発行部数が増えてくると、二十万円とか三十万円とかになる。すると持ち主は、どこかのタイミングで売るはずですよね。売った瞬間にお金が入る。

そうしておけば、仮に僕が事故で死んだとしても、この経済活動が止まることはない。売り上げがチームや後輩の活動費に回り続けたら面白いかなと思って。

前作の、著作権フリーの試みとは違うアプローチですね。

逆ですね。「えんとつ町のプペル」は著作権をナァナァにしたんですが、あれは“インターネット前半戦の最終回の打ち手”でした。

あの頃、インターネットが色んなことのシェアを可能にしたことに対して、価値が下がるからいやだっていう声があった。そういう前時代的な考えに対して、シェアしまくって作り手を増やしまくった方がプラスなんじゃないのっていう試みでした。

でも、NFTでネット上のデータの所有権にも限定数を決められるようになった。「このデータの所有者は一人しかない」ということが、ブロックチェーンの技術で可能になった。そうきたら、次はインターネット上でどうやって価値を生んでいくかっていうことの方が面白い。

だから『えんとつ町のプペル』に対して、自ら「いやもうそれって古いよ」っていう(笑)。そういうアンチテーゼですね。

本当は、ちゃんと出版社も一緒に取り組んだ方がいいと思います。作家さんが印税で生きていくってどんどん辛くなってると思うんですよ。単純に人口が減っているので。もっと別のキャッシュポイントを作らないといけない。

今回、NFTでたぶん三点ぐらい絵を売ることになると思うんですけど、金額としては、印税より大きくなると思います。僕は一円もいただかないで、会社の活動費か寄付に回すと決めています。基本、死ぬ前提なので(笑)。もちろん本の宣伝になればいいですし。

西野作品はいつもビジネスとクリエイティビティが連動しています。

これまでに錚々たる表現者の方が数々の名作を生み出してきたじゃないですか。それで図らずも証明されたのは、作品の力では世界は変わらないということ。

言い方を変えると、作品の力で世界が変わる仕組みになっていない。いい作品を作るだけでは世界のトップになれない

それはそうなんですよ。ルールを作っている人からすると、逆転されたら具合が悪い。いい作品ができたら自分にどんどん取り分が入るようにするのはプラットフォーマーとして当たり前の話です。

なので、世界をひっくり返そうと思ったら、基本的には仕組みから作っていくしかない。印税で生活していく仕組みでは、トップには絶対にたどり着かない。

絵本でどうやって利益を作るのか、なんのために絵本があるのか、そういうことからひとつずつ問い続けていかないといけないんです。

あわせて読みたい

「西野亮廣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。