記事

田村正和さん『古畑』再ブームでも再放送できない“意外な傑作回”

『古畑』シリーズの再放送できない回とは(時事通信フォト)

 再放送では異例の数字となった。4月3日に心不全で亡くなった田村正和さん(享年77)の追悼特番として放送された『古畑任三郎ファイナル~ラスト・ダンス~』(5月21日フジテレビ系)が、平均世帯視聴率13.4%を記録。

〈いまだに色褪せない〉〈あらためて全話見直したくなった〉など、放送後はSNSに興奮の声が溢れた。

 フジ系列の関西テレビでは5月24日からシリーズ第3弾の再放送がスタートしたが、局側が頭を悩ませているのが「再放送できない回」があることだという。

「SMAPが犯人役を演じた2時間スペシャル『古畑任三郎 vs SMAP』(1999年)がそのひとつ。グループが解散したいま、再放送の許可を取るのが困難で、幻の回となっています」(フジテレビ関係者)

 意外なところでは風間杜夫が犯人役を演じた『間違われた男』(1996年)だ。

「犯人が殺した被害者に“なりすます”一風変わった物語です。シリーズ通して唯一全編コメディタッチで描かれた回で、古畑ファンの間では“隠れた傑作”と高い評価を受けています。

 ネックになったのは、劇中でアニメ『サザエさん』のオープニング映像が流れること。原作者の長谷川町子さんが亡くなったこともあり、権利関係上再放送の許諾を取るのが難しいんです。『サザエさん』のオープニングは古畑の推理の重要なカギなので、カットするわけにもいかず、再放送を見送っています」(同前)

 フジテレビの動画配信サービス『FOD』のホームページ上でも、この回は〈権利上の都合により配信はございません〉と記載されている。

 天才警部補でも解決できない難題があった。

※週刊ポスト2021年6月11日号

あわせて読みたい

「田村正和」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  4. 4

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  10. 10

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。