記事
  • ロイター
  • 2021年06月02日 06:10 (配信日時 06月02日 06:08)

FF金利、月末要因で0.05%に低下 回復すればFRB対応の公算小


[シカゴ 1日 ロイター] - 5月31日の米フェデラル・ファンド実効金利(EFFR)が0.06%から0.05%に低下し、2020年4月に付けた過去最低の0.04%に近づいた。ただ、低水準にとどまらない限り、米連邦準備理事会(FRB)が対応する可能性は低いとみられている。

EFFRは東部時間で翌日の午前9時に発表される。EFFRは4月下旬に0.05%に低下した後、5月上旬には0.06%に上昇し、28日まで同水準を維持していた。

TDセキュリティーズの米金利シニアストラテジスト、ジェナディティー・ゴールドバーグ氏は、今回の低下は月末要因とした上で、「月末を過ぎても0.05%が続くようであれば、FRBは6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で超過準備に適用する付利金利(IOER)と翌日物リバースレポ金利(RRP)を引き上げる可能性がある。ただ、0.06%に再び上昇すれば、FRBはまだ引き上げを検討しないだろう」と述べた。

IOERは現在0.10%、RRPは0%となっている。両金利は主要政策金利のFF金利を誘導目標のレンジ内に抑えるのを助けている。次回のFOMCは6月15─16日に開催される。

また、過剰な資金供給による短期金利への圧力を指摘する声もある。ウェルズ・ファーゴのマクロストラテジスト、ザカリー・グリフィス氏は、FRBによる月間1200億ドルの資産買い入れなどにより、資金が積み上がり、「短期債利回りに広く下方圧力をかけている」と述べた。

FRBが短期金融市場における資金吸収のための調節手段としているリバースレポ・ファシリティーの取引額は27日、過去最高の4850億ドルを記録した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  6. 6

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  7. 7

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  8. 8

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    早すぎた緊急事態宣言の解除 7月半ばに再び赤信号が点灯する予感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月21日 12:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。