記事

中国当局、虚偽広告などで教育関係15社に罰金

[北京 1日 ロイター] - 人民日報は1日、中国当局が塾や学習アプリなどを運営する教育関係の15社に合計で3650万元(573万ドル)の罰金を科したと報じた。虚偽広告などが理由。当局の会見によると、対象となったのは騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が出資する猿輔導(Yuanfudao)、アリババ傘下のZuoyebang(作業幇)、新東方教育科技など15社。中国では出生率低下を巡る懸...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。