記事

「義理で来られるのは嫌」橋田壽賀子さんも選んだ葬式をしない逝き方

終活ノートに葬式や偲ぶ会もしないと望みを記していた橋田さん

 最期の瞬間をどう迎えるか。コロナ禍となり、大切な人の最期を看取ることが難しくなり、その意識が大きく変わりつつある。「自分らしく逝くこと」にこだわった人から学ぶ、コロナ時代の新作法もあるかもしれない。

【写真】自宅でトレーニングに励む橋田壽賀子さん。バランスボールに乗って運動する生前の姿

 盛大な葬儀やお別れ会を避けることも、新たな作法となりつつある。在宅医療にかかわる長尾クリニック院長の長尾和宏医師はこう語る。

「葬儀を知らせると、『呼ばれたからには行かないと』という気持ちになります。ですが、東京や大阪といった新型コロナの感染が蔓延している地域で行おうとすると、地方に住んでいる人は参列に葛藤が生じる。

 そうした混乱を避ける賢明な方法は、家族葬をすることです。コロナ禍の家族葬なら『なぜ呼ばなかったのか』と知人らが疑問を抱く可能性も少ない。実際に私が最近看取ったかたがたも、生前の交友関係や社会的地位などにかかわらず、ほぼ全員が家族葬を選びました」

 今年4月に急性リンパ腫で逝去した脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)は、「葬式や偲ぶ会はせず、死んだことを誰にも知らせないでほしい」と終活ノートに記していたという。橋田さんが83才のときから12年間パーソナルトレーナーを務めた八代直也さんが語る。

「橋田先生からは、『私が死んだらあなたに取材が来るだろうから、そのときに伝えることをまとめておきなさい』と言われていました。

 先生は『生まれたときもひとり、死ぬときもひとり』が口癖で、『告別式やお別れの会を開くと、義理で来る人もいるかもしれない。それは嫌。悲しいと思ってくれる人は心の中で見送ってくれればいい』とも仰っていた。その一方で自分が死んだ後に周りが困らないように遺言書を書き、それを定期的に見直していました」

 死の準備を重ねた橋田さんが最期を迎えたのは、静岡県熱海市にある自宅だった。

「ママ! ママ!」

 傍らで寄り添う泉ピン子(73才)がそう声をかけると、橋田さんは少しだけ目を開き、それからゆっくり旅立ったという。

 生涯にわたる「盟友」であるテレビプロデューサーの石井ふく子さん(94才)が振り返る。

「橋田先生が終活の話をするたびに、私は『そんな話やめて』と怒ったものです。そんななかで最後に橋田先生は、『どうしても自宅に戻りたい』と熱海の病院から自宅に帰り、一晩過ごしてから亡くなりました。本人の強い希望でしたし、周りは自宅に戻った時点で覚悟を決めていました」

 自宅に戻ったからこそ、実の娘のように慕った泉らが見守るなか、天寿をまっとうできたのだ。

 コロナ禍において橋田さんのようなケースは、一般家庭でも増えている。昨年11月、脳梗塞で富山県内の病院に入院していた男性(89才)が、兵庫県尼崎市に住む娘(63才)の自宅に引き取られた。コロナ禍で病院での見舞いができなくなり、娘が「最期は一緒に過ごしたい」と願ったのだ。

 特急列車で2時間半かけて娘の家まで移動すると、入院中は何も食べられなかった男性が食事を口にして、満足そうに微笑んだ。移動後にすぐ亡くなると思われた男性は2か月ほど生き長らえ、家族に見送られて旅立った。男性の在宅医療を担当した長尾さんが振り返る。

「この男性のように、家に戻ったら食事ができるようになり、満足して亡くなるかたは本当に多いで す。橋田さんも亡くなる前に自宅に戻りましたが、人生90年生きようが、最期の一日でも自宅に戻って満足して亡くなることが大事です。しかもいまはコロナで病院では面会すらできず、自宅に連れて帰って看取る件数が増えている。私のクリニックでもここ1年で2割ほど、自宅での死を選ぶかたが増えました」

 家族と同居していなくても、自宅で死ぬのが望ましい。

「ひとり暮らしには『孤独死』のイメージがあるが、必ずしもそうとは限りません」

 こう指摘するのは、『うらやましい孤独死』(フォレスト出版)の著者で医師・医療経済ジャーナリストの森田洋之さんだ。

 森田さんの知る北海道在住の80代男性はずっとひとり暮らしだったが、亡くなる直前まで大好きだった酒を飲み、近所に住む友人と楽しく語り合っていた。

 男性は自宅で急逝し、3日後に遺体で発見されたが、地域の人々は「うらやましい死に方だ」と口々に言った。

「配偶者が亡くなったり未婚だったりして、高齢になってひとり暮らしをする可能性は誰にでもありま すが、寂しい孤独死を迎えるとは限りません。むしろ病院や施設に入居した方が食事や行動を制限され、心身ともに衰え苦しんで死ぬケースが多い。ましてやいまはコロナで誰とも面会できず、ストレスがたまりやすくなっています」(森田さん)

※女性セブン2021年6月10日号

あわせて読みたい

「橋田壽賀子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。