記事

医療用大麻解禁へ 「モルヒネ以上の鎮痛性があり安全」との臨床例も

医療用大麻をどう見る?(写真はイメージ/共同通信社)

〈大麻草を原料にした医薬品 国内での使用解禁へ 厚生労働省〉──5月14日朝、NHKのニュースで、日本でも大麻由来の医薬品の使用が“解禁”されることが伝えられた。

【写真】入院ベッドで左腕を握られる高齢男性(イメージ)

 同日の厚労省「大麻等の薬物対策のあり方検討会」では、従来の規制を見直すとりまとめ案が提示された。

「現在、米国など諸外国では末期がん患者の緩和ケアや難治性のてんかん治療のため、大麻草を原料にした医薬品の使用を認めています。日本では大麻取締法で禁止されていましたが、今回の見直し案により、医療現場での使用が認められる方向です」(全国紙社会部記者)

 これまで日本の緩和ケアの現場では主にモルヒネが使用されてきた。今回、解禁へと舵を切った背景には世界的な潮流がある。『真面目にマリファナの話をしよう』(文藝春秋刊)の著者でジャーナリストの佐久間裕美子氏が指摘する。

「世界で緩和ケアの概念が生まれたのが1980年代中頃で、日本でモルヒネの使用が認められたのは1989年。大麻は“後発”で、成分であるデルタ・ナイン・テトラヒドロカンナビノール(THC)とカンナビジオール(CBD)に医療効果があることが認められたのは1990年代以降です。

 1996年に米カリフォルニア州で初めて医療用大麻が解禁され、それ以降現在までにがんの緩和ケアのほか、多発性硬化症やアルツハイマー病、糖尿病など様々な病気に対する効果が明らかになった。国立がんセンターが米国の臨床例を調べたところ、医療用大麻にはモルヒネ以上の鎮痛性があり、安全性も高いという結果が出た」

 昨年12月には、国連にも動きがあった。

 医療用大麻の研究や啓発活動を行なう「GREEN ZONE JAPAN」代表で内科医の正高佑志氏が語る。

「国連麻薬委員会は、大麻を国際条約が定める“最も危険な薬物分類”のリストから外し、医療的価値があることを認めました。この決定が大きなインパクトとなり、日本でも解禁の流れができました」

※週刊ポスト2021年6月11日号

あわせて読みたい

「大麻」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  4. 4

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  5. 5

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  6. 6

    調布の地上被害は「陥没・空洞」だけではない リニア大深度工事への波及は必至

    郷原信郎

    06月17日 09:49

  7. 7

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  8. 8

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  9. 9

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

  10. 10

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。