記事
  • ロイター
  • 2021年05月31日 14:51 (配信日時 05月31日 14:46)

英イングランドのコロナ制限措置解除はデータ見極め判断=担当相


[ロンドン 30日 ロイター] - 英ワクチン担当相のザハウィ氏は30日の英BBC放送に対し、英イングランド地域でのコロナ感染対策の制限措置を6月21日に全面解除できるかどうかは、感染や入院やワクチン接種進展や死亡率のほか、変異株の状況についてのデータを評価してから判断すると表明した。

来月14日にそうしたデータの状況を国民に説明するとした上で、「われわれは慎重にならなければならない」と強調した。

英国では感染レベルや入院、死亡率の低下に伴い、イングランドやスコットランド、ウェールズ、北アイルランドで制限措置が段階的に緩和されてきている。

しかし、ジョンソン首相は今月25日、インドで最初に見つかった変異型の英国での流行が全面解除を遅らせる可能性があると指摘。「現在のデータで、解除の行程が狂うことを示唆するものは何も見受けられないが、われわれは待つ必要はあるかもしれない」と述べた。

英国でのインド型感染は直近で7000人近くに達し、1週間前から2倍になっている。ハンコック保健相は、同国の新規感染の最大4分の3がインド型になっていると指摘している。

ワクチン接種がインド型感染による入院や死亡を防ぐのに有効なことを示す科学的証拠も増えている。ただ、英公衆衛生の専門家トップは、入院率がそれほど急激に増えているわけではないとする一方で、現状で病院の医療態勢の圧迫は「信じ難い」状態にあるとも警告している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  8. 8

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。