記事

ナイキ、ネイマール選手との契約解消は「性暴力疑惑で調査拒んだため」

ネイマール選手 - EPA

米スポーツ用品大手のナイキは、サッカーのブラジル代表ネイマール選手との契約を昨年打ち切ったのは、同社従業員が性的暴行を受けたと訴え出たのに対し、同選手が「良心に基づく調査に応じることを拒んだ」ためだったと明らかにした。

ナイキが27日に出した声明によると、従業員は2016年に被害に遭ったと、2018年に同社に報告した。調査が実施され、まだ最終結論は出ていないという。

ナイキは昨年8月、ネイマール選手とスポンサー契約を打ち切った。当時、理由は明らかにしなかった。

ネイマール選手の広報担当は、同選手が性的暴行の疑いを否定していると説明。ナイキとの契約を昨年解消したのはビジネス上の理由だったと、今回の問題を最初に報じた米紙ウォール・ストリート・ジャーナルに話した

「ネイマール・ジュニアはこうした根拠のない攻撃に対して精力的に自分を守る。仮に訴えが出されたらの話であり、これまでそういうことはなかった」

<関連記事>

「調査への協力を拒まれた」

ナイキは27日の声明で、「証拠能力のある事実を示さずにナイキが告発の声明を出すのは、不適切と思える」とした。

しかし同時に、「従業員から不正行為の被害に遭ったとの信用できる訴えがあり、良心に基づく調査を開始したが、協力を拒まれたため、ナイキは当該選手との関係を終了させた」と明らかにした。

ナイキによると、2018年に被害の訴えが出された当時、同社は調査を回避し、秘密にしようと考えた。しかし翌年、被害を訴え出た女性の希望を受け、独立調査を委託したという。

被害者とされる人物の氏名は明らかにされていない。ナイキは「従業員に関する情報の守秘義務を重視している。彼女にとって長くつらい経験となっていることを認識している」とした。

ネイマール選手は現在、フランスのパリ・サンジェルマンに所属している。

2019年には強姦容疑が浮上したが、のちに捜査は打ち切られた

(英語記事 Nike and Neymar split amid sex assault probe

あわせて読みたい

「ナイキ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  7. 7

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  8. 8

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  9. 9

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  10. 10

    G7:バイデン大統領が主導、一帯一路に対抗する「B3W」で合意

    My Big Apple NY

    06月14日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。