記事

大坂選手、全仏オープン失格の恐れも 1回戦勝利後に記者会見を拒否

1/2

ケイティ・フォーキンガム、BBCスポーツ

テニスの全仏オープンが30日開幕し、第2シードの大坂なおみ(23)が1回戦で勝利した。試合後、事前の宣言どおり記者会見には臨まなかったため、主催者側は大坂に罰金を科すとともに、引き続き会見に応じない場合は4大大会(グランドスラム)への出場を認めない可能性もあると警告した。

女子世界ランキング2位の大坂は、同63位のパトリチア・マリア・ツィグ(ルーマニア)を6-4、7-6(7-4)のストレートで下した。

大坂は26日、メンタルヘルス(心の健康)を守りたいとして、全仏オープンでは記者会見に出席しないと表明していた。

この日は試合後、慣例となっているコート上での勝者インタビューに応じた。大坂は「クレーでの動きを改善中だ。これから試合を重ねていけば、よくなっていくと思う」と述べた。

しかし、会見場での取材は受けなかったため、1万5000ドル(約165万円)の罰金が科された。

4大大会の規則では、選手が規定のメディア取材に応じない場合、2万ドル(約220万円)の罰金が科されうる。女子テニス協会(WTA)は、選手には「テニスとファンに対する責任がある」とし、大会中にメディアと話をするよう求めている。

<関連記事>

4大大会の主催者は共同で声明を発表。大坂に対し、「より多額の罰金や今後のグランドスラムへの出場停止」の処分を受けることになるとしている。

大坂は30日の遅い時間に、ツイッターで、「怒りは理解が足りないことだ。変化は人々を落ち着かなくさせる」と心境を述べた。

4大大会側の主張

4大大会の主催者は声明で、大坂が26日に記者会見ボイコットの声明を出した後、全仏オープンの主催者が大坂に再考を求めるとともに、大坂の健康状態について確認しようとしたが、うまくいかなかったと説明。

大坂が4大大会の主催者と関わろうとしなかったため、彼女に対して支援の提供を呼びかけると同時に、「彼女の義務を指摘する」内容の文書を送ったとした。

また、「4大大会規則の核となる要素として、選手は試合結果に関わらずメディア取材に応じる責任があるということがある。この責任はテニス、ファン、選手自身のためのものだ」とした。

さらに、「大坂なおみには、今大会中にメディア取材の義務を無視し続ければ、行動規範へのさらなる違反に問われる可能性があると通告した」と説明。

「違反が繰り返されれば、大会への出場を認めないなど制裁が強まり、より多額の罰金や今後のグランドスラムへの出場停止につながる、本格的な調査を招くことが考えられる」とし、規則は「全選手が完全に同じ扱いを受けることを保証する」ために存在すると主張した。

あわせて読みたい

「大坂なおみ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  6. 6

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  7. 7

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  10. 10

    日本に必要な国産ワクチン 「掛け捨て」で次の危機に備えよ

    WEDGE Infinity

    06月21日 15:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。