記事
  • ロイター
  • 2021年05月31日 09:20 (配信日時 05月31日 10:57)

訂正(発表者側の申し出)小売販売、4月は前年の反動で12.0%増 前月比は4.5%減で判断下げ

(経済産業省の申し出により、本文4段落目の「24.0%減」を「24.9%減」に訂正します。)

[東京 31日 ロイター] - 経済産業省が31日に発表した4月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比12.0%増となった。昨年の緊急事態宣言の影響で大きく落ち込んでいた前年の反動が表れた。ただ、ロイターの事前調査による予測中央値15.3%増は下回った。今年も3回目の緊急事態宣言の影響が表れており、季節調整済み前月比は4.5%減だった。

コロナ禍前の2019年4月との比較では3.7%減少しており、「水準は低い」と経産省ではみている。このため基調判断も従来の「持ち直し」から「横ばい傾向」に引き下げた。

業種別では織物・衣服が前年比63.7%増、百貨店などの各種商品が同43.6%増、自動車が同27.2%増、機械器具が同24.2%増。

もっとも、19年4月との比較では、織物・衣服が24.9%減(訂正)、各種商品が18.0%減、自動車が2.9%減となっている。

業態別では、前年比で百貨店が2.5倍、家電量販店が14.2%増、コンビニが8.2%増、ホームセンターが1.6%増となった。

一方、ドラッグストアは2.8%減、スーパーは0.2%減だった。

19年4月との比較では百貨店は約3割減、コンビニは3.3%減、スーパーは3.1%増などとなっている。

*経産省の発表資料は以下のURLでご覧になれます。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syoudou/index.html [http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syoudou/index.html]

※小売業販売額に関連する過去の記事は[JPRSLS=ECI]をダブルクリックしてご覧下さい。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  6. 6

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  7. 7

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  8. 8

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  9. 9

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  10. 10

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。