記事

「急がない」から一転…米FRBがデジタルドル開発に本腰を入れる背景

1/2

開発へ研究が進んでいる

足許で、ビットコインなどのデジタル通貨の価格が乱高下している。テスラのイーロン・マスクなどの発言で、注目を集めたビットコインは中国当局の監督強化などのニュースで価格が大きく変動しており、多額の損失を被った投資家も出ているようだ。

一方、5月20日、米国の中央銀行である連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、今夏に中央銀行が発行し、管理するデジタル通貨〔中央銀行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)〕に関する報告書を公表すると表明した。過去のパウエル議長の発言と比較すると、“デジタルドル”の発行に向けFRBの取り組みは変化している可能性がある。

2020年12月1日、ワシントンDCのキャピトル・ヒルで開催された「The Quarterly CARES Act Report to Congress」に関する米上院銀行・住宅・都市問題委員会の公聴会で発言する米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長
2020年12月1日、ワシントンDCのキャピトル・ヒルで開催された「The Quarterly CARES Act Report to Congress」に関する米上院銀行・住宅・都市問題委員会の公聴会で発言する米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長 - 写真=CNP/時事通信フォト

そう考える背景には複数の要因がある。中央銀行にとってデジタル通貨は、金融システムの安定性や、社会と経済運営の効率性の向上に重要な役割を果たすと考えられる。他方で、デジタルドルの発行によって銀行の店舗が減り雇用機会が減少するといったマイナスの影響もあるだろう。海外中銀はデジタル通貨の実証研究などを進めており、FRBにとってもデジタルドルの研究を進める重要性は高まっている。

やや長めの目線で今後の展開を考えると、FRBによるデジタルドル研究は、主要先進国など世界の中央銀行が取り組むCBDC研究などに相応の影響を与えるだろう。足許、わが国では、日本銀行が中央銀行デジタル通貨の実証実験に取り組んでいる。今後、そうした取り組みは強化されていくだろう。

慎重姿勢から一転した背景

2021年3月にパウエル議長は「米国が、世界で最も早くCBDCを投入する必要はない」と述べた。その時点でFRBは、デジタルドルの発行に関して慎重、あるいは急ぐ必要はないと考えていたようだ。

なお、デジタルドルとは中央銀行デジタル通貨の一つであり、米国の法定通貨であるドルを電子化したマネーを言う。デジタルドルの価値は一定であり、価値の尺度、交換や決済の手段、価値の保存の機能を持つ。中央銀行デジタル通貨は国内のどこでも利用できる。

5月20日、パウエル議長はデジタルドルに関する報告書の公表予定に加えて、決済、金融包摂、データのプライバシー、情報セキュリティなどに関するパブリックコメントも募集すると発表した。その内容は3月よりも具体的だ。一つの見方として、FRBはデジタルドルに関する研究などをより重視するようになったと考えられる。

その背景の一つに、経済と社会運営の効率性を高める考えがあるだろう。例えば、現金の利用には、保管場所や輸送手段の確保、偽造防止のための対策、金融機関の店舗やATM運営などのコストが発生する。中央銀行デジタル通貨の利用によって、運搬や機器の運営などのコストは低減するだろう。それらはデジタルドルのメリットといえる。

クレカの利用減、サイバー攻撃のリスクも

その一方で、デジタルドルは、経済にデメリットを与える可能性もある。デジタルドルが実用化されると決済の期間は短縮化され、リアルタイムで決済を行うケースが増えるだろう。それは、クレジットカードの利用機会の減少につながり、大手のカード会社の収益の減少要因になるかもしれない。サイバー攻撃が金融システムに与える影響も増大する恐れがある。

このように、デジタルドルをはじめとするCBDCには、メリットとデメリットの両面がある。そうした変化に米国経済と社会全体が対応するためには、入念な準備が欠かせない。FRBは状況に応じてデジタルドルの実用化を目指すことができるよう、十分な助走期間を確保するために研究や実務家との意見交換を推進しようと考えているようだ。

デジタル人民元を急ぐ中国の存在

また、FRBにとってデジタルドルの研究は、“基軸通貨”としてのドルの地位の維持にも重要と考えられる。どの通貨が基軸通貨に選ばれるかは、世界全体での人気投票による。現在、世界の多くの投資や貿易などの決済がドルで行われているのは、多くの国が米ドルを信認していることの裏返しといえる。

デジタルな背景にビットコイン
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/jpgfactory

ドルの信認を支える要素として、世界の政治、経済、安全保障のリーダー(覇権国)としての米国の地位は大きい。現時点で考えると、短期間で基軸通貨としての米ドルの地位が不安定になる展開は想定しづらい。

あわせて読みたい

「世界経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  3. 3

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  4. 4

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  9. 9

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  10. 10

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。