記事
  • SmartFLASH
  • 2021年05月31日 15:12 (配信日時 05月31日 06:00)

樺沢紫苑の「読む!エナジードリンク」日本人が凶暴化してきた脳科学的な理由とは

脳の暴走を抑える4つの方法

■凶暴化する日本人

 競泳女子の池江璃花子選手に対し、五輪出場辞退を迫るなどの誹謗中傷に近いコメントがSNS上へ多数寄せられているといいます。コロナ禍で白血病を克服し、東京五輪代表入りを決めた池江選手の気持ちを思うと、心が痛むと同時に怒りを禁じ得ません。

 そもそも当たり前のことですが、一選手の言動で、オリンピックが中止になることはありません。実際、聖火リレーでは、影響力があるとされる芸能人や著名人でランナーを辞退する人が続出していますが、リレー自体は依然として続いています。

 五輪は中止するべきーー。その攻撃の矛先を、代表選手個人に向ける発想はいったいどこから来るのでしょうか。

 このことに限らず、コロナ禍に突入してから、ルールを守らない人を過剰に攻撃する「自粛警察」「マスク警察」の出現、不祥事を起こした芸能人や政治家への過剰なバッシングなど、日本人が攻撃的になり、凶暴化してきているように思います。

 そして、それが最近、ピークに達している感があります。

「凶暴化する日本人」。一見、原因不明の社会現象も、脳科学的に見ると原因ははっきりしています。それをひと言で表わせば「脳疲労」「扁桃体の興奮」、つまり「コロナ禍でのストレスが限界に達している」ということです。

■「闘う」か「逃げる」か

「不安」や「恐怖」の状態にあるとき、ヒトの脳内では「扁桃体」(脳の奥にあるアーモンド形の器官)が興奮しています。扁桃体には「危険の警報装置」としての役割があります。

 太古の昔、ヒトは猛獣に出くわしたときに、危険を察知して、0.1秒に満たない速さで、「闘う」か「逃げる」かの判断を下していました。このとき、人の脳内ではノルアドレナリンというホルモンが分泌されて、「不安」な気持ちになったり、「恐怖」を感じたりします。

 そして、このノルアドレナリンは、「闘う」か「逃げる」かの判断を私たちの脳に迫ってきます。つまり、扁桃体が興奮した状態では、「何もせずに様子を見る」ということはできないのです。

■慢性化したコロナストレス

 言うまでもなく、私たちは今「新型コロナウイルス」という恐怖に直面しています。つまり、扁桃体は興奮し、「不安」や「恐怖」に包まれた状態で、毎日生活しているのです。

 平常時には、扁桃体はOFFの状態になっています。ひとたびストレスにさらされるとONの状態になり、それが慢性化したら、扁桃体の興奮状態がずっと続いて、OFFにならなくなります。

 扁桃体がONの状態とは、わかりやすく言うと「火災警報器」が鳴っている状態です。24時間、警報器が鳴り続けるとどうなるでしょうか? 心も体も疲れ果てる。つまり、「脳疲労」の状態に陥るのです。

「慢性的なストレス」状態に陥った場合、2~3カ月が我慢できるひとつの目安となります。コロナの不安というのは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で集団感染が発覚した昨年の2月初旬ごろから日本でも広がりはじめ、もうすぐ1年半になろうとしています。

 2~3カ月をはるかに超える長さですから、多くの人たちが「脳疲労」や「うつ病」の前段階へと追いつめられていても不思議ではありません。それが、「日本人の凶暴化」の原因になっているのではないかと考えます。

ストレスを発散しよう

■他人を責める人は「脳疲労」状態

「闘う」か「逃げる」か。コロナ禍での「闘う」を別の言葉で言い換えると、「他人を責める」「他人の悪口を言う」「怒りっぽくなる」「キレやすくなる」などの他責行動です。これらの他責行動は、うつ病などのメンタル疾患の初期にも、非常によく観察されます。

 たとえば「自分が病気になったのは、会社のせいだ!」と息巻いていた患者さんも、治療が進めば元の温厚な性格に戻ります。つまり、人間はストレスに追いつめられて、扁桃体がONの状態になってしまうと、もともと温厚だった人も攻撃的になるのです。

 あるオリンピック開催に関するネット調査では、「東京オリンピック中止」の意見の人が80%に達したといいます。これは、扁桃体の興奮による「逃げる」の表われかもしれません。

「待つ」「様子を見る」ということができなくなり、今すぐ「結論」「結果」を出したくなる。すぐに白黒をつけないと気がすまない「0−100(ゼロヒャク)思考」が強まった結果であるともいえるでしょう。

■扁桃体の興奮を鎮める方法

 扁桃体の興奮が持続すると、ストレスホルモンのコルチゾールの分泌量が上昇し、メンタルや身体的な不調を引き起こして、「うつ病」の原因になります。衝動性が強まり、最悪の場合は「自殺」の可能性も高まります。そういう事態を防ぐためにも、ここで扁桃体の興奮を鎮めて、脳の暴走を抑える方法を4つ紹介しましょう。

(1)言語情報を出入力する

 脳に言語情報が出入力されると、理性・理論・思考の中枢である前頭前野が、扁桃体の興奮を抑制します。出入力とは、具体的には「安心できる情報を知る」「悩みや心配を人に話す(ガス抜き)」「不安や怒りを紙に書き出す」「日記をつける」などの行為です。

 つまり、「知る」「話す」「書く」など言語的なインプット&アウトプットによって、脳は「安心」に向かっていくのです。

(2)オキシトシンを増やす行動をとる

 愛とつながりのホルモンであるオキシトシンが分泌されると、扁桃体は鎮静します。オキシトシンには、非常に強いリラックス効果、やすらぎ・癒やしの効果があるからです。

 オキシトシンを出すためには、夫婦・親子・パートナーなど親しい人とのコミュニケーション・スキンシップ・楽しい会話、ペットとの交流、親切行為・他者貢献・ボランティア活動などが有効です。誰かに接して癒やされる。そんなときに、オキシトシンが分泌されます。

 コロナ禍においては、人と接することが制限されていますので、オキシトシン不足の人が増えていることが考えられます。オンラインでもいいので、人と積極的にコミュニケーションを図るようにしましょう。

(3)リラックスする時間を持つ

「扁桃体の興奮」とは、言い換えると「脳の興奮」「戦闘モードの脳」です。なかでもスマホいじりやゲームなどの視覚系の娯楽は、脳を興奮させ、戦闘モードに切り替えます。

 のんびりとリラックスした状態になれば、戦闘モードは解除されます。たとえば、ゆっくりお風呂につかる、あるいは、何もしないでボーッとするのもいいでしょう。

 たとえば「昼休みに公園のベンチに座ってボーッとする」など、一日のうちに10分間でも「のんびり」「ゆっくり」する時間を持ちたいものです。

(4) 睡眠・運動・朝散歩

 睡眠不足の状態では、扁桃体はより興奮しやすくなります。扁桃体が興奮するとぐっすり眠れないので、さらに脳が疲労するというサイクルを繰り返します。この悪循環に陥らないよう、7時間以上の睡眠をしっかりとることです。

 また、運動はコルチゾールの分泌量を低下させます。つまり、運動によって扁桃体が引き起こすストレス反応を減じることができるのです。

 簡単にできる運動ということで、私がおすすめしているのが「朝散歩」。朝起きてから1時間以内に、5~15分程度、太陽の光を浴びながら散歩することによって、脳内物質・セロトニンの分泌が活性化されます。

 セロトニンは「脳の指揮者」と呼ばれるように、ノルアドレナリンやドーパミンなどのほかの脳内物質の分泌量を調整しており、ノルアドレナリンの分泌量を低下させ、不安を減じるのです。

 不安を減らし、リラックスした毎日を送ってください。

かばさわ・しおん
樺沢心理学研究所代表。1965年、北海道札幌市生まれ。札幌医科大学医学部卒。YouTubeチャンネル「樺沢紫苑の樺チャンネル」やメルマガで、累計50万人以上に精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝える、「日本一アウトプットする精神科医」として活動

写真・福田ヨシツグ イラスト・浜本ひろし

(週刊FLASH 2021年6月8日号)

あわせて読みたい

「脳科学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  3. 3

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  9. 9

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  10. 10

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。