記事

昨年のバッシングを戦い抜いたパチンコ店幹部がいま語る経営哲学

1/2
3回目の緊急事態宣言では、一律で休業する形はとらない業種が増えた(イメージ、AFP=時事)

 COVID-19という新型コロナウイルスによる感染症の拡大を防ぐために、様々なことを辛抱しなければならない生活も一年を超えた。その間、人々は「敵」を次々と認定し攻撃してきた。俳人で著作家の日野百草氏が、一年前にもっとも糾弾されていた業界のひとつであるパチンコ店幹部に、乗り越えたいまだからこそ言えることを聞いた。

【写真】一年前はパチンコ店が悪役だった

 * * *
「いいなりになったらやられるんです。関係ない人の言いなりになっても、なにもいいことはない」

 関東近郊、地場のパチンコ店幹部である西口真二さん(仮名・48歳)はマスク越しに笑みをのぞかせた。マスクでくぐもっていても、その声は相変わらずの自信に満ちている。

「去年の今ごろとずいぶん風向きは変わりました。私たちの努力と、支持してくださるファンのおかげです」

 日曜日の千葉県柏市、柏駅はコロナ禍にあっても賑わいをみせていた。東京東部の住宅街、綾瀬駅や亀有駅、金町駅から乗った乗客が多数、この柏駅や途中の松戸駅に降りるところをみると、緊急事態宣言下の都内を避けて千葉に買い物に来た都民も多いのだろう。西口真二さんは筆者の高校時代の友人、学校は違うが、この柏駅近くの地下ゲームセンター街、通称”丸チカ”に集った古きゲーム仲間だ。

「あのとき(2020年の緊急事態宣言)ほどではありませんが、足立区や品川区といったナンバーもいます」

 緊急事態宣言、2020年とは違い2021年のいま、都内のホールのほとんどは営業している。1000平米超の大型施設に対する休業依頼だが、百貨店や映画館はその範疇になくとも休業、もしくは規模縮小の上で営業している。西口さんの地域は緊急事態宣言下にないため都内のホールのような時短もしていない。関東各県は特定の市に対してまん延防止等重点措置の対象地域に指定しているが、あくまで要請でありコロナ対策の徹底には従っても私権に及ぶことまで言うことを聞く義理もない。協力金もはした金、パチンコホールのように特定の顧客に支えられたアミューズメント施設なら通常営業したほうがよっぽどいい。

「そうです。お客様が来ないなら休みますが、支持してくれるお客様が来てくれるわけですから、ファンのためにも休めないわけです。お客様だけを大事にする姿勢は変わりません。それでいいんです」

 特定顧客に支えられている業界は強い。気に入らないからと外野がパチンコ離れだ、オワコンだと喧伝しても20兆円産業であることは変わらない(レジャー白書2020)。観光業界の倍近く、公営ギャンブルの倍以上の市場規模であり、余暇産業の市場規模における日本一の業界がパチンコ・パチスロ産業だ。少子化や娯楽の多様化、規制の強化などで業界の将来性が不明瞭なのは事実で、最近はコロナより旧規則機問題のほうが痛く、西口さんによれば茨城県の県遊協など揉めにもめたらしいが、この辺の業界話は本旨でないため割愛する。

「何でもかんでもいいなりになってはいけないんです。協力はしますが、いいなりにはならない。自分たちの身は自分たちで守るというのは商売の鉄則です。パチンコ批判をしている人も、自分の食い扶持は守るでしょう。そもそも、彼らの言うことを聞くメリットもありません」

上は言うこと聞く相手にしか言ってこない

 個人的な話としてのエクスキューズはついているが、西口さんの主張は一貫している。仕事として、顧客だけを向く。客商売というのは因果なもので、つい「これからお客になってくれれば」という気持ちで誰にもいい顔をしてしまうが、高級店や専門店、娯楽に関しては既存客を大事にしたほうが良い。それで駄目なら、ジャンルにおける歴史上ごく当たり前の”自然衰退”であり、別に客でもない通りすがりのうるさい外野を取り込めなかったせいではない。裾野を広げるのは結構だが、そのために既存客を置き去りにしては本末転倒だ。ましてや個々の現場レベルで一から十まで背負い込むものでもないだろう。

「そもそもホールはクラスターを出していません。1年以上のこの努力は、十分エビデンスとなっているでしょう。エビデンスがあるから、満員電車は問題ないと言っているはずです。問題ないなら営業します。バカ正直に言うことを聞いて、映画館みたいにはなりたくないですからね。鬼滅(『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の大ヒット中だってクラスターなんか発生していないのに」

 そう、国内累計来場者数2890万人超、興行収入400億円突破の作品を上映してもクラスターは発生しなかった。オーストラリアの総人口より多い来場者数が日本中の映画館に入れ代わり立ち代わり押し寄せてクラスターなし。それなのに大多数の映画館はゴールデンウィークを潰してまで要請に従った。エビデンスは満たしていたはずなのに。

「かわいそうですよ。パチンコ店と映画館というのは古くから庶民の娯楽でした。私だって思い入れは強い」

 娯楽という共通点以上に、かつてはパチンコ店が映画館も経営していることがあった。いまでも一部の名画座や地方都市に行くと総合レジャー企業として映画館を運営するホールがある。そもそも高度成長期に乱立したパチンコ店の中にはブーム崩壊後のボウリング場やテレビに押された映画館からの鞍替え組も多い。

「何でも言うこと聞くと思われたら駄目です。上は言うこと聞く相手にしか言ってこない。学校と同じですよ。学校と違うのは、言うこと聞いてもいいことはないってことですね」

 西口さんは優秀な高校に通っていた。当時から大人びた、頭の切れる男だった。何でも言うことを聞いた業界、無視した業界、のらりくらりとかわした業界――この1年以上、各業界の対応は様々だったが、パチンコ店は2020年の緊急事態宣言下、業界団体が従う姿勢を見せるも関東の一部店舗が徹底抗戦、結局ゴールデンウィークは全店休業を選んだが、このときの業界を挙げての「ホールはクラスターを出していない」という主張と姿勢こそが現在のエビデンスにつながっている。

「それにみなさん気づいたんでしょう、昨年のように何でもかんでも言うことをきくことはやめたように思います」

 西口さんと会ったのは5月のゴールデンウィークと都の緊急事態宣言延長後だが、その間も柏は平常運転、かつての人出とまではいかないが賑わっていた。緊急事態宣言外の千葉県だからというわけではなく、実のところ、都内各所もそれなりの人出で賑わっている。通勤電車もそれなりの混雑ぶりだ。これは民を挙げての無言の抵抗、および政府に対する諦めではないか。

「昨年の”ホールがウイルスを撒き散らしている”みたいなバッシングは一切ないですね。パチンコに批判的な人も、業界の努力と結果は冷静に評価してくれているように感じます」

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  9. 9

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。