記事

「私は低学歴の人たちが好きだ」このひと言がトランプを大統領に導いた

1/2

なぜドナルド・トランプはアメリカ大統領になれたのか。作家の佐藤優さんは「評論家の副島隆彦さんが指摘しているように、『私は低学歴の人たちが好きだ』という言葉が彼を大統領に導いた」という――。(第2回/全2回)

※本稿は、佐藤優『悪の処世術』(宝島社新書)の一部を再編集したものです。

斜めのアングルのアメリカ合衆国議会議事堂
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Douglas Rissing

大統領選に敗れたものの約7400万票を集めたドナルド・トランプ

アメリカ合衆国第45代大統領、ドナルド・トランプ。民主主義を標榜するかの地において、これほど「独裁者」の枕詞が似合う大統領は近年いなかったのではないだろうか。

現職に有利といわれる2期目を目指す2020年の大統領選挙では民主党候補のジョー・バイデンに敗れたものの、実に7400万もの票を集めた。

当初、トランプ陣営は負けを認めず「票が盗まれた」可能性を主張、投票結果の確定阻止の訴訟を次々と起こすもすべて棄却され、ついに負けが確定した。ホワイトハウスの去り際もきわめて特異だった。

2021年1月6日、ホワイトハウス前の抗議集会で「この選挙は盗まれた」と訴えるトランプに背中を押されるように、支持者たちは選挙結果の確認手続を行っていた連邦議会議事堂に乱入、警官隊と激しく衝突して死者を出す惨事となった。

大統領が呼びかけた抗議行動に連なる議会襲撃は、アメリカ国民に少なからずショックを与えた。暴動を扇動したとして、トランプは残り任期わずか1週間を残して弾劾訴追された。

ウクライナのゼレンスキー大統領に、軍事支援と引き換えにバイデンの不正疑惑の調査協力を要請したとされる「ウクライナ疑惑」に続いて二度目の弾劾訴追という前代未聞の事態である。

今回は上院での付託が大統領在任中には間に合わず、トランプがホワイトハウスを去ったあとも上院での弾劾裁判が続いた。この弾劾訴追、結果的には上院で無罪評決となったが、支持者にとってはエスタブリッシュメントに本音の戦いを挑み追放されたという英雄譚(えいゆうたん)の様相を呈していた。

トランプを支えた熱狂は何だったのか。国民の実に7000万人以上が、今回もトランプに票を投じていたという事実は何を意味するのか。

「私は低学歴の人たちが好きだ」

2期目をめぐる大統領選挙で大接戦を展開したトランプだが、そもそも、2016年の選挙の時、彼が大統領になると断言していた日本の有識者はほとんどいなかった。

ヒラリー・クリントン候補が優勢だろうと考えていた人が多かったはずだ。しかし、評論家の副島隆彦は少し違う視点でトランプ当選の可能性を捉えていた。

英語に堪能な副島は、与件(よけん)の中で最悪の状況を分析するインテリジェンス能力に長けている。公開されている情報の中から、状況の動因となっている事柄を的確に探し当てる。

彼は、2016年の大統領選挙運動の最中、ネバダ州でのトランプの次の一言に焦点を当てている。

「私は低学歴の人たちが好きだ」

2016年12月17日、米国アラバマ州・ラッドピーブルズスタジアムの観衆に語りかける、アメリカ大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏。「USA Thank You Tour 2016」と題したラリーの一環で。
2016年12月17日、米国アラバマ州・ラッドピーブルズスタジアムの観衆に語りかける、アメリカ大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏。「USA Thank You Tour 2016」と題したラリーの一環で。 - 写真=EPA/時事通信フォト

これを聞いた共和党員たちからは拍手と歓声が巻き起こったという。低学歴が好きだといわれ、熱狂する支持者たち。この時、副島はトランプの勝利を確信する。

この低学歴、ゆえに低所得層の白人大衆であるアメリカ下層国民(中流と絶対に呼べない人たち)が自分は大好きだ、というトランプの暴言ともいえる本音の発言が重要なのだ。

今度の米大統領選挙の醍醐味は、この正直な言論だ。トランプ旋風の中に表れた正直な指導者からの訴えかけだ。自分たちの指導者になる者が、本気で、体を張って本音の言論をやってみせると、大衆はそれに応える。それが「あなたを支持するよ、応援するよ」ということだ。

本場の大阪漫才(吉本興業の難波花月劇場)でも、最高級の芸を極めた漫才師は、「あんたらアホなお客がいてくれるからワシの漫才が冴えるんや」という観客罵倒芸をやる。客はゲラゲラと笑う。アメリカの大衆・庶民の感情の勘どころを、しっかりと自分のアメリカ・テレビ出演漫才芸で40年間も(30歳の頃からもう40年)みっちり自分の体で仕込んできたドナルド・トランプに勝てる者はいない。(副島隆彦『トランプ大統領とアメリカの真実』日本文芸社)

日本におけるネトウヨ的言論の増殖には、格差社会が進行するなかで、エスタブリッシュメント層に対するルサンチマンが原動力になっていると見る向きも少なくないが、同様の視点である。果たして、トランプは2016年の大統領選挙に当選した。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  4. 4

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  5. 5

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  6. 6

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  9. 9

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  10. 10

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。