記事
  • ヒロ
  • 2021年05月30日 11:56

インフルエンサーに騙されるな

人は誰でもある程度はインフルエンサー(影響力がある人)になりたいという願望がある気がします。ツィッターでリツィートされる、フェイスブックで何人と繋がっていることにちょっとした喜びを感じるかもしれません。

リクルート社も出資するアメリカの中小企業家向けSNS、アライナブル(Alignable)には私も引きずり込まれたのですが、毎朝、確実にプッシュ型のメールが来て、何人があなたをチェックしているとか、何人からのメッセージが未読だとか、執拗にそこに誘導しようとします。私は冷徹に「削除」ボタンを押し続けています。

ツィッターを自己表現の手段として使ったのがトランプ氏でした。通常、大統領の発言となれば報道官が様々な調整を行ったうえで発表するものですが、それにまどろっこしさを感じ、また報道機関が実際にそれを報じる時には政治色が付くことを嫌い、直接的に速攻でつぶやくことを就任期間、最後のアカウント停止時期を除き、ほぼ一貫して行いました。

「ツィッターインフルエンサー」役を見事に引き継いだのがイーロンマスク氏で仮想通貨でつぶやき、相場に波風を立てています。本業の自動車やロケットとは内容的に距離感があるからということもあるのでしょう。かつて「(テスラの)上場をやめる」とつぶやいたときは訴訟を起こされる始末でした。ただ、マスク氏は仮想通貨を全面的に支援するペイパル社の創業者の一人です。(今はもう株式を所有していないはずです。)そのあたりは意図してつぶやいているのか、単に気持ちの表れなのかははかり知れませんが。

YouTubeに出演する人も芸能人、有名人から一般人の方まで幅広くなりました。中にはプロ顔負けの知識や能力、才能をお持ちの方もいらして観る方からすれば思わぬ発見で「へぇ」と思わせるYouTubeはかなり増えたと思います。動画配信ですから当然、本人の顔も出やすいですし、トークは全面的に押し出され、私のブログなんか足元にも及ばない強いイメージを与え、好きになれば「チャンネル登録」すればいいし、そうではなくてもAIが最近見た番組内容に近いものをどんどん表示するので探すにも苦労しない仕組みになっています。

結局、視聴する側は否が応でもこのAI技術に侵され、ちょっと好きを積み重ねていけばいつの間にかはまっているという罠が待ち受けているのであります。つまり、ツィッターにしろ、フェイスブックにしろSNSやYouTubeは自分の気に入ったものが繰り返し、自分の前を通過していくため、それをチェックするのが常態化、ファンとなりやすくなるのでしょう。一方、発信側はその時点でインフルエンサーになりつつあるわけです。

恐ろしいのはツィッターやフェイスブック、インスタグラムと違ってYouTubeが画像メッセージとして確立され、かつ、お金を貰えるという仕組みである点でSNSとは圧倒的な違いを生み出します。発信者はあらゆる工夫をし、無理な取材も行い、時としてプロの取材を飛び越えるような驚きすら見せるのです。それが金稼ぎを理由とするのか、インフルエンサーになりたいのか、あるいはその両方かもしれません。

一昔前は個性がある人でもそれを発信する方法はあまりありませんでした。その点、企業や学校、団体などは統率を取りやすかったとも言えます。ところが萌芽ともいえる個性の開花で仮に社会人でも学校の生徒でも自分を表現し、公表し、それが支持される喜びを得ることができるようになりました。マズローの欲求五段階説の上から二番目、「承認欲求」が達成されつつあるということです。

承認欲求が高じるとどんな社会となるのでしょうか?多分、まとまりのないバラバラで小さな派閥がたくさん生まれる社会になる可能性があります。コアとなるインフルエンサーが数多くのフォロワーを従え、強い発言をする、そして政府や社会すら動かす、一方でそれを否定するグループが強い声明を出し、世の中が不和になることもあり得るでしょう。

つまり埋もれていた才能を引き出す道具としてのSNSやYouTubeは人間社会に極めて前向きの影響を与えた半面、その反動を我々は覚悟しなくてはいけないのだろうと思います。例えば大食いのYouTube番組を流しているインフルエンサーに対して十分な食事が出来なくて困っている人たちもいるという反論は当然ながら出てくるわけです。

株式や市場の個別案件についてあれこれ踏み込むと業として行っていないとして罰せらえることがあるほか、時として風説の流布で処罰されるかもしれません。「〇〇を食べると癌に効く」といった健康関係についても薬事法の問題やその効用がないにもかかわらず暴利をむさぼったとして時折、社会問題になりますが、そのような素地を作りやすいとも言えます。

とすれば我々視聴する側、あるいはフォローする側からすれば情報をうのみにしないこと、これに限るということでしょう。インフルエンサーに騙されるな、これが一つのキーワードになるのかもしれません。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  8. 8

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。