記事

ロイヤルHD会長「外食事業が大打撃でもロイヤルホストは復活する」

ロイヤルHDは今の苦境をどう乗り越える?(写真は菊地唯夫・会長)

 コロナ禍で苦しむ外食産業。ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」や天丼チェーン「てんや」などを展開するロイヤルホールディングスも苦境に立たされている。日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)出身で、破綻当時に頭取秘書として修羅場を経験した菊地唯夫・会長(55)は、この状況をどう乗り切ろうとしているのか。

【写真】平屋型のロイヤルホストの外観。他、トマトやクリームの色も鮮やかなロイヤルデリ、肉厚のハンバーグ

──平成元年(1989年)当時は何をされていましたか。

菊地:私は1988年に日本債券信用銀行に入行しました。当時、日債銀は採用人数が少ない割に留学生をたくさん派遣していました。同期が少なければ若い時から留学を含め、様々な経験を積めるチャンスがあるのではないかという期待が大きかったですね。

 入社後は名古屋支店に配属となり、預金や融資を担当しました。当時はバブル経済が華やかな頃でしたが、東京や大阪に比べて名古屋はそれほど浮かれてはいませんでした。トヨタ自動車さんをはじめ製造業が集まる土地柄ですので、堅実だったのかもしれません。

──その後、希望が叶って1991年から2年間フランスに留学されます。

菊地:1993年に帰国した時の衝撃は大きかったですね。日本はバブルが崩壊し、大変な世の中になっていました。

 国際営業企画部や総合企画部で仕事をした後、1997年に当時の東郷重興頭取の秘書となりました。翌1998年に日債銀は経営破綻しますが、頭取の苦悩や会社が終焉する過程を目の当たりにしたことは、その後の人生で大きな糧になりました。

──その後、ドイツ証券会社を経て2004年にロイヤル(現・ロイヤルホールディングス)に執行役員総合企画部長として入社する。なぜ金融の世界から外食に?

菊地:行く行くは実業に携わりたいと思っていました。日債銀時代の上司が、ロイヤルのアドバイザー的な仕事をしていたことも大きかったですね。

 当時のロイヤルはカリスマ創業者と言われた江頭匡一(2005年死去)が一線を離れ、トップダウン型からボトムアップ型経営に移行する過渡期でした。近代的な組織にしていくために、私もチームに入ってほしいと誘われました。

 企画部では「天丼てんや」のテンコーポレーション、全日空の機内食事業「福岡ケータリングサービス」、英国風パブ「ハブ」などのM&Aを手掛けました。

──2010年には、44歳の若さで社長に就任する。

菊地:当時はリーマン・ショックの影響が残り、外食産業も低迷していました。ロイヤルHDも2期連続の赤字から立ち直る方策がなかなか定まらず、経営陣の間でも経営方針を巡って対立が起きました。2011年1月には社長を退いた会長が株主を巻き込んで取締役刷新の株主提案を突きつけ、「お家騒動」とも報じられた。

 会社を立て直すため、現場と経営陣の間にできてしまった溝をなくすために何ができるか、社長になってから模索し続けました。

──具体的には?

菊地:最も重視したのは従業員が気持ちよく働ける環境づくりです。新規出店を抑え、その代わりに既存店を改修し、1店舗あたりに振り分ける資金と人員を増やした。不安はありましたが、結果的にはサービス品質が向上してお客様の満足度も客単価も上昇しました。

 2000年代に入ってから同業他社は低価格路線に舵を切りましたが、ロイヤルホストは高付加価値路線を維持し、専門店の味を手軽に味わうことができるという「原点」に立ち返ることが奏功しました。

双日との資本業務提携

──しかしコロナ禍で、ロイヤルHDは苦境に陥っている。2020年12月期決算では売上高は前期比40%減の843億円、営業損益は前期の46億円の黒字から192億円の赤字に転落。最終赤字は過去最大の275億円となっています。

菊地:これまで当社では様々なM&Aを手掛けてきました。その結果、主要事業は大きく5つの柱に分かれています。

「ロイヤルホスト」や「てんや」などの外食事業、「リッチモンドホテル」などのホテル事業、当社グループの食品製造を行なう食品事業、空港や高速道路のレストラン、企業内や大規模施設などの食を請け負うコントラクト事業、そして機内食事業です。

 外食以外の事業を増やしてきたのは、リスク分散することで最適なポートフォリオが組めると考えてきたからです。しかしコロナ禍では、この5つの事業がことごとくダメージを受けてしまった。パンデミックという想定外の出来事とはいえ、考え方が少し甘かったと痛感しています。

──復活へのプランは?

菊地:コロナが収束すれば売上が100%戻るのであれば問題は一時的です。しかし、テイクアウトやデリバリーなどの一般化で、戻ったとしても90%しか期待できないでしょう。

 90%でも成り立つビジネスモデルに変えていくか、失われる10%の部分を新たな事業でカバーしていくか、道は2つしかない。私はどちらも早急に手を打つべきと考えています。

 2月には、総合商社の双日さんとの資本業務提携を発表しました。コロナで棄損した財務基盤の再構築だけではなく、コロナ後の成長戦略を描くために、モノや情報を動かすことに強い双日さんと、コンテンツを持つ当社のシナジー効果を期待しています。

──外食分野での対策は?

菊地:いままで我々は25兆円の外食マーケットの中で戦ってきましたが、外食、中食、内食すべてを合わせれば70兆円市場として考えることができる。コンビニエンスストアやECサイトなど、様々なライバルを相手に戦っていく必要があると考えています。

 2019年12月から、家庭用フローズンミール「ロイヤルデリ」というオンライン販売サービスをすでに始めています。ロイヤルホストや専門店などグループで蓄積してきた「味」と「品質」をご家庭でも楽しんでいただけるよう努力していきたいですね。

【プロフィール】
菊地唯夫(きくち・ただお)/1965年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、1988年に日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)に入行。ドイツ証券会社を経て、2004年ロイヤルホールディングス入社。2010年3月同社社長、2016年3月に会長。

【聞き手】
河野圭祐(かわの・けいすけ)/1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

撮影/山崎力夫

※週刊ポスト2021年6月4日号

あわせて読みたい

「ロイヤルホスト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  3. 3

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  4. 4

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  5. 5

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  8. 8

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  9. 9

    【世界ALSデー月間特別寄稿④〜トリアージは既に当たり前に行われている⁉️〜】

    恩田聖敬

    06月20日 09:00

  10. 10

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。