記事

自分を語らない『大豆田とわ子』 このドラマはいったい何を描いているのか

番組公式HPより

 もしドラマに「エンゲージメント」という指標があるなら、間違いなくこの作品は高い数字を記録するだろう。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が考察した。

【写真】シンプルなファッションに柄物マスクを合わせた姿も美しい松たか子

 * * *

『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系火曜午後9時)は、記事で紹介するにはなかなかやっかいなドラマです。さらっと概要を書くのも難しい。なぜなら、脚本を書いている坂元裕二氏が語るように、独特のセリフで形作られたドラマ世界だから。

「日常のダイアログはできるだけ本当のことを言わない、気持ちを届けようとしない、核心には触れない、周辺のことばっかり喋っている」(『脚本家 坂元裕二』)。これ、日本で放送されている一般的なテレビドラマのセリフとはまるで正反対ではないでしょうか?

 しかし、このドラマは退屈さをみじんも感じさせないのだから不思議です。登場人物が想いを直接語らず「迷彩でカムフラージュされた曖昧な状態」(坂元氏)が続く中で、小さなきっかけ・モノから決定的な想いが流れ出す瞬間がある。「えっ、この人こんなことを感じていたの」という発見の瞬間もこのドラマの醍醐味です。

 主な登場人物は……3度の離婚歴がある住宅建築会社社長・大豆田とわ子(松たか子)と、離婚した元夫の3人--レストランオーナーでモテ男の田中八作(松田龍平)、ファッションカメラマンで器の小さい佐藤鹿太郎(角田晃広)、大豆田の会社の顧問弁護士で理屈っぽい中村慎森(岡田将生)。

 それぞれ仕事もキャラクターも違い、好みも生き方も少しずつ異なる。個々人で気になるポイントもこだわりも微妙にズレる。そうした人々が交差する場がカフェやリビングの空間。派手なストーリーもドンデン返しも予定調和もない。しかし、考えてみれば日常とは断片と断片をつなぎ合わせたり編み上げたりしてでき上がっているものです。

 では、ドラマの軸となる主人公・とわ子はどんな人物なのでしょうか? とわ子は目の前に発生する出来事に一つ一つきちんと反応しながら生きていて、伊藤沙莉さんのナレーションがとわ子の心情やシチュエーションを部分的に説明してくれます。その分、とわ子が感情を語ったり外に強く出すようなドラスティックなシーンはなく、「この人を愛してる」とか「私はこう生きたいんだ」といった明解な主張も見えない。

 自分を語らない--主人公の感情が直接的に「描かれない」という点こそ、このドラマの特徴と言ってもいいでしょう。

 一方、3人の元夫たちはそれぞれ誰かを求めて拒絶されたり、心が揺れたり、何かに依存したりしている。

 とわ子を軸に、その周囲で右往左往する3人の元夫の対比が鮮やかです。ふと、「都市は中心をもっている。だが、その中心は空虚である」という批評家ロラン・バルトの言葉を思い出しました。バルトは東京を訪ね皇居の森を見てこう言いましたが、さしづめこのドラマも「中空の構造」と言えるでしょう。『大豆田とわ子と三人の元夫』という不思議なタイトルも、とわ子という中軸に3人の団子三兄弟が貫かれている様子を想像させます。

 で、いったいこのドラマって何を描いているの? という視聴者の問いに対する一つの答が、第7話で突如登場した謎の男X(オダギリジョー)によって示されました。

「人生って小説や映画じゃないもん。幸せな結末も哀しい結末も、やり残したものも無い。あるのは、その人がどういう人だったかということだけです」

 そう、このドラマは「その人がどんな人か」という人間を浮かび上がらせる装置・仕掛けそのものでしょう。会話の仕掛けによって人が浮かび上がってくる。人と人との関係があぶり出されてくる。人は時に奇妙で滑稽で寂しく、時に希望に溢れている。

 例えば、とわ子の幼なじみで親友のかもめ(市川実日子)が急死した第6話も、大声で叫んだり泣いたりするシーンは皆無。しかし、とわ子がかごめの死を心の中でぐるぐると想起し続けていたり、かごめのイメージを自分の中に保ち続けていることが、謎の男Xとの対話から段々に見えてきます。

「あの人ってどんな人なのか、私にとって何なのか」という問いはとても文学的です。

 言葉の多さもまた、このドラマの特徴であり見所でしょう。狭い空間に人が集まり、激しくやりとりする会話劇の要素が色濃い。一般的なドラマと違うのは、過剰な言葉の応酬にある。言葉に反応する役者と映像とが組み合わさった、いわば「見る小説」「見る純文学」のようです。

 純文学とは常に既存の形式を揺さぶったり壊していくものですが、このドラマも既存のドラマの枠を破っているように映る。わかりやすいストーリー主体のドラマとひと味違う「非ドラマ」。余人……いや、「余ドラマをもって代えがたい」独創性はそのあたりにありそう。

 人間について発見する装置に、ドラマがなりうるということを示してくれた。大人が楽しむ新しい娯楽の領域が、今拓かれたように感じます。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。