記事

GIGAスクール構想でタブレット配布 「ゲーム三昧・ネット依存」を心配する親も

2020年度から必修化されたプログラミングをする小学生。操作に使うのはタブレット(イメージ、時事通信フォト)

 GIGAスクール構想とは、一人一台端末と高速通信環境によって子どもたちに個別最適化・創造性を育む教育を実現させる施策のことだ。それにより、全国の小中学校の児童生徒に一人一台のパソコン・タブレット端末が配られている。既に活用・自宅に持ち帰ってきている家庭もある一方で、自治体によってはまだ届いていないところもある。GIGAスクール構想の実態と課題について、元小学校教員でICT教育に詳しいITジャーナリスト・成蹊大学客員教授の高橋暁子さんがレポートする。

【写真】親より子供が使いこなす時代

 * * *

「子どもが学校から配られたタブレットで何時間もゲームしていました。学習に使うのかと思ったらゲーム三昧で、このままネット依存になりそうで怖い」と、小学生の子どもを持つ40代主婦は不安を隠さない。

「児童が学校から配れたタブレットでYouTubeを見ていました。『裏技を見つけた』と言っていて驚きました。もうこの穴は対処済みらしいですが、きっとイタチごっこでしょうね。さすがネイティブ世代と感じています」と、ある小学校教員は感心した様子で話してくれた。学校配布のタブレット端末でのこのような事態は、各地で起きている。

 そのような子どもたちの驚くべき実態の前に、GIGAスクール構想の一環で配布されているタブレット端末について、現状の活用実態についてご説明しておこう。

 小学6年生の息子も、GW明けにやっと配布されたChromebookを持ち帰ってきた。事前に学校からは「Wi-Fiを用意してほしい」旨の連絡をもらっていた。一斉休校中にオンライン授業ができない理由の一つとして、すべての家庭に端末やWi-Fiがあるわけではないことが挙げられていたが、とうとうどちらもそろったのだ。一方、隣の自治体は「春休みは既に配布済みで宿題もずっとオンライン」と聞いており、自治体による差を感じる。

 自宅のWi-Fiにつなぐ設定にしてからは、毎日持ち帰っては自宅で充電し、学校に持っていっている。約1キロと軽めではあるが、やはりランドセルがさらに肩に食い込むようになった。

 初日から、教育機関なら無料で利用できるアプリGoogleクラスルームを使って、オンラインで出される宿題に回答、提出している。他の子ども達の回答がすぐに見られるのも面白い。もともと家庭でプログラミング学習に取り組んでいたこともあり、キーボードは不自由なく使えている。授業では日常的によく利用しているというが、6年生だからなのか担任とは別に生徒の操作を手助けする支援員などは特に来ていないようだ。

 学校からは、家庭での使用時間は家で話し合うこと、就寝1時間前からは使わないこと、無関係なアプリはインストールしないこと、学習と関係ない写真や動画は記録しないことなどが約束として配布されている。つまり、そのようなことはすべて可能だが、管理しろということだろう。YouTubeやTikTokなどの動画共有サービスの利用は管理者によって制限されているが、一般的なサイトは見られる状態だ。

 コロナ禍で、学校で行われるはずだった説明会は録画済みの動画配信となり、家庭向けアンケートにも生徒への宿題と同じようにGoogleクラスルームが利用された。紙で集めるよりも集計が楽なはずだが、すべての保護者が使えるのかについては少々心配になった。

制限回避してゲーム・YouTubeを見る子どもたち

 鳴り物入りで始まったGIGAスクール構想だが、課題は山積みだ。まず学校におけるインターネット環境は非常に脆弱で、「大勢でつなぐと不安定になる、止まる」という実態がある。昨年度、筆者も学校対象にオンライン講演を提案したところ、「回線の関係で無理なので対面で」と言われたことがある。

 もちろん、教員側の知識と経験不足は大きく、教員によって受けられる授業の質はかなり変わる。そもそも情報リテラシー教育を受けていない世代であり、拒否感を持つ教員もいる。教材として使いこなすには十分な知識や使いやすい教材などが必要だが、まだまだ足りていないようだ。

 また、子供の利用をどのように管理するかについては課題が多い。使えるアプリや接続サイトを管理者が制限できるフィルタリングサービスなどを利用していても、子どもが抜け穴を探して利用する例は多数報告されている。

 学校配布の端末では、配布前に使える機能をあらかじめ制限した状態で配布されていることが多い。それにも関わらず、許可されているアプリ経由なら禁止されていることもできてしまう例が少なくない。それが冒頭でご紹介した「裏技」につながっているというわけだ。

 たとえば、ゲームは禁止と一律に制限をかけた端末でも、プログラミングアプリの中でユーザーが作ったゲームは遊べる。動画サービスの利用制限をかけても、別の利用が許可されているサービスの一機能を使ってYouTubeが見られる。こういった情報を子ども同士で交換し、遊んでいるのが実態だ。それに、検索すれば、制限をかいくぐってYouTubeを見る方法やゲームをする方法が多数公開されている。

 また、低学年の生徒が持ち運ぶには重すぎるため、端末は学校に置いたままとなっていることが多い。その状態のまま、いざ教員が低学年に対してオンライン授業をしようとしても、家庭での端末やネット環境、保護者のリテラシーに差がありすぎて、説明を一から始めねばならず、実際に授業をするどころではなかったという。

オンライン授業や資料公開に活用例も

 一方で多くの子どもたちは、自分の端末を与えられていることには全体に歓迎のようだ。「ノートに書くだけより楽しいし、宿題も少しやる気が出るかな。みんなも少し楽しいらしい」と息子も言う。

 コロナ休校への対応ということで導入が早まり、そういった側面が強調されてきたオンライン授業だが、他の理由で登校できない生徒が、配布した端末を使ってリモートで授業に参加できたという例も既に報告されている。そして、助かるのは生徒ばかりではない。学校を休んだ先生がアプリ経由で課題を出し、生徒から提出された課題を自宅でチェックするなどの活用もされているという。

 端末を活用している教員から具体的な活用例を聞いていると、学校へ行けない環境を改善するだけではない利点も見えてきた。

「生徒たちがつまずきやすい部分の解き方をスマホで撮影、Googleドライブにアップして、それを見てくださいとお知らせしました。すると、子どもが自宅で動画を参照しながら解いてきたんです。教室で教えるときも同じ説明をするとは思いますが、一人一人のペースに合わせることは不可能です。ですが、動画ならば生徒が自分の好きなタイミングで、しかも繰り返し見られる。内容によっては、きめ細やかな教え方が可能になるのだと気づかされました」

 学習面の活用だけではなく、いじめの早期発見・防止のために配布端末を活用した例もある。大阪府吹田市では、市内の54の小中学校の児童生徒に1人1台配備したタブレットに、いじめ防止相談ツール「マモレポ」を導入している。

 一人一台端末がいよいよ実現し、様々なことができる環境が整いつつある。まだまだ課題は多いが、徐々に解決策も生まれ、広く活用されていくはずだ。トラブルだけに注目するのではなく、ポジティブな活用例が広がる様子を、期待を持って見守っていきたい。

あわせて読みたい

「GIGAスクール」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  4. 4

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  10. 10

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。