記事
  • ロイター
  • 2021年05月28日 12:41 (配信日時 05月28日 12:36)

ベラルーシの民間機強制着陸、政府主張に矛盾か 脅迫受信時間巡り


[ワシントン 27日 ロイター] - ベラルーシ当局が民間旅客機を強制着陸させ反体制派を拘束した問題で、当局が根拠としている同機に爆弾が仕掛けられたとの脅迫メールが、実際は同機を着陸に向かわせた後に届いていたことが、メールサービス提供会社の話で27日、明らかになった。

ベラルーシ当局は23日、ギリシャからリトアニアに向かっていた欧州格安航空会社(LCC)ライアンエア機にミンスクの空港に緊急着陸するよう指示し、着陸後に搭乗していたベラルーシの反体制派ジャーナリスト、ロマン・プロタセビッチ氏の身柄を拘束した。パレスチナのイスラム組織ハマスから同機に爆弾を仕掛けたとの脅迫状を受け取ったと主張している。

ハマスは関与を否定。欧州諸国の首脳は国家主導のハイジャックを行ったとしてベラルーシを批判している。

ロンドンに拠点を置く調査会社ドシエ・センターは26日、「Ahmed Yurlanov」という人物から送られたハマスによる脅迫状らしき文面の電子メールを公表。メールが送付されたのは、ベラルーシ当局が同機の乗員に爆弾が仕掛けられたとの情報を通告してから24時間後だったとみられる。

メールが送られたタイミングについては、米ニュースサイト​のデイリー・ビーストと米シンクタンク、ニューラインズ戦略政策研究所系の雑誌が最初に報じた。

メールサービス業者であるスイスのプロトン・テクノロジーズは、同社の暗号技術によってメールの内容は確認できなくなっているとした上で、「問題のメールが旅客機が方向転換した後に送られたのは確認できる」と述べた。欧州当局から要請があれば調査に協力するとした。

ワシントンにあるベラルーシ大使館はコメントの求めに応じていない。

国連の専門機関である国際民間航空機関(ICAO)は27日、この問題で調査を開始することに合意した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  10. 10

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。