記事

アマゾンとサイバーエージェントが狙うのは「地上波テレビ局」

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

日本経済新聞ネット版によれは、アマゾン・ドット・コムがメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)を買収するようです(図表も同紙から)。

MGMは1924年創業の老舗映画会社で、「007」シリーズ、「ロッキー」「ターミネーター」などの人気コンテンツを手がけています。

アマゾンが提供する動画サービス「アマゾンプライム」でこれらのコンテンツを提供することで、会員獲得を加速させるのが狙いです。さらに、豊富な資金力を使って、続編や新シリーズを制作する可能性も高いと見られます。

一方、日本ではサイバーエージェントが豊富な音楽コンテンツを持つエイベックスに追加出資し、約12%の株式を保有する筆頭株主になることがわかりました。

2つのニュースに共通するのは、ネット上でコンテンツを提供するプラットフォーム会社が、自社コンテンツの充実を目的に優良コンテンツを保有する会社を、資本の力で取り込んでいく流れです。

特に、アメリカのアマゾンやネットフリックスは、コンテンツ投資額が年間1兆円を超える巨大な資金力を持っています。

彼らが次に狙うコンテンツ会社は、地上波のテレビ局ではないでしょうか。かつて最強のプラットフォーム兼コンテンツ制作会社だった地上波テレビ局は、オンデマンド配信の波に乗り遅れ、動画配信サイトに取って代わられ、衰退しています。

コンテンツを持つテレビ局が、動画配信会社に飲み込まれる日は、想像以上に早くやってくる気がしています。

新聞とテレビという20世紀の2大メディア。既にカウントダウンが始まっている新聞に続いて、テレビもその役割を終える日が近づいています。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年5月28日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  7. 7

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。