記事
  • ロイター
  • 2021年05月28日 10:36 (配信日時 05月28日 10:35)

コロナ後の金融・財政:基礎的収支の黒字化、目標「再設定を」=河合代表理事


[東京 28日 ロイター] - 環日本海経済研究所の河合正弘代表理事はロイターとのインタビューで、新型コロナウイルス対応に伴う財政支出がある中で、基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を2025年度に黒字化させる政府目標は困難との見方を示した。達成時期を3─5年ほど先送りする形で再設定するのが現実的と語った。

PBは、政策経費を税収でどれだけ賄えているかの指標で、赤字が大きいほど借金に依存している姿となる。内閣府の試算では、国と地方のPBは20年度に69.4兆円の赤字となり、実質2%成長を実現しても黒字になるのは29年度と想定。1%成長にとどまれば30年度にかけ赤字解消は見込めない。

元財務官僚の河合氏は政府目標について「客観的に考えて難しいと思う」と指摘。「より現実的な目標はあとプラス3年とか5年だろう」と述べ、20年度後半にも黒字に到達する新たな目標に再設定すべきと訴えた。コロナ対応に伴う財政支出と同時に財政再建に取り組む姿勢そのものは維持し、「より現実的な黒字化時期を再設定して財政再建に進むと宣言することが必要」だと語った。

コロナ対応を巡っては、4―6月期の実質国内総生産(GDP)が1―3月期に続いて「マイナス成長になるかもしれないと言われている中で、経済対策が出てくる可能性は高い」との見方を示した。

追加対策そのものは「それほど大型になるとは思わないが、日本経済で必要とされている脱炭素化、デジタル化、医療体制全般の強化も必要なので、そうした未来の成長を見据えた投資も入ってくる可能性もある」と語った。

<追加緩和の可能性>

物価安定2%の目標が遠のく現状には「今の大規模金融緩和政策が行われていないとすると、もっとはるかに事態は悪くなっていただろう。その意味で、大規模金融緩和政策を続ける意味は非常に大きい」とした。

広くワクチン接種が進めば「経済活動の再開が大きく前進する」と述べ、7月以降の経済回復も見込まれる中で「追加緩和しないといけないような経済の落ち込みが起こる可能性は小さい」と語った。

河合氏は「コロナから脱却し、ワクチン接種も進み、輸出の伸びが続き、経済再開となれば、昨年来のデフレの動きからは抜け出せ、2%に向かって物価は上がってくるとみている」との見通しも示した。

(インタビューは25日に実施しました

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  3. 3

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  8. 8

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  9. 9

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  10. 10

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。