記事

ソニーとパナソニック レガシーの継承か破壊かで明暗分けた「社長の評価」

1/2
二人三脚で経営の立て直しをしてきた平井一夫・前社長(左)と吉田憲一郎・現社長(2018年の社長交代会見/EPA=時事通信フォト)

 上場企業の2021年3月期決算が出揃った。2020年度はコロナに明け暮れた1年だったため、各社決算は惨憺たるものになるかと思われたが、フタを開けてみれば全社の純利益の合計は、昨年より5兆円あまり増え、28兆円となった。

【写真】ソニーのプレイステーション5

 もっともこれは、日本企業として過去最大の純利益を上げたソフトバンクグループ(SBG)の5兆円が大きく寄与している。SBGは2020年3月期に1兆円に近い最終赤字を出しているから、1年で6兆円改善するという史上最大のV字回復となった。

 SBGに次ぐのは、長らく純利益ランキングのトップに君臨してきたトヨタ自動車の2.2兆円で前々期より1割増えた。そしてこの2社続くのが、前3月期で初めて純利益が1兆円を超えた(1兆1700億円)ソニーグループ(ソニーG、4月1日にソニーから社名変更)だ。前々期の純利益5800億円の約2倍という好決算だった。

10年前は最悪の状況だったソニー

 ソニーの利益が大きく伸びたのはコロナ禍による巣ごもり需要により、ゲーム部門が大きく伸びたためだ。同部門の営業利益は3400億円で、全体の3分の1を占める。

 このほか、金融部門、音楽部門も1000億円以上の営業利益を計上、これに祖業ともいえるエレキ部門(家電+電子部品)の営業利益2800億円が加わるなど、全事業分野でそれぞれ利益を上げたことが純利益1兆円につながった。

 決算発表の席で十時裕樹副社長兼CFOは、「最終利益の1兆円達成は10年単位での積み重ねによって実現したものだ」と語ったが、この言葉に、ソニーの好調の理由が凝縮されている。

 10年前のソニーは最悪の状況にあった。2008年のリーマンショックで明らかになったのは、すでに日本の家電メーカーが世界市場では負け組に転落しているという事実だった。ソニーのテレビ事業は9期連続で赤字を計上、それもあってエレキ事業全体でも赤字を垂れ流し続けた。そのため2012年には、当時のハワード・ストリンガーCEOが指名委員会の支持を得られず、事実上解任されている。

 この人事を受け新社長に就任したのが、2018年までCEOを務めた平井一夫氏だ。平井氏はエレキの再建を掲げ、現在の社長、吉田憲一郎氏と二人三脚で経営にあたる。

ハードとソフトの両輪経営を貫いた

 前任者が解任された場合、よくあるのが路線変更だ。前政権を否定することで求心力を高めるというやり方だ。ところが、平井氏はその手法を選ばなかった。

 平井氏がトップについて間もなく、ソニーはパソコン事業から撤退し、テレビ事業を別会社化する。これだけを見ると路線変更に見えるかもしれないが、社内の人間に言わせれば、「目的はシェアを求めるのではなく利益重視。そしてこれは以前からソニーが目指していたもの。平井社長はそれをさらに強力に推し進めた」ということになる。

 むしろ平井─吉田体制は、ソニーの成り立ち、ソニーの歴史を踏まえ、これまで積み重ねてきたものを最大限活用することによって収益の最大化を目指した。

 ソニーが世界でもまれなハードとソフトの両輪経営であることはよく知られている。電機メーカーだったソニーが、ソフト部門に進出したのは半世紀以上前の1968年。レコード部門を持つ米CBSと合弁でCBS・ソニーを立ち上げたのが最初だった。

 1988年にはCBSのレコード部門をまるごと買収し全世界での音楽事業を本格的に開始する(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)。翌年には米コロンビア映画を買収、映画事業にも参入する(現ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)。

 ハード事業とソフト事業は文化が違う。そのため両事業を統括し、相乗効果を上げるのは難しい。ソニー以外にもパナソニックや東芝も、米映画メジャーを買収・出資したが、結果を残すことはできなかった。

 ソニーも、当初は映画事業をコントロールできず、巨額の赤字に苦しんだこともあった。しかし、この両輪があったからこそ、ハードとソフトの統合の象徴ともいうべきゲーム機ビジネスに参入することができたのだ。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  5. 5

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  6. 6

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  10. 10

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。