記事
  • ロイター
  • 2021年05月28日 00:20 (配信日時 05月28日 09:19)

米共和党がインフラ投資で新対案、9280億ドル 政権案となお開き


[ワシントン 27日 ロイター] - 米上院共和党は27日、9280億ドル規模の新たなインフラ投資計画を提示した。バイデン大統領の掲げる大型インフラ投資計画「米雇用計画」への対案となるが、規模や財源を巡り双方の提案にはなお大きな開きがある。

バイデン大統領は先週、共和党との超党派の合意に向けて、同計画の規模を当初の2兆2500億ドルから1兆7000億ドルに縮小した。

バイデン大統領は5月末をめどに交渉を終えることを目指している。大統領はこの日、共和党のインフラ投資計画案を取りまとめ、政権との交渉チームを率いるカピト議員と電話で話した。来週も協議する意向を伝えたうえで、速やかに交渉を終わらせる必要があると話したことを明らかにした。

カピト議員は記者団に、バイデン氏との電話会談は「非常に前向きだった」とコメント。バイデン氏は内容に関して何も確約はしなかったが、超党派の取り組みを継続したい意向を示したと説明した。

共和党案では、今後8年で道路や橋の整備や主要プロジェクト向けに5060億ドル、公共交通機関向けに980億ドルを投じる計画。

バイデン大統領が法人増税を通じ財源を賄うことを提案しているのに対し、共和党案では承認済みの新型コロナウイルス経済対策の資金を充てたい考え。

ホワイトハウスのサキ大統領報道官は声明で「共和党案では実質的な追加資金について示されていない点を懸念している」と述べ、財源の手当てに関して不明瞭だと指摘。「新型コロナ救済資金が大幅に削減されることで保留中の支援が危うくなることを心配している」と説明した。

インフラ投資計画を巡っては、インフラの定義そのもので両者の間に大きな隔たりがある。共和党側は道路、橋、空港、水路など「モノ」に対象を絞ったインフラ計画を求めている。一方、バイデン政権は、従来型のインフラだけでなく社会や教育費用などの分野に対象を広げている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  3. 3

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  4. 4

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  5. 5

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  6. 6

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  7. 7

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  8. 8

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。